洗面台のつまりを直す方法!

第一章:洗面台のつまり!原因と予防!

1:洗面所の構造

2:洗面所が詰まる原因

第二章:自分でできる洗面所のつまり解決方法

1:市販の薬剤は役に立つのか?

2:ラバーカップを使う

3:タオルとお湯を使った方法

4:専門の修理業者にお願いする。

第一章:洗面台の詰まりはなぜ起きる?

洗面台で起こるトラブルの代表格はズバリ「つまり」でございます。そのつまりは台所や浴室、洗濯機など同じように詰まる頻度も高い場所です。

日頃、洗面台で、髪の毛を洗ったり、眉毛やヒゲのお手入れをされている方は、洗面台の水を流した際に流れが悪くなっていたり、ゴボゴボと異音がする、という経験に覚えがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

洗面台で起こるつまりの主な原因は髪の毛や垢です。洗面台はその機能上、毎日髪の毛のお手入れをしたり、顔や手を洗っている場所なので、当然なのですが、その際に流れてしまった髪の毛をはじめとした体毛が蓄積されてしまい、水が流れなくなる。ということはかなり頻繁にどのご家庭でも起きてしまうのです。

女性など髪の毛の長い方ではその分排水溝に流れていった量が多ければ多いほどつまりやすくなってしまいますので注意が必要でございます。

髪の毛のセッティングなどをした際必ずと言っっていいほど、抜け落ちた毛髪が洗面台にくっついているはずですので、お出かけ前の忙しい時間でも、しっかりと回収して、洗面台に流さずゴミ箱に捨てるようにしましょう。

洗面台の排水溝にはゴミが流れていかないように洗髪ゴミ受けが設置されていることをご存知の方は少ないかもしれませんが、この仕組みによってある程度は下に流れていかないように作られています、しかし隙間を通って流れ着いた髪の毛などが固まりになって蓄積されていってしまうのです。

ある程度の固形物は流れないようになってはいるのですが、先の細い髪の毛などは簡単に流れていってしまいます。そうならないように、ネットを使って毛が排水溝の奥に流れないようにしたり、排水溝をマメにお掃除したりすることが重要ですが、多くの方は詰まってから対処をしようとします。

そこで、このページでは自分の家の排水溝が完全に詰まってしまった場合の直し方や日々の予防法などを紹介していきます。また、排水溝の流れが悪くなってきた場合の対処法も交えて説明していきます。

是非参考にして下さい。

1:洗面台の構造

洗面台が詰まってしまった時の対処法をご説明させていただく前に、まずは洗面台の水の流れを理解する必要がございます。

洗面台の排水溝の下には、トイレやキッチンと同じように排水トラップと呼ばれる配管が設置されております。

排水トラップは一般的にご家庭に設置されているS字トラップと、ホテルなどの簡易的な洗面台に設置されているP字トラップの2つに分かれております。

ご家庭の排水トラップがどちらの仕組みかを確認した上で、対応いたしましょう。

  • 排水トラップ

・S字トラップ

洗面台から排水パイプを通って水が下に流れていく仕組みをS字トラップと言います。排水パイプがアルファベットのSの様な形をしているのがわかると思います。

主に洗面台の下に収納棚が設けられているような洗面台で、排水が真下に流れていくような仕組みで使われている事が多いのが特徴です。

S字トラップは主に色々な個所で採用されており、キッチンの排水溝やトイレ内に設けられている手洗い用の排水溝にもS字トラップ方式が用いられている事が多いです。そして、画像では見えにくいかもしれませんがS字トラップの真下部にキャップナットがあります。これは掃除口と言って溜まった汚れや詰まりが生じた場合に誰でも簡単にお掃除が出来るように設けられています。排水パイプを取り外したり、分解すること無くお掃除が出来るので一般の方でも容易に作業が出来てしまいます。

・P字トラップ

続いてP字トラップを紹介します。

上記とは異なり排水パイプが壁の横に入っているタイプの事を言います。排水が真下では無く、横に流れていく為にアルファベットのP字のような形をしています。

その為、P字トラップと呼ばれています。画像を見てもらえるとわかると思いますが、洗面台から流れた水が下に流れて少しだけ上にあがって横に流れていきます。そして、流れきれなかった残水が排水パイプ内に残ります。

これを封水と言い、S字トラップと同様に水のフタの役目をしてくれます。形は違えど、封水をつくる事が出来れば害虫や悪臭を部屋に侵入させない事が出来るのです。

またP字トラップも同様でトラップ部分で詰まりが起こりやすい特徴があります。その為、キャップナットが付いており簡単に取り外し、取り付け等の分解作業が出来るような仕組みになっているのです。

S字トラップ、P字トラップは洗面所で主に採用されている形式ですが、これに関しては自分の家の作りによるものなので修理をする場合は自分の家がどちらのタイプなのか確認してから作業をする必要があります。

 

2:洗面所が詰まる原因

  • 髪の毛

髪の毛は洗面所の詰まりの原因1位です。朝、洗面所で髪の毛を洗う人も多いと思いますが、女性は特に髪の毛が長いので抜けるとその分詰まりやすい傾向にあります。男性も洗面所でヒゲを頻繁に剃ったりする方も多いと思います。髪の毛は流しても水に溶けません。少しずつ溜まってしまった髪の毛が蓄積されていき、そのうち詰まりのトラブルに発展してしまいます。

 

  • 石鹸カス

洗面所で手洗いうがいをすると言うのは一般的ですよね。しかし、詰まりの原因のひとつに石鹸カスがあるのをご存じでしょうか!?そんな事いったら手洗いも出来ないじゃないか!!と怒られてしまいそうですが、石鹸カスなども手洗い後はきれいに水を流してあげる事が重要です。なぜなら、洗面所の排水パイプに石鹸カスなどがこびり付き、年月と共に排水パイプ内に汚れが溜まっていきます。ヌルヌルしたぬめりの様な汚れは中々落ちない為、穴が小さくなると水の通り道が縮小していきます。するとある時を境に水が流れなくなるのです。それが詰まりの原因です。

  • アクセサリー

洗面所の前でピアスを付けていたらうっかり滑って落としてしまったお客様がいらっしゃいました。ピアスは小さいので落としてしまうと簡単に排水溝に流れてしまいます。もし、落としたらトラップ部分で止まっている可能性が高いのでトラップを分解して取り出してあげなくてはいけません。もし、水を流してしまうと奥までピアスが流れていき排水管まで流れてしまうと取り出すことができなくなる恐れがあります。くれぐれも水を流さない事が重要です。

ちなみにアクセサリーを洗面台に落としてしまって取り出せなくなってしまった、という話をよくききます。

結婚指輪などの貴重なものですと大変ですよね、そんな際は、水を止めて、上記で解説させていただいた、S字またはP字トラップの掃除口を開けてみましょう。

掃除口の開け方は意外と簡単ですので、この機会にご家庭のトラップの形や掃除口の開け方、そこから見える配管の汚れ具合などを確認してみてはいかがでしょうか?

