仙台市のトイレつまり事情を徹底解説!

第一章:トイレのつまりの予防法と対処法

ご家庭で、おそらく1日一度は確実にご利用されているトイレ。

普段意識せずに使用されている方も多いと思いますが、トイレはご家庭の水回りの代表格であるキッチンやバスルームと並んで、毎日ご利用されるもので、ご家族と暮らしている方でしたら、その使用頻度は非常に多いと思います。

 

トイレと言われて多くの人が、イメージする本体部分は、陶器製のものであれば、100年以上使えると言われているものも多いですが、長年使用していると、経年劣化によって流れづらくなってしまうことはありますし、トイレと下水管

をつなげている排水管部分も同様で、溶けきらなかったトイレットペーパーや、その他のトイレに流してはいけないものを流してしまうと、トイレの排水管がつまりを引き起き起こし、水が流れない、水が溢れてくるなどのトラブルにつながってしまいます。

 

トイレのつまりというトラブルのほとんどは、何らかしらのものを流した際に、起こってしまいます。主なつまりを起こしている原因のものとしては、

一度に大量に流して溶けきらなかったトイレットペーパー、紙おむつ、トイレに流せるクリーニングペーパーなどとなります。

ご存知の方は少ないと思いますが、近年、スーパーや薬局などでよく目にする「トイレに流せる」と記載のある製品も、トイレットペーパーに比べて水に溶けづらく、トイレつまりを引き起こす原因となってしまうことが多いのです。

 

基本的には、トイレには排泄物とトイレットペーパー以外は流さないようにしましょう。

 

ちなみにご家庭でペットを飼われている方で、トイレにペットの排泄物を流している方もいらっしゃるようですが、ペットの排泄物には、ペットの毛などが大量に含まれており、これらもトイレに流してしまうと、トイレがつまる原因となりますので、控えるようにしてください。

 

トイレのトラブルの代表格である、トイレのつまりの原因の99%は、ご家庭のトイレに本来流してはいけないものを流してしまったために発生いたします。

 

そのため、上述しましたが、

『トイレには排泄物とトイレットペーパー以外は流さない』

こちらをしっかりと徹底するだけで、トイレのつまりのほとんどを予防することが可能ですので、ぜひお試しくださいませ。

 

トイレに、小物等を置いているご家庭も多いと思いますが、そういったものを気づかないうちに流してしまう、というケースもございますので、トイレ内を、清潔に保つということも、トイレのつまりを予防する方法として効果的でございます。

 

【トイレがつまりを起こした時の対処法】

日頃日常的に使用するトイレ、ご家族と同居されている方ですとその使用頻度は非常に多いと思います。

トイレのつまりは、日頃から注意していたとしても、配管の経年劣化や下水管(キッチンやお風呂場と共通して下水道へ送る排水管)のつまりなどでも、起こってしまうトラブルのため、完全に予防するのは不可能と言えます。

 

ですが、トイレがつまりを起こし、使用できないというのはご家庭にとって、緊急性の高い一大事でございます。

なので、この場をお借りしまして、ご家庭でできるトイレのつまりの解消法と、

トイレの修理業者を呼ぶ際の判断基準について、ご説明させていただきます。

 

  • どんな状況なら自分でトイレのつまりを直して良いのか

いざ、ご家庭のトイレがつまりを起こし、流れが悪くなった、または、全く流れなくなってしまったという際に、ご自分で直せるのか、それとも業者さんに頼るべきなのか判断ができない方も多いと思います。

 

簡単なチェック項目をご用意いたしましたので、そちらでご家庭のトイレの状況を確認した上で、トイレの修理業者さんを頼るべきところは頼りましょう。無理をしてご自分で直そうとして、排水管やトイレの便器本体に傷をつけてしまうと、出費もかさんでしまいますので、決して無理はしないよう事が大事です。

 

  • 問題のトイレ以外の、キッチンや洗面台も同様に流れが悪い
  • トイレにトイレットペーパー以外のもを流してしまった記憶がある
  • ラバーカップやゴム手袋など必要な道具がご家庭にない

 

