洗面台が壊れた等のトラブルが起こった際には交換を検討するかと思います。洗面台を修理しようと思ったときに修理代が高い場合には、いっそのこと洗面台を交換した方が安上がりということも少なからずあります。しかし、洗面台の交換を適当な業者に依頼すると高い料金が請求される可能性もあります。そのため、安く仕上げるためには、洗面台の交換を自分で行うという選択肢もあります。そこで今回は、洗面台の交換は素人でもできるのか?ということを紹介していきます。

第一章:洗面台の交換、自分で出来る?

第一章:洗面台の交換、自分で出来る?

洗面台の交換を自分でやることは不可能ではありません。しかし、交換をする前に洗面台についてを知っておくべきです。また、自分で洗面台を交換するのなら、新しい洗面台を購入する必要もあります。そこでまずは、洗面台の種類や交換するタイミングなどについて紹介していきます。

1・洗面台の種類

1・洗面台の種類

洗面台の種類は思っている以上に多くあり、それぞれに特徴があります。洗面台を交換する際は、どの種類の洗面台にしたいのかを検討すべきです。ここでは代表的な種類の特徴を紹介していきます。

・ユニットタイプ(据え置き型)

洗面台の中で最も一般的なのがユニットタイプです。収納キャビネットに、洗面ボウルが直接取り付けてあり、水栓金具や鏡、照明などで構成されています。このタイプは間口サイズごとに商品が揃っているため、空間に合わせる形で洗面台を選ぶことができます。また、収納ユニットの部分を組み替えることができる洗面台もあり、自分好みのコーディネートをすることができます。

・カウンタータイプ

壁にカウンターを取り付け、洗面ボウルや鏡、収納ユニットなどを組み合わせることができます。これもまた空間に合わせて自由に設定することができるのが特徴です。組み合わせ次第で自分好みの洗面台にすることができます。

・システムタイプ

イメージとしてはシステムキッチンと同じタイプです。収納キャビネットや鏡、照明、水栓金具などを自由に組み合わせることができ、脱衣所や洗面所の大きさに合わせた洗面台にすることが可能です。

・ユニバーサルデザインタイプ

ユニバーサルデザインとは老若男女、障害、能力など問わず利用できる設計のことです。車椅子でも使いやすい形状になっていたり、ボウルの高さを変えることができるようになっていたりします。

・セカンドタイプ

洗面室ではない場所向けの洗面台がセカンドタイプです。ベッドルームや子供室、廊下などに設置する人がいます。コンパクトなタイプが多く、手洗い用や化粧用として使用する人が多いです。

2・洗面台を交換するタイミング

2・洗面台を交換するタイミング

洗面台を交換するタイミングとしては寿命で壊れたタイミングがベストです。洗面台にも耐用年数があり、寿命があります。もちろん、平均寿命よりも早く寿命になるパターンもあります。洗面台が劣化してきたら、水漏れなどのトラブルに発展する前に交換するのがおすすめです。

・洗面台の平均寿命

洗面台は頻繁に水を流すため、長年使っていると劣化してきます。平均寿命は20~30年と言われています。しかし、必ずしも寿命が20年以上とは限りません。例えば粗悪品であったり、使い方が雑であったりした場合には平均寿命よりも早く劣化してトラブルの原因となりかねません。そのため、基本的には20~30年の耐用年数として覚えておいて、劣化の状況に応じて交換すべきです。

・洗面台交換が近いサイン

洗面台の交換をするタイミングとしては以下のサインが出たときです。
・洗面器(洗面ボウル)にヒビが入っている
・水漏れしている
・蛍光灯を交換しても照明が点かない
・鏡が割れている

これらの状態になったら洗面台の交換を検討するタイミングです。とくに水漏れしている状況なら早急に交換するべきです。他にも、現在の洗面台に不満を感じるようなら交換を検討するのもありです。

3・洗面台を購入する

3・洗面台を購入する

洗面台のタイプごとに多くの商品が販売されています。数多くある洗面台の中から、自分のライフスタイルに合わせて洗面台を購入して交換するべきです。

・購入する時のポイント

スペースや空間を意識して検討することです。洗面台を設置する場所は決まっていると思いますので、設置するスペースや空間と使い勝手を組み合わせて、具体的に購入する洗面台を決めましょう。まずはどのタイプの洗面台にするのかを決め、スペースや機能を含めて洗面台を選んでください。

・間口を確認しておくべき

どのタイプの洗面台にするかの前に、間口をしっかりと確認しておくことです。購入する際に、サイズがわからなければ購入できません。間口が合わない洗面台を検討しても設置ができません。洗面台を購入する時は、自宅の間口を必ず確認しておきましょう。

