第一章:下水管つまりの原因は?

・そもそも下水管ってなんだ?

・下水管の構造

・下水管のつまりの原因

第二章:下水管のトラブルの対処法

・下水管のトラブルは誰に相談すればいいの?

・マンション・アパートの場合(構造)

・ご家庭で、修理したい場合

 

第一章:下水管つまりの原因は?

日常生活で何気なく使用している、キッチンやお風呂、トイレ。

ですが、そこで使用した水はどこに行くのかご存知ですか?

 

ご存知の方も多いとは思いますが、これらの「生活排水」や「雨水」「工業廃水」は、

下水管(排水管)を通って、「下水道」へと流れて行くのです。

 

キッチンやお風呂、トイレで使用した水は、壁の中や床下に埋め込まれているため、日常生活を送る上で、そんなに意識することは少ないでしょう。

 

ですが、想像してみてください。

キッチンやお風呂、トイレの全てが、共通して下水道に生活排水を流している下水管。

こちらが、万が一「つまり」を起こしてしまったら……。

 

普段、ご家庭で何気なく使用している水回りの機能は全て、使えなくなってしまうのです。

下水管が豊かな日常生活を送る上で、非常に重要な役割を担っていることは、ご理解いただけたと思います。

 

そこで、この度は、豊かな日常生活を支える下水管のトラブルが起きてしまった際に焦らずしっかりと対処するため、そして、下水管のつまりをはじめとした下水管のトラブルを未然に防ぐために、下水管(排水管)や生活排水処理の仕組み、そして具体的に下水管のトラブルがどのようにして起きてしまうのか、その原因を簡単にご説明させていただきます。

 

・そもそも下水管ってなんだ?

建物から排出される「生活排水、雨水、工業排水などの下水」を「下水道」まで運ぶ「排水管」は壁の中や床下、地面の下などに隠れていて、あまり目にすることがありません。

しかし非常に重要な役割を担っていて、排水管が詰まってしまうと建物内では様々な水道トラブルが起こります。

飲用以外で使用された水は、汚水として便器や排水溝に流れ込んだ後、排水設備を経由して接面した道路の地下にある下水道本管に放流されます。

マンションなどの高層建築の上層階の下水は、「排水たて管」から、垂直に落下して「排水横主管」を下り「排水桝」(はいすいます)を経由して下水道に排出されます。

建物の規模により配管方法は異なりますが、使用済みの下水が下水道本管に放流される仕組みは同じです。

汚水を下水道まで運ぶ排水管に不具合が生じると様々な排水不良(水つまりトラブル)が発生してしまうのです。

 

・下水管の構造

普段、何気なく使用しているご家庭のキッチンや、洗面所、お風呂やトイレなどの

水回りなどで、使用した排水はご家庭の床下や、壁の内部の下水道管を通って、下水処理場へ運ばれていきます。

 

・下水管のつまりの原因

トイレの流れが悪くなった、台所やキッチン、洗面台の流れが悪いなどの症状が現れた際、多くのご家庭では、市販の薬品やご家庭にある道具を使って、ご自分で対応することが多いのではないでしょうか?

しかし、これは、どんな水回りのトラブルにも共通して言えることですが、水回りのトラブルを解決する際には、そのトラブルの原因を正しく把握し、その原因に合わせた解決方法で対処することが重要です。

間違った方法で無理に対処してしまうと、事態を悪化させてしまう可能性がありますので、下水管のトラブルが起きた時に備えて、どのような原因で水回りのトラブルが発生してしまうのか、予備知識として押さえて起きましょう。

 

下水管のつまりの原因として、多くあげられるのは以下のものになります。

  • トイレから流れたオムツ等、水に溶けないもの
  • 排泄物とペーパーが絡み合った汚物
  • 台所の排水溝から流れた油
  • お風呂場から流れた髪の毛と皮脂が混ざった汚れ
  • 植物の根
  • 排水桝の破損(モルタルの破片)
  • 排水管の勾配不良、割れ(破損)
  • 排水水中ポンプの不具合(地下がある建物の場合)