日頃からこまめにお掃除しておくだけで、洗面台のつまりやトラブルを予防することにつながります。

 

第二章:自分でできる洗面台のつまり解決方法

1:市販の薬剤は役に立つのか?

市販のパイプユニッシュやパイプマンは完全に水が流れていかない場合は効果を発揮しません。

完全に詰まってしまった場合は上記で紹介したような方法で取り除くほか無いので、流れが悪くなってきた段階で早めに対策しないといけません。

そこで、役立つのがパイプユニッシュになります。

また、ビーエヌクリーンといった業務用のパイプクリーナーも非常に強力で効果が高いので試してみましょう。

 

2:ラバーカップを使う

軽度の詰まりであればラバーカップを使って改善することが出来ます。

もし、家にラバーカップがあれば一度試して見ましょう。

使い方としては覚えておきたい!ラバーカップの使い方ラバーカップを使ったトイレつまりの直し方でも紹介していますが基本的に同じです。水を溜めて押す引くを繰り返すだけです。

しかし、この時に洗面器のオーバーフロー穴にテープを張って圧力が伝わるようにしましょう。

3: タオルとお湯を使った方法。

ラバーカップやワイヤーブラシなどの専用道具があれば意外と簡単に対応できてしまう場合も多い洗面台のつまりですが、それらの専用道具をお持ちのご家庭は近年そう多くはないと思います。

実はどんなご家庭にもあるもので試せる解消方法があるのでご紹介させていただきます。

それは、「タオルとお湯を使った方法」でございます。

一言で説明すれば、台所のシンクにお湯を溜めたのちに一気に流して、つまりの原因となっているものを流してしまう、という方法です。

具体的な手順を簡単に説明いたしますと、下記の通りになります。

  1. 排水トラップを外し、排水溝にタオルを詰める。(後で引き抜けるように端の方はシンクから出して置くようにしましょう)
  2. 洗面台の6〜7割程度を目安に、70度〜80度程度のお湯を溜めましょう(お湯の温度が高いほど、効果はありますが火傷には注意してください)
  3. 栓となっているタオルを引き抜き、お湯を一気に流し込む

こちらの「タオルとお湯を使った方法」を使えば、軽度なつまりや、つまりの初期状態の場合に解決でき可能性が高いです。

こちらの方法を用いて、詰まりが解消しましたら、仕上げに市販のパイプクリーナー系の薬品や重曹を使って、綺麗に洗浄することで、再発防止や予防の効果が期待できますので、ぜひセットでお試しください。

こちらの方法は、洗面台以外にも台所のシンクや、トイレのつまりなどにも応用がききますので、覚えておいて損はないでしょう。

4:修理業者に頼む

市販の薬剤や、ラバーカップ、タオルとお湯を使った方法などを試しても、洗面台のつまりが解消されない、という場合は、速やかに業者さんを呼んだ方が、費用的にも時間的にもお得になると思います。

洗面台の軽度のつまりでしたら、ご自分で直すことも可能かもしれませんが、水が全く流れていかないなどの重度なものになってしまいますと、水漏れや、配管の破損などにつながってしまう危険性もございますので速やかに修理業者さんにご依頼されることをお勧めいたします。

洗面台の排水溝のつまりは原因を知る事で解消が出来、予防法を知る事でこれから詰まらせない為の工夫が出来るようになります。洗面台の排水パイプが詰まっている場合はラバーカップを使ってみて、駄目ならパイプを分解して掃除をするのがいいでしょう。

大抵は排水パイプを分解すればゴミ詰まりが確認できるので直せるはずです。しかし、戻すときはパッキンやナットをしっかり戻さないと水漏れの原因になってしまうので注意が必要です。

 

 

下水管のつまりの際の対処法!

第一章:下水管つまりの原因は?

・そもそも下水管ってなんだ?

・下水管の構造

・下水管のつまりの原因

第二章:下水管のトラブルの対処法

・下水管のトラブルは誰に相談すればいいの?

・マンション・アパートの場合(構造)

・ご家庭で、修理したい場合

 

第一章:下水管つまりの原因は?

日常生活で何気なく使用している、キッチンやお風呂、トイレ。

ですが、そこで使用した水はどこに行くのかご存知ですか?

 

ご存知の方も多いとは思いますが、これらの「生活排水」や「雨水」「工業廃水」は、

下水管(排水管)を通って、「下水道」へと流れて行くのです。

 

キッチンやお風呂、トイレで使用した水は、壁の中や床下に埋め込まれているため、日常生活を送る上で、そんなに意識することは少ないでしょう。

 

ですが、想像してみてください。

キッチンやお風呂、トイレの全てが、共通して下水道に生活排水を流している下水管。

こちらが、万が一「つまり」を起こしてしまったら……。

 

普段、ご家庭で何気なく使用している水回りの機能は全て、使えなくなってしまうのです。

下水管が豊かな日常生活を送る上で、非常に重要な役割を担っていることは、ご理解いただけたと思います。

 

そこで、この度は、豊かな日常生活を支える下水管のトラブルが起きてしまった際に焦らずしっかりと対処するため、そして、下水管のつまりをはじめとした下水管のトラブルを未然に防ぐために、下水管(排水管)や生活排水処理の仕組み、そして具体的に下水管のトラブルがどのようにして起きてしまうのか、その原因を簡単にご説明させていただきます。

 

・そもそも下水管ってなんだ?

