はじめに

 

トイレに入ると便器の臭いが気になることが多いかと思います。頑張ってトイレ掃除をしても便器の臭いはなかなか落ちないものです。そこで知っておくべきなのが、便器の臭いの原因です。どこが臭いの原因なのかわかれば対策の打ちようがあります。そこで、今回は気になる便器の臭いの原因や対策と解決方法について紹介していきます。

 

1章:便器の臭い、その原因

 

まずは便器の臭いの原因を紹介していきます。実は、トイレの臭いの原因は便器だけではありません。便器意外にも臭いの原因として考えられるケースがあるのです。そこで、臭いの原因として考えられる場所を紹介していきます。

 

1-1:便器自体が原因の場合

 

便器の臭いの原因は便器自体が主原因であることがあります。便器に尿が飛び散っており、尿汚れの残りが臭いの原因となっている場合があるのです。

 

便器の内裏

便器が臭いの原因となっている場合で多いのが、便器の内裏の尿汚れです。尿が跳ね返って便器の内裏につくことが考えられます。また、便器の内裏だけではなく、便器の外側に尿が飛び散ることもあります。とくに男性が立ちながら小便をすることで、尿が跳ね返って便器の外側にも尿が付着して臭いの原因となるケースも考えられるのです。

 

便座の裏や根本

また、便座の裏や根元も臭いの原因となっていることがあります。便座の裏や根本に関しては、ウォシュレットやビデを使用した際に汚れが飛び散りやすいのです。さらに、男性の立ち小便がここにかかることで汚れの原因になります。

 

1-2:ウォシュレットが原因の場合

 

便器の臭いの原因はウォシュレットが原因になることもあります。これは、ウォシュレット便座の裏側に尿汚れが溜まってしまう可能性があるためです。このようなことから、ウォシュレットが便器の臭いの主原因となっていることもあるので留意が必要です。

 

ウォシュレット便座の裏

トイレを掃除するときに、便器を掃除してもウォシュレット便座を掃除する人は少ないかと思われます。しかし、意外とウォシュレット便座の裏は尿汚れが溜まっており、便器の悪臭の原因となっていることがあります。

 

尿石が原因の可能性も

ウォシュレット便座の裏を長年掃除していないと、尿汚れが溜まって黄色い石のように固まってしまうことがあります。これは尿石と呼ばれているもので、悪臭の主原因とされています。ウォシュレット便座の裏を普段のトイレ掃除でするのは大変です。しかし、便器の嫌な臭いの主原因となっていることもあるので、定期的にお掃除するのが良いでしょう。

 

 

1-3:床・壁が原因の場合

 

トイレの臭いは便器だけでなく、床や壁が原因となっている場合もあります。とくに男性が立ち小便をしている家庭のトイレでは、尿が跳ね返って床や壁に付着していることがあり、そのため、便器を掃除しただけでは臭いが解決されないこともあるのです。

 

床と便器の接合部分

床に尿が跳ね返って臭いの原因となっていることがあります。その中でも汚れが溜まりやすいのが便器と床の接合部分です。便器と床の接合部分には隙間があります。この隙間に水や尿が溜まり、臭いの原因となっていることがあるのです。

 

トイレマットの使用について

トイレの床にトイレマットを使用しているご家庭もあるかと思います。トイレマットを使用すると、床に汚れが付着しない利点があります。しかし、定期的に取り替えない場合には、汚れていることに気が付かないで菌が増殖することもあるので注意が必要です。菌の増殖はそのまま悪臭につながるのです。

 

壁も臭いの原因

床だけでなく、壁にも尿が飛び散っています。トイレ掃除で床を拭くことはあるかと思いますが、壁を拭く人は少ないです。トイレ内の壁紙に染みついた臭いを取り除くのは難しいため、壁に飛び散った尿汚れもしっかりと拭き取る必要があります。

 

1-4:換気扇が原因の場合

 

意外なことにトイレの臭いの原因として換気扇も挙げられます。本来換気扇は臭いを取り除くためにあります。しかし、掃除していない換気扇は逆効果となり、臭いの原因となるのです。

 

換気扇のフィルターが埃だらけ

トイレには換気扇が付いているものです。換気扇の役割は空気の入れ替えをして、悪臭を排出することです。しかし、トイレの換気扇を掃除していないことで逆効果となることがあります

 

換気扇を掃除していないと、フィルターが埃だらけとなります。フィルターが埃だらけだと換気することができません。そのため、換気扇によって排出されるはずの悪臭がトイレに溜まり、臭いの原因となっていることがあるのです。

2章:便器の臭い、その対処法

 

先程の説明で便器・トイレの臭いの原因がわかったかと思います。原因がわかったら今度は対処法が重要です。それぞれの臭いの原因へ対処法を取ることで便器やトイレの臭いが改善されるはずです。そこで、便器・トイレの臭いに対するそれぞれの対処法について紹介していきます。

 

2-1:便器自体が原因の対処法

 

便器自体が臭いの原因である場合は、尿汚れを落とす必要があります。便器についている尿汚れを掃除することで、便器の臭いを対処することができるのです。

 