・洗面台の主要メーカー

日本国内で洗面台を提供している主要メーカーは5つに絞ることができます。

・TOTO
・LIXIL
・Panasonic
・NORITZ
・クリナップ

上記5つが国内主要メーカーです。もちろん、主要メーカー以外にも洗面台を提供している会社はありますが、上記主要メーカーから選ぶことをおすすめします。
理由は、主要メーカーの商品は取り扱いしている会社が多く、部品交換や修理も容易に対応してもらえるます。マイナーメーカーを選んでしまうと、部品の取り寄せが大変だったり、修理対象ではなかったりすることがあります。なので、主要メーカーの洗面台を選ぶことのをおすすめしております。

・実物を確認するべき

まずはホームセンターやショールームへ足を運んで洗面台の実物を見てみましょう。実物を見ることで、設置時のイメージがわく。ショールームではメーカーの方から説明が受けられるといったメリットがあり、購入する時の参考にすることができます。

・見積もりを取る

お好みの洗面台が決まったら必ず見積りを取りましょう。同じ製品だとしても、取り扱っている会社によって価格が異なります。そのため、見積もりを取って安く購入するのがおすすめです。
見積もりを取る際は、業者による設置を加味した見積もりを取り、自分で設置するか、業者に依頼するかの検討材料にしましょう。

自分で交換するのであればインターネットで購入する方法もあります。洗面台自体が手に入ればいいので、同じ製品がさらに安くなっていたり、一昔前のモデルなどの割安製品を探すこともできます。


お電話でのお問い合わせはこちらからtel:0120-245-990
はじめての方限定!基本料金0円キャンペーン開催中!

第ニ章:洗面台を交換する

第ニ章:洗面台を交換する

洗面台の種類や購入についてはわかったと思います。購入した後は自分で洗面台を交換できるのかが問題です。そこで、自分で交換するための心得や必要な道具やモノなどについて紹介していきます。

1・自分で交換できるのか

1・自分で交換できるのか

洗面台を自力で交換することは可能です。業者に依頼すると必ず工賃が発生します。自分で交換を行えば工賃を省くことができるので、少しでも安く洗面台を交換したいと考えている人にはおすすめです。

・洗面台の交換の注意点

既設の洗面台の処分についてです。業者に交換を依頼すれば、取り外した洗面台も処分もしてくれますが、自分で交換した際は、自分で処分する必要があので、処分方法も一緒に検討しておきましょう。ちなみに、粗大ゴミとして処分する方法や、ゴミ処理場に持ち込むことで処分することができます。

・洗面台の取り外し

作業前に必ず、元栓を止めて管内の水を止めることを忘れないでください。洗面台の取り外しは、鏡のパネル→止水栓→水栓金具→排水の順番で外していきます。取り外し自体は比較的簡単にできます。

・新しい洗面台を取り付ける

①位置の確認
まずは洗面台を据え付ける位置を確認します。給水・給油管の位置を採寸し、位置に合わせて本体の配管位置を決めていきます。また、配管位置には止水栓が通るように穴を空けておきましょう。

②水栓金具の固定
水栓金具は本体取り付け前に組んでおきましょう。水栓金具を固定する時には、しっかりとナットを締めるのがポイントです。締め付けが不十分だと、キャビネット内部に水漏れすることがあります。

③壁に固定
洗面台を壁に固定する際には、水平に据え付けるのがポイントです。あて木などを利用して水平になるように調整してから壁に固定してください。

④連結管・排水トラップの取り付け
壁に固定できたら連結管の取り付けをします。止水栓と洗面台本体の水栓の距離に合ったベンリー管を取り付けます。しっかりと取り付けないと漏水の原因となるので注意してください。
その後、排水トラップを取り付けます。排水口と排水管の間に取り付けるのが排水トラップです。各部のパッキンやナットは確実に締め付けましょう。締め付けが緩いと水漏れの原因となります。

⑤鏡を取り付け完成
最後に化粧鏡を取り付けて交換は完成です。通水検査や照明の点灯などをチェックしてください。このように、自分で洗面台を交換することは可能です。工賃を節約するために自力で交換を試みてみるのもおすすめです。

2・交換するために必要な道具

2・交換するために必要な道具

交換に必要な道具を紹介していきます。洗面台は毎日使用するので、交換を始めたら1日で完成させる必要があります。洗面台を交換する際は、必要な道具をすべて揃えてから行うようにしましょう。