上記の三点、全てに当てはまらない場合は、ご家庭で解決できる場合が多いと思われます。

すなわち、

  • ご家庭内でトイレのみ、つまりが悪くなった。

トイレ以外の水の流れが悪いとなると、トイレの配管の問題というよりも、下水管でつまりが起きてしまっている可能性が高いので、トイレや

水道の修理業者さんに頼むことをお勧めいたします。

 

  • トイレがつまりを起こしている原因は、トイレットペーパーなどの紙類。

後述しますが、ご家庭でトイレのつまりを解消する方法として、有効的なのは、ラバーカップを使った方法とお湯を使った方法でございます。

これらはつまりの原因となってしまっている物を水圧を利用して引っ張るか、お湯で柔らかくした上で押し流すか、といった方法です。

 

なので、トイレに詰まったものがトイレットペーパーなどの紙類ではない場合は、あまり効果が見込めない上、無理に作業をして原因となっているものを奥の方へ押し込んでしまう可能性があるのです。

そうなってからでは修理業者さんに頼んでも、後の祭り、トイレの便器内部に詰まっていたらお安く簡単に取り出せたのに、奥に押し込んでしまったがために、手間も費用も倍以上に……ということは決して少なくはないのです。

 

  • ラバーカップや、ゴム手袋など必要な道具は揃っている。

一昔前までは、どのご家庭にもご用意してありました、ラバーカップですが、トイレや水回りのつまりはそうそう起きることでもないですので、常備している方も少ないと思います。ですがどうしてもご自分の手で治したいという方は、ホームセンターなどでお買い求めいただけますので、この機会にご用意いただくと良いかもしれません。

また、トイレの水は水道水ですので、一見綺麗なように見えますが、

トイレは、トイレタンクに水を貯めてから一気に便器に水を流す、そして配管から上がってくる匂いを止めるために、トイレの便器内にも常時水が溜まっており、これらの機能の構造上、それらの水は使用されるまでは、放置され、雑菌が繁殖されやすい環境となっております。

 

トイレの水を飲もうと考える方はいないと思いますが、トイレつまりを直す際は、どうしても水が跳ねてしまいますので、ゴム手袋などを使用し、しっかりと雑菌から身体を守リましょう。

 

これらの道具がない、買いに行く時間がない、という方は修理業者さんを呼ぶことをお勧めいたします。修理業者さんは、専門の道具などを駆使しながら、すぐにご家庭のトイレを元どおりにしてくれます。

 

第二章:仙台市の水道事情!仙台で、トイレのつまりを直すなら!

【仙台市でトイレがつまった時に頼れる業者さん】

トイレがつまりを起こってしまったとき、日常で頻繁に遭遇するトラブルではないため、慌ててしまう方も多いと思います。

何事にも共通して言えることですが、焦って行動したところで何もいいことはございません。

しっかりと情報を集めた上で、信頼できる業者さんにお任せしましょう。

近年、水道の修理業者の中でも、簡単な修理作業で膨大な金額を請求する、トイレの修理作業が雑で、トイレの水が壁に飛び散ってしまったなど、悪徳業者と呼ばれる業者が増えているそうです。

そこで、この場をお借りして、信頼できる水道修理業者さんをご紹介いたしますので、ぜひご参考くださいませ。

とはいったものの、そのトラブルの性質上、水道修理の業者は、現場に急行する必要がありますので、全国展開している企業が少ないことも事実です。

 

そこで、今回こちらのページでは、宮城県の県庁所在地でもあります。仙台市にスポットライトを当て、仙台市にお住いの皆さんに向けて信頼の置けるトイレやキッチンなどの水回りを修理してもらえる修理業者さんをご紹介させていただきます。

【仙台市の特徴】

宮城県、仙台市は1600年、かの有名な伊達政宗が千代を仙台と改め居城としたことが初めとなっており、仙台城(青葉城)は、現在も仙台市の観光名所として、有名でございます。

仙台市といえば、=「お祭り」というイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?