建物から排出される「生活排水、雨水、工業排水などの下水」を「下水道」まで運ぶ「排水管」は壁の中や床下、地面の下などに隠れていて、あまり目にすることがありません。

しかし非常に重要な役割を担っていて、排水管が詰まってしまうと建物内では様々な水道トラブルが起こります。

飲用以外で使用された水は、汚水として便器や排水溝に流れ込んだ後、排水設備を経由して接面した道路の地下にある下水道本管に放流されます。

マンションなどの高層建築の上層階の下水は、「排水たて管」から、垂直に落下して「排水横主管」を下り「排水桝」(はいすいます)を経由して下水道に排出されます。

建物の規模により配管方法は異なりますが、使用済みの下水が下水道本管に放流される仕組みは同じです。

汚水を下水道まで運ぶ排水管に不具合が生じると様々な排水不良(水つまりトラブル)が発生してしまうのです。

 

・下水管の構造

普段、何気なく使用しているご家庭のキッチンや、洗面所、お風呂やトイレなどの

水回りなどで、使用した排水はご家庭の床下や、壁の内部の下水道管を通って、下水処理場へ運ばれていきます。

 

・下水管のつまりの原因

トイレの流れが悪くなった、台所やキッチン、洗面台の流れが悪いなどの症状が現れた際、多くのご家庭では、市販の薬品やご家庭にある道具を使って、ご自分で対応することが多いのではないでしょうか?

しかし、これは、どんな水回りのトラブルにも共通して言えることですが、水回りのトラブルを解決する際には、そのトラブルの原因を正しく把握し、その原因に合わせた解決方法で対処することが重要です。

間違った方法で無理に対処してしまうと、事態を悪化させてしまう可能性がありますので、下水管のトラブルが起きた時に備えて、どのような原因で水回りのトラブルが発生してしまうのか、予備知識として押さえて起きましょう。

 

下水管のつまりの原因として、多くあげられるのは以下のものになります。

  • トイレから流れたオムツ等、水に溶けないもの
  • 排泄物とペーパーが絡み合った汚物
  • 台所の排水溝から流れた油
  • お風呂場から流れた髪の毛と皮脂が混ざった汚れ
  • 植物の根
  • 排水桝の破損(モルタルの破片)
  • 排水管の勾配不良、割れ(破損)
  • 排水水中ポンプの不具合(地下がある建物の場合)

「給水管」が「飲み水」を供給するのに対し、「排水管」は物を洗うなどして汚れた「下水」を運搬するためのパイプです。

 二つのパイプの最大の違いは給水管には水を運ぶための圧力がかかっているのに対し、排水管には圧力がかかっておらず、川のように低い方へと水が流れる仕組みになっていることです。その為、排水管がつまってしまった場合、圧力で自然に詰まりが抜け、流れが回復することが少ないのが特徴です。

トイレ・お風呂・台所・洗面所・洗濯機置き場・雨樋・ベランダなど、排水不良が起きる場所は様々ですが、使用済みの汚水が下水道に放流される仕組みは同じです。

汚水や雨水を運搬する排水管がつまり、水漏れやあふれなどの症状が起きた場合、「何が、どこに、どの程度つまっているか?」を調べるのが非常に重要です。

下水管のつまりの原因のほとんどは、キッチンや洗面台、そしてトイレなどに、つまりの原因となるものを流してしまうことが、原因となります。

特に多いのが、トイレに紙おむつなど、トイレットペーパー以外のものを流してしまった場合や、台所に日常的に油を流してしまっている場合でございます。

特に「油」に関しましては、普段意識せずに流してしまっている人も多いのではないでしょうか?
トイレからの問題でも、一度に大量にトイレットペーパーを流してしまっていたり、近年多くなっている「トイレに流せる」商品も、トイレットペーパーに比べると、水に溶けにくいため、場合によっては、下水管のつまりの原因になってしまうので、注意が必要です。

もし、油をシンクに流していたり、トイレにトイレットペーパー以外のものを流してしまったという心当たりがある方は、それらを控えるだけでも、下水管のつまりの予防に効果的ですので、ぜひお試しくださいませ。

 

第二章:下水管のトラブルの対処法

ご家庭の水回りのトラブルは、キッチンや台所、トイレなどの日常的に使用する箇所からでの問題になるため、緊急性を要する場合が多いと思います。

この章では、下水管のつまりをはじめとした、トラブルの対処方法をご紹介いたしますが、一つ大前提として覚えておいて欲しいことがございます。

 

『無理して自分で直そうとはしないこと!!』

 

これだけは絶対に覚えておいてください。

トイレやキッチン、洗面台の簡単なつまりでしたら、薬局やホームセンターで、揃えられる道具でも対処できる場合も多いですが、下水管のつまりの場合はご家庭で対処することが難しい場合が多く、下水管・排水管に対しての正しい知識を持っている場合を除いては、業者さんに委託することをお勧めいたします。

 

ご家庭で対処しようとして、事態を悪化させてしまうという話は、珍しくありませんし、

マンションなどの下水管を共有で使っている場合などの場合ですと、業者さんへの依頼や費用をマンションの管理元が請け負ってくれる場合もございますので、まずは相談してみることが重要です。

 

・下水管のトラブルは誰に相談すればいいの?

下水管・排水管のつまり等のトラブルの具体的な対処方法をご紹介する前に、

下水管・排水管の構造をもう一度詳しくご説明いたします。

どのような構造で排水処理が行われているかを正しく理解した上で、対処法に取り組むことをお勧めいたします。

 

  • マンション・アパートの場合(構造)

マンションやアパートなどの集合住宅にお住いの方々にはまず、専有部分と共有部分の差異を理解していただきたいと思います。

 

  • 専有部分……壁や床、天井に囲まれた居住空間のこと。厳密に言うと壁や床、天井を形作っているコンクリートの表面から部屋側の空間のことであり、コンクリート部分そのものは共有部分

主な部分としては、部屋の内部や、個人で使用している部分です。

2.共用部分……エントランス、共用廊下、屋上など専有部分以外の建物部分。エレベーターや電気・給排水などの共用設備

 

ざっくりとマンションの専有部分と共有部分を分けるとこのようになります。

簡単にいうと、その場所の所有権が自分にあるかどうかの差となっております。

そのため、専有部分に当たる箇所にある下水管・排水管のトラブルは、そこにお住いのご家庭の責任で、共有部分に当たる部分の下水管・排水管のトラブルは、マンションのオーナーさんや、管理業務を委託している管理会社さんの責任で、トラブルに対処していただく場合が多いようです。

 

しかし、こちらの専有部分と共有部分の線引きは、それぞれマンションやアパートによって、異なる場合が多いため、まずはマンションのオーナーさん(大家さん)または、管理会社の方へ問い合わせをして確認してみることをお勧めいたします。

 

例えば、専有部分に当たるトイレの配管がつまりを起こした場合は、修理業者の手配や、その費用などはご家庭での負担になってしまいますが、

それが、マンションの共有部分にて、つまりを起こしている場合は、マンションの管理を任されているオーナー様(大家さん)または管理会社さんに、業者の手配や費用の負担を担ってくれるパターンもございます。

 