臭いの原因の場所をポイントで掃除

便器自体が臭いの原因となっている場合は、普段の掃除では拭き取ることができていない場所があるケースがあります。先述した通り便器の臭いの原因となりやすいのは、便器の内裏や便座の裏です。

 

便器を掃除するときに、見落としやすい場所が臭いの原因となっているのです。そこで対処法としては、便器の内裏や便座の裏を定期的に掃除することです。普段のトイレ掃除に見落としやすい場所も加えることによって、臭いの原因を除去することが望めます

 

便器掃除の道具

便器掃除をする際にはトイレブラシで便器を掃除する人がほとんどです。しかし、そのトイレブラシ自体が汚いことがあります。汚いトイレブラシで掃除をしても効果は半減してしまうため、きれいな掃除道具で便器掃除をするべきなのです。

 

また、洗い流せる拭き取りシートや使い捨ての古布などを利用して便器を掃除するのも非常に効果的です。便器の内裏や便座の裏まで拭き取りシートや古布を利用して掃除をすることで、臭いの原因となる尿汚れをきれいに拭き取ることができます

 

 

2-2:ウォシュレットが原因の対処法

 

便器の臭いの原因がウォシュレットである場合もあります。ウォシュレット便座の裏は汚れが溜まりやすい上、なかなか普段のトイレ掃除では行き届きにくい場所でもあります。これの対処法としては、一度ウォシュレット便座を外して汚れている場所を確認しながら掃除するのがおすすめです。

トイレ掃除をしても、ウォシュレット便座を外してまで掃除する人は少ないです。しかし、ウォシュレットを掃除していないと便器の臭いの原因となります。トイレの取扱説明書にはウォシュレット便座の外し方が記載されています。記載されている通りにウォシュレット便座を外して掃除することで臭いの原因を取り除くことができるのです。

 

 

トイレ用洗剤と歯ブラシで掃除

ウォシュレット便座の掃除はトイレ用洗剤を塗布して歯ブラシで掃除するのがおすすめです。また、ひどく汚れがこびりついており、尿石化している場合には酸性の洗剤を使用することで汚れを落とすことができます。

 

尿石化している場合には、酸性洗剤をトイレットペーパーやキッチンペーパーに染み込ませて、汚れに付けておくのが効果的です。10分~15分ほど放置しておくと酸性成分が尿石を分解してくれます。また、尿石ができないように、ウォシュレット便座もこまめに掃除するのが便器の臭いの対処法となります。

 

2-3:床・壁が原因の対処法

 

便器だけではなく、床や壁が臭いの原因である場合があります。床・壁も掃除することで臭いの対処ができるのです。とくに、先述した通り、便器と床の接合部分は汚れが溜まりやすく臭いの原因となることが多いので、定期的に掃除をするべきです。

 

床と壁の掃除

トイレの床と壁には思っている以上に尿が飛び散っています。汚れが目視できなくても、実際は汚れていることが多く、雑菌が繁殖して臭いの原因となってしまいます。そこで、床と壁は定期的に掃除をすることを推奨します。

 

床・壁の掃除としては、除菌・消臭効果のあるトイレ用の洗剤を床と壁に塗布します。その後、洗剤を広げるように濡れ拭きをします。そして、よく濯いだ雑巾で洗剤を拭き取ります。さらに、乾拭き用の雑巾で拭き上げることで床・壁の汚れが落ちて、便器の臭いの原因の対処をすることができるのです。

 

便器と床の接合部分の掃除

便器と床の接合部分が臭いの原因となっていることもあります。接合部分は隙間があり、汚れが溜まりやすく臭いの原因となっていることがあるのです。そのため、便器と床の接合部分を掃除することが臭いの対処法となります。

 

掃除方法としては不要になった歯ブラシが使えます。トイレ用洗剤を接合部に塗布してから、歯ブラシの毛を隙間に差し込むように擦ることでここの汚れを落とすことが出来ます。さらに、雑巾で汚れを拭き取ることで臭いの対処法となります。便器と床の接合部分は汚れやすいので、定期的に掃除をすることで臭いを防ぐことができます。

 

トイレマットの使用と対処法

これもまた先述しましたが、トイレの床にトイレマットを使用する家庭も多くあります。しかし、トイレマットを敷くと尿の飛び散りなどで濡れていることに気づきにくいです。そして、そのままにしておくことで悪臭の原因となることがあるのです。

 

そこで、トイレマットを使用するのなら定期的に交換するのが悪臭の対処法となります。定期的に交換することで、きれいな状態を保つことができて臭いの原因となることを防ぐことができるのです。

 

また、定期的な交換が厳しいのならばトイレマットを使用しないという選択肢もあります。トイレマットを使用しなければ、汚れにすぐ気づくことができます。そして、臭いの原因になる前に対処することができるのです。ですから、トイレマットは定期的に交換するか、使用しないのが臭いへの対処法となるのです。

 

2-4:換気扇が原因の対処法

 

トイレの臭いの原因は換気扇にあることもあります。換気扇のフィルターが埃だらけだと換気扇の意味がなく、空気の入れ替えをすることができません。そのため、換気扇が汚れてしまった結果、臭いの原因となっていることがあるのです。換気扇が臭いの原因となっている場合には、換気扇の掃除をするのが対処法です。