「給水管」が「飲み水」を供給するのに対し、「排水管」は物を洗うなどして汚れた「下水」を運搬するためのパイプです。

 二つのパイプの最大の違いは給水管には水を運ぶための圧力がかかっているのに対し、排水管には圧力がかかっておらず、川のように低い方へと水が流れる仕組みになっていることです。その為、排水管がつまってしまった場合、圧力で自然に詰まりが抜け、流れが回復することが少ないのが特徴です。

トイレ・お風呂・台所・洗面所・洗濯機置き場・雨樋・ベランダなど、排水不良が起きる場所は様々ですが、使用済みの汚水が下水道に放流される仕組みは同じです。

汚水や雨水を運搬する排水管がつまり、水漏れやあふれなどの症状が起きた場合、「何が、どこに、どの程度つまっているか?」を調べるのが非常に重要です。

下水管のつまりの原因のほとんどは、キッチンや洗面台、そしてトイレなどに、つまりの原因となるものを流してしまうことが、原因となります。

特に多いのが、トイレに紙おむつなど、トイレットペーパー以外のものを流してしまった場合や、台所に日常的に油を流してしまっている場合でございます。

特に「油」に関しましては、普段意識せずに流してしまっている人も多いのではないでしょうか?
トイレからの問題でも、一度に大量にトイレットペーパーを流してしまっていたり、近年多くなっている「トイレに流せる」商品も、トイレットペーパーに比べると、水に溶けにくいため、場合によっては、下水管のつまりの原因になってしまうので、注意が必要です。

もし、油をシンクに流していたり、トイレにトイレットペーパー以外のものを流してしまったという心当たりがある方は、それらを控えるだけでも、下水管のつまりの予防に効果的ですので、ぜひお試しくださいませ。

 

第二章:下水管のトラブルの対処法

ご家庭の水回りのトラブルは、キッチンや台所、トイレなどの日常的に使用する箇所からでの問題になるため、緊急性を要する場合が多いと思います。

この章では、下水管のつまりをはじめとした、トラブルの対処方法をご紹介いたしますが、一つ大前提として覚えておいて欲しいことがございます。

 

『無理して自分で直そうとはしないこと!!』

 

これだけは絶対に覚えておいてください。

トイレやキッチン、洗面台の簡単なつまりでしたら、薬局やホームセンターで、揃えられる道具でも対処できる場合も多いですが、下水管のつまりの場合はご家庭で対処することが難しい場合が多く、下水管・排水管に対しての正しい知識を持っている場合を除いては、業者さんに委託することをお勧めいたします。

 

ご家庭で対処しようとして、事態を悪化させてしまうという話は、珍しくありませんし、

マンションなどの下水管を共有で使っている場合などの場合ですと、業者さんへの依頼や費用をマンションの管理元が請け負ってくれる場合もございますので、まずは相談してみることが重要です。

 

・下水管のトラブルは誰に相談すればいいの?

下水管・排水管のつまり等のトラブルの具体的な対処方法をご紹介する前に、

下水管・排水管の構造をもう一度詳しくご説明いたします。

どのような構造で排水処理が行われているかを正しく理解した上で、対処法に取り組むことをお勧めいたします。

 

  • マンション・アパートの場合(構造)

マンションやアパートなどの集合住宅にお住いの方々にはまず、専有部分と共有部分の差異を理解していただきたいと思います。

 

  • 専有部分……壁や床、天井に囲まれた居住空間のこと。厳密に言うと壁や床、天井を形作っているコンクリートの表面から部屋側の空間のことであり、コンクリート部分そのものは共有部分

主な部分としては、部屋の内部や、個人で使用している部分です。

2.共用部分……エントランス、共用廊下、屋上など専有部分以外の建物部分。エレベーターや電気・給排水などの共用設備

 