戸建の場合にも同じことが言えますが、

水の流れが悪い、水を流した時にゴボゴボと変な音が聞こえてくる、そしてそれが、キッチンや、洗面所、トイレなどの水回りに共通して起こっている場合などは、まずは何処に何がつまっているのか、を確認することが何よりも重要です。

 

  • 戸建の場合

一戸建て住宅の場合、マンション等の集合住宅と違い管理組合がありませんから、排水管高圧洗浄など計画された定期メンテナンスが入りません。

そのため、排水管内部の状態まではなかなか把握できないのが一般的です。

一戸建て住宅で長期間にわたり排水管のメンテナンスをしていない時に表れる症状としては下記の二つが代表的です。

  1. 一階と二階にあるトイレが両方とも流れない

現在、主流となっている2階建ての戸建の場合、トイレが1階と2階それぞれに備えられている場合も多いと思います。

そのためトイレに関する、下水管や排水管のトラブルが発生しやすいという特徴がございます。

どちらか一つのトイレが流れる場合は、流れないトイレの便器や排水管にトラブルの原因がありますので、原因を正しく把握した上で、対処しましょう。

  1. 敷地内の排水枡(小さいマンホール)から汚水が水漏れし、あふれてくる

 マンションの排水桝は「共用部分」になるため、管理会社が対処するのが一般的で居住者の方が自費で修繕したり、自ら作業してメンテナンスすることはありませんが、一軒家のトラブルの場合は、管理組合など存在しないため、万が一トラブルが発生してしまった場合は自費での修繕が必要となります。

 

問題の発生を未然に防ぐためにも、日頃から水回りを使用する際に、流せるものと、流してはいけないものに気をつけたり、マンション同様、定期的に排水升や下水管のメンテナンスを行うことを推奨いたします。

 

建物から排出される「生活排水、雨水、工業排水などの下水」を「下水道」まで運ぶ「下水管(排水管)」は壁の中や床下、地面の下などに隠れていて、あまり目にすることはありませんが、ご家庭の生活に非常に重要な役割を担っている部分でございます。

排水管が詰まってしまうと建物内では、所謂、水回りと呼ばれる部分、お風呂やキッチン、トイレなどの、水が流れ辛くなったり、最悪のケースだと汚水が逆流してしまうなどのトラブルにつながってしまいます。

飲用以外で使用された水は、汚水として便器や排水溝に流れ込んだ後、排水設備を経由して接面した道路の地下にある下水道本管に放流されます。建物の規模により配管方法は異なりますが、使用済みの下水が下水道本管に放流される仕組みは同じなので、この基本構造を覚えておくと万が一の際に冷静に対処することができます。

 

 

・下水管のつまりが発生している箇所を特定する方法。

 

一口に下水といっても、下水管(排水管)を流れる下水は、

  • 「汚水」……トイレの便器から流れる水
  • 「雑排水」(ざっぱいすい)……台所・洗面所・洗濯機置き場・お風呂場から排水される水は雨天時にベランダや屋上、屋根、半地下のガレージに流れる水
  • 雨水」(うすい)​……天時にベランダや屋上、屋根、半地下のガレージに流れる水は

の三種類に分類することができ、さらに、下水管の配管方法も以下の2つに分類されております。

  • 雨水を除く、「汚水」と「雑排水」をつなげて配管する方法が「合流式」
  • 「雨水」「汚水」「雑排水」を別々に配管する方法が「分流式」

少々小難しいですが、排水管は見えない場所でつながっているため、詰まっている場所によっては、お風呂とトイレが同時に流れなくなったり、台所とトイレの排水が同時に悪くなる等のトラブルが起きます。

下水管(排水管)の仕組みを理解した上で、ご自宅の下水管(排水管)がどの配管方法で連結しているかをお把握しておくと、水回りのつまりのトラブルの症状で、何処にモノがつまってトラブルが発生しているのかを知るための手がかりとなります。

 

・下水管がつまりを起こした際の場合の対処方法。

ここまでの記事を読んでいただけた皆さんは、だいぶ下水管や、ご家庭の配水管の構造と仕組みをご理解いただけたと思います。

それらを踏まえた上で、実際の対処法を記載していこうと思いますが、その前に、もう一度声を大きくして言わせていただきます。

 

『下水管のつまりが発生してしまった時には、無理をせず修理業者を頼りましょう!』

 

ご家庭で、ご自分で解決していいケースは、下水管や排水管の構造に精通している方、または、水が流れないなどのトラブルが、キッチン、トイレ、洗面台などの中の一箇所のみで起きている場合です。

問題が一箇所のみの場合は、下水管の問題というよりも、各箇所それぞれの排水管につまりなどの問題が起きている場合が多いので、それぞれのケースに応じて対応しましょう。

 

キッチンや洗面所、お風呂やトイレなどのご家庭の複数の箇所が、何らかの原因でつまりを起こし流れないという場合は、時間がない、早く問題を解決したいというかたは、

深く悩まずに修理業者さんを呼びましょう、普段目に見えない下水管や配水管の問題も、

日頃から研鑽を積んでいる修理業者さんにお任せすれば、すぐにつまりの原因を究明し、

さらには、そのほかの部分の、近い将来トラブルに発展しそうな箇所も見つけ出して、対処していただくことが可能です。

 

・ご家庭で、修理したい場合

水回りのトラブルをご家庭で修繕したい場合は、まずは原因の特定です。

まずは、何処の箇所でつまりや、水の流れが悪くなるなどの問題が起きているのか、

を確認しましょう。

トラブルの起きている箇所が、一箇所の場合は、その箇所の配管に問題のある可能性が高いので、トラブルの起きている箇所に応じて対処してください。

それぞれの箇所のトラブル解決の方法に関しましては、別ページにて詳細を記入しております。

 

トラブルが二箇所以上で起きている場合、例えば、トイレとお風呂の水の流れが両方とも悪い場合や、お風呂場を使用した際にお風呂場とは全く異なる場所で、ゴボゴボと異音がするケースの場合、水回りの各配水管と下水道をつなぐ、下水管(排水管)に問題が生じている可能性が高く、対処せずに使用を続けてしまうと、完全に水が繋がれなくなってしまうなど、重大な問題につながってしまう可能性がございますので迅速な対応を心がけましょう。

 

ご家庭で、対処される場合は、ホームセンターで手に入る、パイプクリーナー系の薬品を用いることが一般的です。

しかし、薬品を用いた方法は、つまりの軽度な状態には効果が期待できますが、

完全に水が流れない、水の流れが非常に悪いなどの重度のつまりの場合は、あまり効果が期待できず、それ以上の作業となりますと、高圧洗浄機や、ワイヤーブラシなどを用いるため、市販の薬品で黄河が出ない場合は、修理業者にご相談することをお勧めいたします。

仙台市のトイレつまり事情を徹底解説!