・必要な道具

①取り付ける洗面台
購入する際は、間口をしっかりと確認してから選ぶように注意してください。

②モンキーレンチ
しっかりと取り付けするために必要な道具です。連結管や排水トラップを取り付ける際に使用します。

③シールテープ
水道工事をするときの必需品です。配管の接続部分に生じたすき間を埋めるために使用します。

④立水栓レンチ
狭い場所で水栓を取り外す時に必要な道具です。自力で交換する際、多くの場合で必要になります。

⑤ベンリー管
自由に曲げられ、接続するのが簡単です。実際の感覚より若干長めのサイズを選ぶのがポイントです。

⑥ドライバー
プラスマイナス両方のドライバーを準備しておきましょう。

3・無理だと思ったら諦める

3・無理だと思ったら諦める

実際に交換を始めてみると「無理かも」と思うことがあるかもしれません。そんな時は、諦めも肝心です。無理矢理交換して、失敗したら大変です。水漏れを起こしたり、修理が必要になったりします。

無理だと感じたら、自分で交換するのは諦めましょう。

・無理だと思ったら業者に依頼
自力で交換できると思っていたが、予想以上に難しかったと思うことがあります。そんな時は無理は禁物です。交換に失敗すると水漏れの原因だったり、新しい洗面台がダメになったりします。難しいと思ったら業者に依頼しましょう。

・洗面台の交換はどこに依頼すればいいの?
水回りに関するご相談は水道業者にしましょう。商品はあることを伝え交換だけ依頼しましょう。交換だけでも水道業者は快く引き受けてくれます。無理だと思ったら業者に依頼するのがおすすめです。


お電話でのお問い合わせはこちらからtel:0120-245-990
はじめての方限定!基本料金0円キャンペーン開催中!

第三章:自分で洗面台を交換する理由

第三章:自分で洗面台を交換する理由

自分で洗面台を交換することにはメリット・デメリットがあります。メリット・デメリットを考え、自分で交換するのか否かを検討しましょう。

1・自分で洗面台を交換するメリット

1・自分で洗面台を交換するメリット

自分で交換するメリットはいくつかありますが、これらを参考にメリットが大きいと感じる場合は、自分で洗面台を交換してみてください。

・工賃の節約

一番のメリットではないでしょうか。洗面台を交換する場合の工賃は3万円~5万円が相場になります。もちろん、業者によって値段は違いますが工賃は必要です。

・DIYの楽しさを味わえる

自分で何かを作るのが好きな人にとって、洗面台の交換は楽しいものになります。DIYが好きな人は自分で洗面台を交換するのがおすすめです。

・自分のタイミングで交換できる

業者に依頼する場合、日程等を業者と擦り合わせる必要があります。しかし、自分で交換する場合は、自分の好きなタイミングで交換することができます。

2・自分で洗面台を交換するデメリット

メリットがある反面、当然デメリットもあります。デメリットの比重が大きい場合には、無理に自分で洗面台を交換せずに業者に依頼するのがおすすめです。

・水漏れの心配

水回りの工事に付きまとう、水漏れ。業者に依頼すれば失敗の心配はありません。万が一失敗しても、施工業者が対応してくれます。しかし、自分で交換して水漏れとなったら自己責任です。水道業者に修理を依頼となればその分、余分な出費になります。
それなら最初から業者に交換を依頼するという選択肢もあります。

・処分が面倒

業者に交換を依頼すれば、処分までやってくれます。しかし、自分で交換すると既存の洗面台を自分で処分する必要があります。粗大ゴミや処理場へ持ち込んで処理するにも多少は費用が必要です。


お電話でのお問い合わせはこちらからtel:0120-245-990
はじめての方限定!基本料金0円キャンペーン開催中!

第四章:まとめ

第四章:まとめ

洗面台の交換は自分でもできます。思っている以上に簡単にできるので、自分で交換することを挑戦するのもありでしょう。工賃を節約できるメリットだったり、DIYが好きな方にはおすすめです。
もちろんメリットばかりではありません。デメリットがあるのも事実です。水漏れに関する失敗になると自分では修理が難しいことが多く、業者へ依頼となるケースが多く、費用が掛かってしまいます。また、既存洗面台の処分の手間です。

自分で洗面台を交換する場合、メリット・デメリットを考慮して選択してください。自分で交換している途中に「無理だ」と思ったら、迷わず業者に依頼することをおすすめします。無理して洗面台を壊したり、水漏れするようなことになったりしたら尚更大変です。
自分での交換が無理だと思ったらプロの業者に依頼しましょう。


お電話でのお問い合わせはこちらからtel:0120-245-990
はじめての方限定!基本料金0円キャンペーン開催中!