ざっくりとマンションの専有部分と共有部分を分けるとこのようになります。

簡単にいうと、その場所の所有権が自分にあるかどうかの差となっております。

そのため、専有部分に当たる箇所にある下水管・排水管のトラブルは、そこにお住いのご家庭の責任で、共有部分に当たる部分の下水管・排水管のトラブルは、マンションのオーナーさんや、管理業務を委託している管理会社さんの責任で、トラブルに対処していただく場合が多いようです。

 

しかし、こちらの専有部分と共有部分の線引きは、それぞれマンションやアパートによって、異なる場合が多いため、まずはマンションのオーナーさん(大家さん)または、管理会社の方へ問い合わせをして確認してみることをお勧めいたします。

 

例えば、専有部分に当たるトイレの配管がつまりを起こした場合は、修理業者の手配や、その費用などはご家庭での負担になってしまいますが、

それが、マンションの共有部分にて、つまりを起こしている場合は、マンションの管理を任されているオーナー様(大家さん)または管理会社さんに、業者の手配や費用の負担を担ってくれるパターンもございます。

 

戸建の場合にも同じことが言えますが、

水の流れが悪い、水を流した時にゴボゴボと変な音が聞こえてくる、そしてそれが、キッチンや、洗面所、トイレなどの水回りに共通して起こっている場合などは、まずは何処に何がつまっているのか、を確認することが何よりも重要です。

 

  • 戸建の場合

一戸建て住宅の場合、マンション等の集合住宅と違い管理組合がありませんから、排水管高圧洗浄など計画された定期メンテナンスが入りません。

そのため、排水管内部の状態まではなかなか把握できないのが一般的です。

一戸建て住宅で長期間にわたり排水管のメンテナンスをしていない時に表れる症状としては下記の二つが代表的です。

  1. 一階と二階にあるトイレが両方とも流れない

現在、主流となっている2階建ての戸建の場合、トイレが1階と2階それぞれに備えられている場合も多いと思います。

そのためトイレに関する、下水管や排水管のトラブルが発生しやすいという特徴がございます。

どちらか一つのトイレが流れる場合は、流れないトイレの便器や排水管にトラブルの原因がありますので、原因を正しく把握した上で、対処しましょう。

  1. 敷地内の排水枡(小さいマンホール)から汚水が水漏れし、あふれてくる

 マンションの排水桝は「共用部分」になるため、管理会社が対処するのが一般的で居住者の方が自費で修繕したり、自ら作業してメンテナンスすることはありませんが、一軒家のトラブルの場合は、管理組合など存在しないため、万が一トラブルが発生してしまった場合は自費での修繕が必要となります。

 

問題の発生を未然に防ぐためにも、日頃から水回りを使用する際に、流せるものと、流してはいけないものに気をつけたり、マンション同様、定期的に排水升や下水管のメンテナンスを行うことを推奨いたします。

 

建物から排出される「生活排水、雨水、工業排水などの下水」を「下水道」まで運ぶ「下水管(排水管)」は壁の中や床下、地面の下などに隠れていて、あまり目にすることはありませんが、ご家庭の生活に非常に重要な役割を担っている部分でございます。

排水管が詰まってしまうと建物内では、所謂、水回りと呼ばれる部分、お風呂やキッチン、トイレなどの、水が流れ辛くなったり、最悪のケースだと汚水が逆流してしまうなどのトラブルにつながってしまいます。

飲用以外で使用された水は、汚水として便器や排水溝に流れ込んだ後、排水設備を経由して接面した道路の地下にある下水道本管に放流されます。建物の規模により配管方法は異なりますが、使用済みの下水が下水道本管に放流される仕組みは同じなので、この基本構造を覚えておくと万が一の際に冷静に対処することができます。

 

 

・下水管のつまりが発生している箇所を特定する方法。

 