第一章:トイレのつまりの予防法と対処法

ご家庭で、おそらく1日一度は確実にご利用されているトイレ。

普段意識せずに使用されている方も多いと思いますが、トイレはご家庭の水回りの代表格であるキッチンやバスルームと並んで、毎日ご利用されるもので、ご家族と暮らしている方でしたら、その使用頻度は非常に多いと思います。

 

トイレと言われて多くの人が、イメージする本体部分は、陶器製のものであれば、100年以上使えると言われているものも多いですが、長年使用していると、経年劣化によって流れづらくなってしまうことはありますし、トイレと下水管

をつなげている排水管部分も同様で、溶けきらなかったトイレットペーパーや、その他のトイレに流してはいけないものを流してしまうと、トイレの排水管がつまりを引き起き起こし、水が流れない、水が溢れてくるなどのトラブルにつながってしまいます。

 

トイレのつまりというトラブルのほとんどは、何らかしらのものを流した際に、起こってしまいます。主なつまりを起こしている原因のものとしては、

一度に大量に流して溶けきらなかったトイレットペーパー、紙おむつ、トイレに流せるクリーニングペーパーなどとなります。

ご存知の方は少ないと思いますが、近年、スーパーや薬局などでよく目にする「トイレに流せる」と記載のある製品も、トイレットペーパーに比べて水に溶けづらく、トイレつまりを引き起こす原因となってしまうことが多いのです。

 

基本的には、トイレには排泄物とトイレットペーパー以外は流さないようにしましょう。

 

ちなみにご家庭でペットを飼われている方で、トイレにペットの排泄物を流している方もいらっしゃるようですが、ペットの排泄物には、ペットの毛などが大量に含まれており、これらもトイレに流してしまうと、トイレがつまる原因となりますので、控えるようにしてください。

 

トイレのトラブルの代表格である、トイレのつまりの原因の99%は、ご家庭のトイレに本来流してはいけないものを流してしまったために発生いたします。

 

そのため、上述しましたが、

『トイレには排泄物とトイレットペーパー以外は流さない』

こちらをしっかりと徹底するだけで、トイレのつまりのほとんどを予防することが可能ですので、ぜひお試しくださいませ。

 

トイレに、小物等を置いているご家庭も多いと思いますが、そういったものを気づかないうちに流してしまう、というケースもございますので、トイレ内を、清潔に保つということも、トイレのつまりを予防する方法として効果的でございます。

 

【トイレがつまりを起こした時の対処法】

日頃日常的に使用するトイレ、ご家族と同居されている方ですとその使用頻度は非常に多いと思います。

トイレのつまりは、日頃から注意していたとしても、配管の経年劣化や下水管(キッチンやお風呂場と共通して下水道へ送る排水管)のつまりなどでも、起こってしまうトラブルのため、完全に予防するのは不可能と言えます。

 

ですが、トイレがつまりを起こし、使用できないというのはご家庭にとって、緊急性の高い一大事でございます。

なので、この場をお借りしまして、ご家庭でできるトイレのつまりの解消法と、

トイレの修理業者を呼ぶ際の判断基準について、ご説明させていただきます。

 

  • どんな状況なら自分でトイレのつまりを直して良いのか

いざ、ご家庭のトイレがつまりを起こし、流れが悪くなった、または、全く流れなくなってしまったという際に、ご自分で直せるのか、それとも業者さんに頼るべきなのか判断ができない方も多いと思います。

 

簡単なチェック項目をご用意いたしましたので、そちらでご家庭のトイレの状況を確認した上で、トイレの修理業者さんを頼るべきところは頼りましょう。無理をしてご自分で直そうとして、排水管やトイレの便器本体に傷をつけてしまうと、出費もかさんでしまいますので、決して無理はしないよう事が大事です。

 

  • 問題のトイレ以外の、キッチンや洗面台も同様に流れが悪い
  • トイレにトイレットペーパー以外のもを流してしまった記憶がある
  • ラバーカップやゴム手袋など必要な道具がご家庭にない

 

上記の三点、全てに当てはまらない場合は、ご家庭で解決できる場合が多いと思われます。

すなわち、

  • ご家庭内でトイレのみ、つまりが悪くなった。

トイレ以外の水の流れが悪いとなると、トイレの配管の問題というよりも、下水管でつまりが起きてしまっている可能性が高いので、トイレや

水道の修理業者さんに頼むことをお勧めいたします。

 

  • トイレがつまりを起こしている原因は、トイレットペーパーなどの紙類。

後述しますが、ご家庭でトイレのつまりを解消する方法として、有効的なのは、ラバーカップを使った方法とお湯を使った方法でございます。

これらはつまりの原因となってしまっている物を水圧を利用して引っ張るか、お湯で柔らかくした上で押し流すか、といった方法です。

 

なので、トイレに詰まったものがトイレットペーパーなどの紙類ではない場合は、あまり効果が見込めない上、無理に作業をして原因となっているものを奥の方へ押し込んでしまう可能性があるのです。

そうなってからでは修理業者さんに頼んでも、後の祭り、トイレの便器内部に詰まっていたらお安く簡単に取り出せたのに、奥に押し込んでしまったがために、手間も費用も倍以上に……ということは決して少なくはないのです。

 

  • ラバーカップや、ゴム手袋など必要な道具は揃っている。

一昔前までは、どのご家庭にもご用意してありました、ラバーカップですが、トイレや水回りのつまりはそうそう起きることでもないですので、常備している方も少ないと思います。ですがどうしてもご自分の手で治したいという方は、ホームセンターなどでお買い求めいただけますので、この機会にご用意いただくと良いかもしれません。

また、トイレの水は水道水ですので、一見綺麗なように見えますが、

トイレは、トイレタンクに水を貯めてから一気に便器に水を流す、そして配管から上がってくる匂いを止めるために、トイレの便器内にも常時水が溜まっており、これらの機能の構造上、それらの水は使用されるまでは、放置され、雑菌が繁殖されやすい環境となっております。

 

トイレの水を飲もうと考える方はいないと思いますが、トイレつまりを直す際は、どうしても水が跳ねてしまいますので、ゴム手袋などを使用し、しっかりと雑菌から身体を守リましょう。

 

これらの道具がない、買いに行く時間がない、という方は修理業者さんを呼ぶことをお勧めいたします。修理業者さんは、専門の道具などを駆使しながら、すぐにご家庭のトイレを元どおりにしてくれます。

 

第二章:仙台市の水道事情!仙台で、トイレのつまりを直すなら!

