便器の汚れがなかなか落ちなくて、お困りの経験がある方は多いと思います。
トイレ掃除を暫くしなかったためにできてしまう便器の黒ずみ。 水垢や尿石と合わさった黒ずみはかなり頑固な汚れで、どんなにこすっても落ちませんよね。
ここでは、黒ずみができる原因と黒ずみをキレイに落とす掃除方法と予防方法を紹介していきます。

第一章:黒ずみができる原因

1:黒ずみの原因と有効手段は

第二章:黒ずみなどの汚れを取る方法

1・塩素系アルカリ性洗剤を使う

2・耐水サンドペーパーを使う

第三章:黒ずみを発生させないために

第一章 : 黒ずみができる原因

1:黒ずみの原因と有効手段は

黒ずみは、便器の水が溜まっている部分の水際によくできます。便器内についてしまう黒ずみの主な原因としては、空気中のカビが便器内の細菌やホコリと共に水垢などの汚れと合わさり、便器内に流れて黒ずみが発生します。
更に、水道水に含まれた鉄分により、水垢汚れが鉄分と合わさり酸化して黒ずみとなるケースもあります。トイレは常に水があり湿度も高く、空気の流れが悪いのではカビが繁殖しやすい環境になります。
そんな黒ずみ、カビに効くのは、塩素系の漂白剤になりますが、一番効果的な黒ずみ対策は、サンドペーパーです。

第ニ章 : 黒ずみなどの汚れを取る方法

1:塩素系アルカリ性洗剤を使う

軽い黒ずみならば、トイレ用の中性洗剤をつけてブラシでこするだけで、ある程度の汚れを落とすことができますが、こびりついた頑固な黒ずみは、汚れに合わせた掃除方法でキレイに落とせます。

頑固な黒ずみは、洗剤を直接汚れにしっかりと塗布させることが重要です。便器内の水が溜まっている個所は、洗剤をつけてもすぐ水で薄まってしまうため、予め水位を減らします。
使用する洗剤は塩素系の漂白剤、カビキラーなどの塩素系アルカリ性洗剤が効果的です。塩素系アルカリ性洗剤は、黒ずみの原因である黒カビの胞子や菌を分解、カビに含まれるタンパク質を分解するので、除菌効果がとても高く即効性があります。

原液を汚れにかけ、数分放置、便器のフチ裏などは原液をかけた部分にキッチンペーパーや、ラップで蓋をします。キッチンペーパーで便器をパックをするようなイメージです。
そのまま30分~1時間くらい置いておきます。トイレは締め切らず、換気扇を回したり、窓やドアを開けて換気をしましょう。
その後、トイレブラシでこすって汚れを落とします。最後にしっかり水を流して、漂白剤が残らないようにします。

その他、重曹とクエン酸で、黒ずみをキレイにすることができます。 弱アルカリ性の重曹と酸性のクエン酸を組み合わせる事で、黒ずみだけでなく尿石による黄ばみも落とすことができます。
便器内全体に重曹の粉をまんべんなく撒き、クエン酸の粉は水が溜まっている個所に適量入れて溶かします。ブラシを使ってクエン酸水と重曹が混ざるようにすると、発泡し炭酸ガスが発生します。 この泡が強力な洗浄剤となり黒ずみや黄ばみの除去にとても効果があり、汚れを落とします。

2:耐水サンドペーパーを使う

耐水サンドペーパーは目の細かい2000番と、少し目の粗い1500番を使用します。先ずは、2000番を使用します。5cm四方くらいの大きさに切り、耐水サンドペーパーと陶器の黒ずみ部分を水で濡らします。常に水を含ませながら、汚れた部分をなでるように落とします。なかなか汚れが落ちない場合は1500番を使用します。
上記の洗剤で汚れが落ちなかった場合は、耐水サンドペーパーで、汚れがすっきり落ちると思います。

第三章:黒ずみを発生させないために

便器のお掃除を簡単にする1番いい方法は、つねに汚れを溜めないことになります。便器の黒ずみ防止に効果的なのは、重曹を使ったトイレタンク内洗浄。タンク内は湿度が高くカビや雑菌が発生しやすいので水を流すたびにタンク内の汚れが便器に流れ、便器内の黒ずみが発生する原因になります。 なので、1ヶ月に1度を目安に重曹でタンクを掃除するとよいです。

重曹を使ったタンクの洗浄は、カップ1杯程度の重曹の粉をそのままタンクに入れて、4~8時間程放置し、水を流します。タンク内のカビや汚れの成分を分解させるため、便器が綺麗に保てるだけでなく、あのトイレの嫌なニオイの防止にも役立ちます。