一口に下水といっても、下水管(排水管)を流れる下水は、

  • 「汚水」……トイレの便器から流れる水
  • 「雑排水」(ざっぱいすい)……台所・洗面所・洗濯機置き場・お風呂場から排水される水は雨天時にベランダや屋上、屋根、半地下のガレージに流れる水
  • 雨水」(うすい)​……天時にベランダや屋上、屋根、半地下のガレージに流れる水は

の三種類に分類することができ、さらに、下水管の配管方法も以下の2つに分類されております。

  • 雨水を除く、「汚水」と「雑排水」をつなげて配管する方法が「合流式」
  • 「雨水」「汚水」「雑排水」を別々に配管する方法が「分流式」

少々小難しいですが、排水管は見えない場所でつながっているため、詰まっている場所によっては、お風呂とトイレが同時に流れなくなったり、台所とトイレの排水が同時に悪くなる等のトラブルが起きます。

下水管(排水管)の仕組みを理解した上で、ご自宅の下水管(排水管)がどの配管方法で連結しているかをお把握しておくと、水回りのつまりのトラブルの症状で、何処にモノがつまってトラブルが発生しているのかを知るための手がかりとなります。

 

・下水管がつまりを起こした際の場合の対処方法。

ここまでの記事を読んでいただけた皆さんは、だいぶ下水管や、ご家庭の配水管の構造と仕組みをご理解いただけたと思います。

それらを踏まえた上で、実際の対処法を記載していこうと思いますが、その前に、もう一度声を大きくして言わせていただきます。

 

『下水管のつまりが発生してしまった時には、無理をせず修理業者を頼りましょう!』

 

ご家庭で、ご自分で解決していいケースは、下水管や排水管の構造に精通している方、または、水が流れないなどのトラブルが、キッチン、トイレ、洗面台などの中の一箇所のみで起きている場合です。

問題が一箇所のみの場合は、下水管の問題というよりも、各箇所それぞれの排水管につまりなどの問題が起きている場合が多いので、それぞれのケースに応じて対応しましょう。

 

キッチンや洗面所、お風呂やトイレなどのご家庭の複数の箇所が、何らかの原因でつまりを起こし流れないという場合は、時間がない、早く問題を解決したいというかたは、

深く悩まずに修理業者さんを呼びましょう、普段目に見えない下水管や配水管の問題も、

日頃から研鑽を積んでいる修理業者さんにお任せすれば、すぐにつまりの原因を究明し、

さらには、そのほかの部分の、近い将来トラブルに発展しそうな箇所も見つけ出して、対処していただくことが可能です。

 

・ご家庭で、修理したい場合

水回りのトラブルをご家庭で修繕したい場合は、まずは原因の特定です。

まずは、何処の箇所でつまりや、水の流れが悪くなるなどの問題が起きているのか、

を確認しましょう。

トラブルの起きている箇所が、一箇所の場合は、その箇所の配管に問題のある可能性が高いので、トラブルの起きている箇所に応じて対処してください。

それぞれの箇所のトラブル解決の方法に関しましては、別ページにて詳細を記入しております。

 

トラブルが二箇所以上で起きている場合、例えば、トイレとお風呂の水の流れが両方とも悪い場合や、お風呂場を使用した際にお風呂場とは全く異なる場所で、ゴボゴボと異音がするケースの場合、水回りの各配水管と下水道をつなぐ、下水管(排水管)に問題が生じている可能性が高く、対処せずに使用を続けてしまうと、完全に水が繋がれなくなってしまうなど、重大な問題につながってしまう可能性がございますので迅速な対応を心がけましょう。

 

ご家庭で、対処される場合は、ホームセンターで手に入る、パイプクリーナー系の薬品を用いることが一般的です。

しかし、薬品を用いた方法は、つまりの軽度な状態には効果が期待できますが、

完全に水が流れない、水の流れが非常に悪いなどの重度のつまりの場合は、あまり効果が期待できず、それ以上の作業となりますと、高圧洗浄機や、ワイヤーブラシなどを用いるため、市販の薬品で黄河が出ない場合は、修理業者にご相談することをお勧めいたします。