【仙台市でトイレがつまった時に頼れる業者さん】

トイレがつまりを起こってしまったとき、日常で頻繁に遭遇するトラブルではないため、慌ててしまう方も多いと思います。

何事にも共通して言えることですが、焦って行動したところで何もいいことはございません。

しっかりと情報を集めた上で、信頼できる業者さんにお任せしましょう。

近年、水道の修理業者の中でも、簡単な修理作業で膨大な金額を請求する、トイレの修理作業が雑で、トイレの水が壁に飛び散ってしまったなど、悪徳業者と呼ばれる業者が増えているそうです。

そこで、この場をお借りして、信頼できる水道修理業者さんをご紹介いたしますので、ぜひご参考くださいませ。

とはいったものの、そのトラブルの性質上、水道修理の業者は、現場に急行する必要がありますので、全国展開している企業が少ないことも事実です。

 

そこで、今回こちらのページでは、宮城県の県庁所在地でもあります。仙台市にスポットライトを当て、仙台市にお住いの皆さんに向けて信頼の置けるトイレやキッチンなどの水回りを修理してもらえる修理業者さんをご紹介させていただきます。

【仙台市の特徴】

宮城県、仙台市は1600年、かの有名な伊達政宗が千代を仙台と改め居城としたことが初めとなっており、仙台城(青葉城)は、現在も仙台市の観光名所として、有名でございます。

仙台市といえば、=「お祭り」というイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?

8月初旬に行われる、仙台七夕祭りは東北三大祭りにも数えられ、このシーズンになると仙台市内は一段と賑わいを見せます。

 

仙台市の現在の人口は、約108万人、整体数でも約50万の世帯がございます。

ということは、仙台市には少なくとも、50万以上のトイレがあるということでございます。

各世帯に最低一つ、さらに飲食店などに備え付けられているものを加えますと、仙台市に限って考えてみても、とんでもない量のトイレが存在しております。

トイレは日常生活にとって必要不可欠なものです。万が一トイレが使えないとなってしまうと想像しただけでも非常に恐ろしく感じますよね。

 

【仙台の水道事情!】

キッチンやバスルーム、洗面台やトイレなど、普段ご家庭で使用する水回りですが、現代の日本社会では、生活を送る上で、欠かすことのできない、ライフラインとなっております。

日本人にとっては、キッチンや洗面所を少し捻れば、綺麗な水が出るのは当たり前ですし、トイレもレバーを捻れば流れるのも当たり前でございます。

(余談ですが、日本の水洗トイレの普及率は、世界中のどこの国よりも高いそうです。全国ランキング1位の東京都は、なんと98,5%、宮城県は72.1%で全国12位ですが、仙台市のみに限って言えば、さらに高い割合になります。)

では、宮城県仙台市にお住いの皆様は、普段皆様が日常的にご利用されている、水が一体どこから来ているのか、そしてトイレやお風呂から流された生活排水がどこに向かうのか、ご存知でしょうか?

日常で、当たり前のように使用している水道の水は、雨や雪が川となって流れ、ダムに貯められた後に、浄水場へ届けられます。

浄水場は簡単に説明させていただきますと、浄水場は365日24時間、ダムに溜められている水を、汚れやゴミを取り除いて消毒し、安心して飲用として利用可能な水質を保つための施設です。

浄水場で綺麗にされた水は、市内に張り巡らされた水道管を通って皆様のご家庭に届けられるのです。

 

仙台市の場合は、仙台市水道局によって管理されている4つの浄水場が日々、みなさんのご家庭の水道に綺麗な水を送り続けております。

 

・茂庭浄水場

昭和53年に完成した、仙台市最大の浄水施設が、茂庭浄水場でございます。

若林区、宮城野区、太白区を中心に給水を行なっており、筒状の着水混薬井を囲む円形の外観は印象的で、近代水道百選に選定されております。

 

・国見浄水場

昭和40年に完成した、仙台市で2番目に大きい浄水場で、仙台市の中でも主要な地区である青葉区を中心に給水を行なっております。

 

・中原浄水場

大正12年に完成した、仙台市で最も歴史のある浄水場が中原浄水場でございます。この浄水場の完成によって大正12年3月、市内に初めて水道が供給されました。現在もまだまだ現役で、青葉区を中心に給水を行なっております。

 

・福岡浄水場

昭和58年に完成し、仙台市の4つの浄水場の中では最も新しいのが

福岡浄水場でございます。主に泉区に給水を行なっております。

このように普段何気なく、使用しているお風呂のシャワーや、トイレのお水などは、浄水場によって水道管を通って運ばれているおります。

 

しかし、どんなに注意して生活を送っていても、トイレのつまりや、洗面台、キッチンなどの日頃より頻繁にご利用になる水回りの箇所のトラブルは発生してしまうものです。

日頃の生活習慣(トイレに紙おむつやペットの排泄物など流してはいけないものを流していないか、など)を反省することも大事ですが、心当たりのない方は、起きるものはしょうがないと腹をくくることも時には大切でございます。

 

仙台市にお住いの方で、いざご自宅で水回りのトラブルが起きてしまった際には、仙台市指定給水装置工事事業者に施工をお願いしましょう。

こちらの指定を受けていない業者さんは、原則的に修理を行うことはできません。

指定を受けていない修理業者は、いわゆる悪徳業者と呼ばれるものが多く、費用を相場より多く出されてしまったりするので注意が必要です。

 

「じゃあ、どこの修理業者さんなら安心なの?」とお考えの仙台市にお住いの皆様。

それは、ズバリ、株式会社ライフサポートの運営する『水道救急センター』という修理業者でございます。

仙台市指定給水装置工事事業者なのはもちろんのこと、仙台市全域に対応することができ、作業実績も驚異の30万件以上、業界初のTポイントも貯まる水道修理業者さんです。

 

仙台市にお住いの方で、ご家庭のトイレがつまってしまった、洗面台の水が流れなくなっってしまった、などの水回りのトラブルが発生した際は、

お気軽に水道救急センターまでご連絡くださいませ。

 

迅速丁寧にあなたのご家庭の一大事を解決いたします。

台所のつまりの予防方法を徹底解説

第1章:台所のつまりの原因ってなんだ?

1:台所のつまりはご家庭の一大事!

2:台所・キッチンのつまりの原因は?

第二章:台所のつまりを予防する際に必要なこと

1:台所のはどのような構造をしているのか?