 

フィルター掃除

換気扇は空気を入れ替えする役割があります。しかし、換気扇についているフィルターが埃だらけだと空気の入れ替えができません。そのため、換気扇が汚れていると換気することができず、結果として臭いの原因となってしまうのです。

 

換気扇カバーを外すとフィルターがあります。フィルターは掃除をしていないと埃だらけになります。そして、埃だらけだと換気性能が落ちて嫌な臭いがこもるのです。ですから、臭いが気になるときは換気扇カバーを外し、フィルターを確認してみてください。そして、汚れているときには掃除をすることで臭いの対処法となるのです。

 

3章:便器の臭いを予防する

 

便器の臭いの原因と対処法はわかったと思います。しかし、できることなら臭いを感じる前に予防しておきたいはずです。予防対処法を実践しておくことで、便器の嫌な臭いを防ぐことができるのです。そこで、便器の臭いの予防対処法について紹介していきます。

 

3-1:対処法その1

 

臭いの予防対処法としては芳香剤があります。トイレ用の芳香剤は多く市販されており、臭いの予防対処法としている人が多いかと思います。また、消臭効果がある炭を置いておくのも予防としては効果的です

 

消臭剤より炭がおすすめ

トイレ用の芳香剤は多くの種類が市販されています。しかし、便器の嫌な臭いを消すほどの消臭剤だと芳香剤の匂いが強すぎます。匂いの強すぎる芳香剤だとトイレの外まで芳香剤の匂いが漏れてしまうといった弊害も考えられます。

 

そこでおすすめなのがです。炭は消臭効果があります。炭の表面には、目に見えないほどの非常に小さい穴が無数に空いています。この穴が悪臭成分を吸着してくれることで、消臭効果があるのです。なかでも備長炭は高い脱臭効果があるので、臭いの予防対処法としておすすめです。

 

炭の脱臭効果の持続期間は、炭の表面積や使用量、悪臭濃度などによって異なります。そのため、効果が感じられなくなったら取り替えるようにしてください。

 

3-2:対処法その2

 

便器の臭いの予防としてはトイレを使わないときにドアを開けておくという方法があります。トイレの出入口を開けておくことに拒否感を感じる人もいますが、臭いの予防対処法としては換気という観点から見れば非常に効果的です。

 

トイレのドアを開けておく

便器の嫌な臭いの原因として汚れ以外にも湿度が考えられます。なぜなら、湿気がこもることからも臭いが発生すると考えられるためです。

そのため、トイレのドアを空けておくことで湿気をこもらせないようにし、臭いの発生を抑えることができるのです。さらに、換気扇を使用することで、より予防効果があります。

 

また、温水トイレを使用している場合には蓋を閉めっぱなしにすることで湿気がこもります。その結果、臭いが発生すると考えられています。しかし、トイレの蓋を開けっ放しにするのに抵抗のある方も多いと思います。そこで、トイレには市販の除湿剤を使用するのがおすすめです。

 

実は、炭は消臭効果だけでなく除湿効果もあります。このことからも、臭いの予防対処法として炭を置いておくのがおすすめです。

 

3-3:対処法その3

 

便器の臭いの対処法として一番効果があるのは、結局こまめに掃除するというところに帰結します。主な臭いの原因は尿汚れとなっているため、尿汚れをしっかりと除去することができれば臭いが気にならなくなります。このことからも、定期的にトイレ掃除をすることが一番の予防対処法なのです。

 

拭き掃除を習慣化

トイレ掃除をこまめにすることで臭いの予防ができます。しかし、トイレ掃除のやり方を間違えるとあまり効果がありません。多くの人がトイレ掃除の際にトイレブラシで擦って、便器の中しか掃除していないのです。臭いの原因は便器の中だけではないため、それだけでは予防効果が薄いのです。

 

トイレ掃除で臭い予防をするのなら、拭き掃除が効果的となります。床や壁、便器の外側などにも臭いの原因となる尿汚れがあります。そこで、床や壁、便器の外側もしっかりと拭き掃除をすることが臭いの予防対処法となるのです。こまめに掃除をすることで、臭いの発生を抑えることできます。拭き掃除を習慣化させて、臭いの予防対処法としてください。

 

まとめ

便器の気になる臭いですが、便器だけに原因があるわけではありません。尿が飛び散っており、床や壁などにも尿汚れが付着しています。さらに、ウォシュレットや換気扇なども臭いの原因となっていることがあるのです。

 

臭いの原因を取り除くためには、しっかりと掃除をすることです。定期的にトイレ掃除をすることで臭いの原因を取り除くだけでなく、予防対策にもなります。便器だけでなく、床や壁なども拭き掃除をして臭いの原因を取り除き、臭いの予防をしてください。

 

また、便器の気になる臭いの予防対処法としては炭が効果的です。消臭効果だけでなく、除湿効果があるので臭い予防にピッタリです。トイレ掃除を習慣化し、炭を置いておくことで嫌な臭いがしないトイレを維持してください。