8月初旬に行われる、仙台七夕祭りは東北三大祭りにも数えられ、このシーズンになると仙台市内は一段と賑わいを見せます。

 

仙台市の現在の人口は、約108万人、整体数でも約50万の世帯がございます。

ということは、仙台市には少なくとも、50万以上のトイレがあるということでございます。

各世帯に最低一つ、さらに飲食店などに備え付けられているものを加えますと、仙台市に限って考えてみても、とんでもない量のトイレが存在しております。

トイレは日常生活にとって必要不可欠なものです。万が一トイレが使えないとなってしまうと想像しただけでも非常に恐ろしく感じますよね。

 

【仙台の水道事情!】

キッチンやバスルーム、洗面台やトイレなど、普段ご家庭で使用する水回りですが、現代の日本社会では、生活を送る上で、欠かすことのできない、ライフラインとなっております。

日本人にとっては、キッチンや洗面所を少し捻れば、綺麗な水が出るのは当たり前ですし、トイレもレバーを捻れば流れるのも当たり前でございます。

(余談ですが、日本の水洗トイレの普及率は、世界中のどこの国よりも高いそうです。全国ランキング1位の東京都は、なんと98,5%、宮城県は72.1%で全国12位ですが、仙台市のみに限って言えば、さらに高い割合になります。)

では、宮城県仙台市にお住いの皆様は、普段皆様が日常的にご利用されている、水が一体どこから来ているのか、そしてトイレやお風呂から流された生活排水がどこに向かうのか、ご存知でしょうか?

日常で、当たり前のように使用している水道の水は、雨や雪が川となって流れ、ダムに貯められた後に、浄水場へ届けられます。

浄水場は簡単に説明させていただきますと、浄水場は365日24時間、ダムに溜められている水を、汚れやゴミを取り除いて消毒し、安心して飲用として利用可能な水質を保つための施設です。

浄水場で綺麗にされた水は、市内に張り巡らされた水道管を通って皆様のご家庭に届けられるのです。

 

仙台市の場合は、仙台市水道局によって管理されている4つの浄水場が日々、みなさんのご家庭の水道に綺麗な水を送り続けております。

 

・茂庭浄水場

昭和53年に完成した、仙台市最大の浄水施設が、茂庭浄水場でございます。

若林区、宮城野区、太白区を中心に給水を行なっており、筒状の着水混薬井を囲む円形の外観は印象的で、近代水道百選に選定されております。

 

・国見浄水場

昭和40年に完成した、仙台市で2番目に大きい浄水場で、仙台市の中でも主要な地区である青葉区を中心に給水を行なっております。

 

・中原浄水場

大正12年に完成した、仙台市で最も歴史のある浄水場が中原浄水場でございます。この浄水場の完成によって大正12年3月、市内に初めて水道が供給されました。現在もまだまだ現役で、青葉区を中心に給水を行なっております。

 

・福岡浄水場

昭和58年に完成し、仙台市の4つの浄水場の中では最も新しいのが

福岡浄水場でございます。主に泉区に給水を行なっております。

このように普段何気なく、使用しているお風呂のシャワーや、トイレのお水などは、浄水場によって水道管を通って運ばれているおります。

 

しかし、どんなに注意して生活を送っていても、トイレのつまりや、洗面台、キッチンなどの日頃より頻繁にご利用になる水回りの箇所のトラブルは発生してしまうものです。

日頃の生活習慣(トイレに紙おむつやペットの排泄物など流してはいけないものを流していないか、など)を反省することも大事ですが、心当たりのない方は、起きるものはしょうがないと腹をくくることも時には大切でございます。

 

仙台市にお住いの方で、いざご自宅で水回りのトラブルが起きてしまった際には、仙台市指定給水装置工事事業者に施工をお願いしましょう。

こちらの指定を受けていない業者さんは、原則的に修理を行うことはできません。

指定を受けていない修理業者は、いわゆる悪徳業者と呼ばれるものが多く、費用を相場より多く出されてしまったりするので注意が必要です。

 

「じゃあ、どこの修理業者さんなら安心なの?」とお考えの仙台市にお住いの皆様。

それは、ズバリ、株式会社ライフサポートの運営する『水道救急センター』という修理業者でございます。

仙台市指定給水装置工事事業者なのはもちろんのこと、仙台市全域に対応することができ、作業実績も驚異の30万件以上、業界初のTポイントも貯まる水道修理業者さんです。

 

仙台市にお住いの方で、ご家庭のトイレがつまってしまった、洗面台の水が流れなくなっってしまった、などの水回りのトラブルが発生した際は、

お気軽に水道救急センターまでご連絡くださいませ。

 

迅速丁寧にあなたのご家庭の一大事を解決いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です