2:台所の排水溝が詰まる原因

3:もし万が一、台所が詰まってしまった場合には

 

第1章:台所のつまりの原因ってなんだ?

1:台所のつまりはご家庭の一大事!

ご家族でお住いの方や、一人暮らしの方、すべてのご家庭の食生活にとって重要な役割を持っている、台所。

台所がつまってしまって、水が流れない……。なんてことになってしまうと、料理もまともにできなくなってしまいます。

つまりによって水の流れが悪くなってしまうだけならまだしも、完全に排水管がつまってしまって、キッチンが水で溢れかえってしまうなんて状態になると、それ以上水を出すこともできませんし、自分で直すのも、水道の修理業者に頼むとしても、一苦労です。

なので、今回はこの場をお借りして、台所のつまりを予防する方法を解説させていただきます。

2:台所・キッチンのつまりの原因は?

台所は、料理を毎日する人や、そうでない人でも、ほとんどの人が毎日使うご家庭の重要な場所でございます。ですが、台所はトイレやお風呂、洗面台と同様、排水管を使って下水管に水を送っているため、トイレにトイレットペーパー以外のものを流してはいけないのと同様に、ご家庭の台所も注意して使わないと簡単につまってしまうのです。

台所のつまりの原因の多くはやはり、洗面台料理に使った食材の皮や、食べ残しでございます。料理を普段されない方でも、カップラーメンの残り汁を台所に流す方は多いと思いますが、食べ残しや食材の皮などは生ものですので、水道管の中でつまりを起こしてしまった時には、さらにそこで腐ってしまい、悪臭を放ってしまいますので、特に注意が必要です。

さらに、台所の排水溝やその先にある排水管や下水管は、長年使用していると油汚れなどが配管部分に蓄積してしまい、つまりを引き起こしてしまいます。稀に急に詰まる場合もございますが、多くの場合は水はけが悪くなったり、水が流れる際に異音がするようになるなど、徐々に流れが悪くなっていく悪くなっていくケースが多いので、ご家庭の台所の異変を感じたら、早めに対処することをお勧めいたします。

完全に詰まってしまい、水が流れない状態になってしまいますと、水漏れなどの二次災害を引き起こしてしまいますのでご注意ください。

2:台所の排水溝が詰まる原因

台所の¥がつまりを起こしてしまう原因は、簡単に上述いたしましたが、まとめると下記のものが主な原因です。

  • 油汚れ
  • 洗剤カスや石鹸の溶け残り
  • 食べ物のカス

ご家庭の台所が詰まった際の、ほとんどの原因は上記に挙げた三点ですので、もし、食べ残しや、食材の皮など(細かいものでも!)を流してしまっているなど心当たりのある方は、今後控えるようにしましょう。

中でも最も多い原因は油汚れです。料理に欠かせない油ですが、使用したフライパンなどを洗った際に油は水で分解されないため一定量は、は一睡館へと流れていってしまうのです。
油は粘度が非常に高く、水に溶けない物質で、排水溝や排水管にへばり付いてしまい、そこから他の溶け残りや洗剤カスなどを吸着し、最終的には、水をせき止めてしまうほどの塊になってしまうのです。

キッチン・台所部分では食器用洗剤を使用した食器などを洗うために用います。しかし、これらの洗剤も台所のつまりを引き起こす原因となってしまうのです。

洗剤カスや使用して小さくなった石鹸などは、使用後はしっかりと流すことが重要です。

また、カップラーメンの残り汁や食べかすなども、
細かいからといって流し続けると同じように蓄積してしまうので、注意が必要です。

第二章:台所のつまりを予防する際に必要なこと

1:台所のはどのような構造をしているのか?

台所の排水口は、台所を使用するたびに目にしている場所ですが、その内部の構造を知っている人は専門の業者でもない限り、ほんのわずかだと思います。

上記の画像は、台所の排水口周りの簡単な構造の図でございます。

台所のお掃除やお手入れをする際に、ごみ受けを取り外すので、何と無く想像できると思いますが、台所にもトイレ同様、下水管や排水管から匂いが上がってこないようにワントラップと呼ばれる、水の蓋で真空状態を作り出して、臭いが上がってこないようにしています。

ですが、トイレに比べて、台所はどうしても食材の破片や残飯などを受け止めるごみ受けが必要となってしまうため、トラップの部分は、比較的小さく、油や残飯などですぐに流れが悪くなってしまうのです。

その排水溝の下には、多くのご家庭の場合はS字トラップの排水管が設置されています。油などのゴミ受けをすり抜けてしまうような流動性の高いものは、排水管やさらにその先につながっている下水管で詰まってしまう可能性があるので、油汚れを洗い流す時には注意が必要です。

また、これは余談ですが、指輪やアクセサリーなどの小物を台所に落としてしまったなどのトラブルは、ご家庭で家事をしている方にとって付き物ですが、そういった場合は、このS字トラップの部分に取り付けてある掃除口が開閉することができるのでそこから、探してみると簡単に見つけられることが多いです。

ですが作業の際は、しっかりと止水栓を閉めた後に作業を行なってください!

2:台所のつまりの予防方法!

ご家庭の食生活を支える台所ですが、台所の水が流れなくなって、料理が作れない……なんてことが起きないためにも、できることからコツコツと予防法を試していくことが重要です。

特に台所のみづつまりは、日常的に継続して行なっている習慣からおこいてしまう場合が多いので、この機会に生活習慣を見直して台所のつまりを予防しましょう。

  • 極力食べかすを流さないこと!
  • 脂分は流さないように工夫すべし!
  • ネットを使って細かい汚れをキャッチする
  • 排水トラップのお手入れはこまめにすることが必要
  • 排水管をこまめに洗う

台所が詰まってしまうトラブルは、普段から流すものに注意すれば、ある程度は詰まりを予防することが可能でございます。
特に油や、脂分が流れることを極力防げばかなり大きな予防効果があります。

油以外の食材や食べ残しに関しては、ゴミ受けをこまめに手入れをして、しっかりと、流した残飯などが排水管の方へ落ちていかないように注意することが重要です。

ゴミ受け用のネットを使ったり、こまめに手入れをすることが重要でございます。最も簡単なお手入れ方法は、台所の使用後にお湯を10秒程度流すことです。溶け残りや流れ残りを防ぐ効果が期待できますし、簡単にすぐできるので、ぜひ実践してみてください。

3:もし万が一、台所が詰まってしまった場合には

台所が詰まりを起こしてしまうと、毎日の料理や生活に多大な不都合が生じてしまいます。

さらに上述いたしますが、台所の排水管が完全に詰まってしまい、水が流れないようになってしまうと、水漏れなどの二次災害を引き起こしてしまうため、早めに対処することが何よりも大切なのです。

この場をお借りして、ご家庭で簡単にできる台所のつまりの直し方をご紹介させていただきます。

1:ご家庭で簡単にできる台所の簡単な直し方。

台所のつまりの直し方は、今やインターネットを使用すれば、いくつかの方法を知ることができますが、今回はその中でも、効果的ないくつかの方法をご紹介いたします。

ご家庭でできる方法をご紹介いたしますが、決して無理はしないように心がけましょう。排水溝のワントラップ部分に詰まっている場合は、ゴミ受けを取り外して、掃除をすることで直せる場合も多いですが、排水管や、下水管の中でつまりを起こしている場合は、無理して直そうとしてしまうと、種逆に修理費用が上がってしまうということもありますので、注意してください。

⑴タオルとお湯を使った方法。

ラバーカップやワイヤーブラシなどの専用道具があれば意外と簡単に対応できてしまう場合も多い台所のつまりですが、それらの専用道具をお持ちのご家庭は近年そう多くはないと思います。

実はどんなご家庭にもあるもので試せる解消方法があるのでご紹介させていただきます。

それは、「タオルとお湯を使った方法」でございます。

一言で説明すれば、台所のシンクにお湯を溜めたのちに一気に流して、つまりの原因となっているものを流してしまう、という方法です。

具体的な手順を簡単に説明いたしますと、下記の通りになります。

  1. 排水トラップを外し、排水溝にタオルを詰める。(後で引き抜けるように端の方はシンクから出して置くようにしましょう)
  2. シンクの6〜7割程度を目安に、70度〜80度程度のお湯を溜めましょう(お湯の温度が高いほど、効果はありますが火傷には注意してください)
  3. 栓となっているタオルを引き抜き、お湯を一気に流し込む

こちらの「タオルとお湯を使った方法」を使えば、軽度なつまりや、つまりの初期状態の場合に解決でき可能性が高いです。

こちらの方法を用いて、詰まりが解消しましたら、仕上げに市販のパイプクリーナー系の薬品や重曹を使って、綺麗に洗浄することで、再発防止や予防の効果が期待できますので、ぜひセットでお試しください。

2:それでも直らない場合は、業者さんを呼びましょう。

「お湯とタオルを使った解消方法」を使ってもつまりが解消しない場合は、基本的には、業者さんに連絡してみることをお勧めいたします。

ペットボトルを使う方法や、ラバーカップ、重曹を使った方法など、インターネットで調べてみますと、様々な方法が取り上げられていますが、これらの方法は、台所のシンクや排水管そのものを傷つけてしまう可能性もありますし、「お湯とタオルを使った方法」で対処できなかったつまりに対して効果がある可能性もそこまで高くない為、

時間の節約のためにも、業者さんに連絡することをお勧めいたします。せっかくですので、業者さんに完璧に綺麗にしてもらって、安心して、台所を使えるようにした方がずっとお得だと思います。

トイレのつまりを予防する方法を徹底解説!

第一章:ご家庭の一大事!?トイレのつまり!!

1・トイレはなぜつまる?

  • トイレの詰まる原因TOP3
  • トイレに流して良いもの、ダメなもの

2・トイレの構造を理解しましょう

  • トイレの寿命は100年以上!?。
  • トイレは理にかなった構造をしています

 

第二章:トイレのつまり予防方法
1・まずはトイレの使い方を知ることが予防に!

2・つまり予防はトイレの掃除から!

3・万が一、つまってしまった時に

第一章:ご家庭の一大事!?トイレのつまり!!

一家に一台、必ずあると言っても過言ではないほど、私たちの生活にとって欠かせないものとなっている「トイレ」

一人が、一日に朝と夜の2回使用するとして、日本にて一般的な核家族(父・母・子・子の四人家族)の場合でも一日最低8回、年間で約3,000回、大掃除や、友人や親戚が遊びに来たさいを含めれば、それ以上の回数、ご家庭のトイレは、使用されております。

 

もし万が一、そのトイレが使えなくなってしまったら、どうなってしまうのでしょう?

ご家庭の水回りの代表格であるキッチンが一日使えなくても、現代の日本ではそれほど困ることもないと思いますが、トイレが使えなくなるというのは、ご家庭の一大事でございます。

 

軽度なつまりなどで、小一時間で直せる場合は大きな問題になりませんが、トイレのつまりのトラブルは、忙しい出勤前の早朝の時間、いつも通りにトイレに入って用を足したら、水が流れない……など、厄介なことに気がついた時には、トラブルに発展してしまっている場合が多いのです。

 

今回、この場をお借りしまして、トイレのつまりが起きてしまうメカニズムと、

トイレのつまりを起こさないために心がける予防方法をご紹介いたします!

 

1・トイレはなぜつまる?

世の中に無数に存在しているトイレですが、

その中でも特に、ご自宅のトイレに対して、何らかしらの安心感を覚える方は多いのではないでしょうか?

 

余談ですが、人は元来、四方を壁に囲まれており外敵から身を守りやすい空間に対して、安心感を覚えるそうです。

さらに人間とは社会的な生物ですので、日々対人関係を余儀されていますが、トイレという場に関しては、いわゆるパーソナルスペース(個人差はあるが、おおよそ自分の半径1メートル以内)に他者のいない環境というのも現代社会では珍しく、そのためトイレに安心感を覚える方は多いのではないでしょうか?

それが、ご自宅のトイレという見知った場所であれば、なおのことその空間は特別なものになるのです。

 

話が大幅にそれましたが、日常生活を送る上で、非常に重要な役割を持っているトイレですが、そのトイレをいざ使おうと思った際に水が流れないというストレスは想像を絶します。

 

ご自宅にいるのに、わざわざ近所のコンビニまでトイレを借りに行かなければならなくなってしまいます。

そんなことにならないために、トイレがつまりを起こしてしまう原因を正しく理解した上で、トイレのつまりを予防するように心がけましょう。

 

  • トイレのつまる原因TOP3

トイレのつまりをざっくりと分別すると、

・流してはいけないものを流してしまった場合。

・長年の使用による劣化してしまっている場合。

・水道管など、ご家庭の水回り全てに関わる部分に問題がある場合。

上記の3つに分類することができます。

築30年を超えるような賃貸マンションやアパート、戸建て物件にお住みの場合を除くと、トイレのつまりの原因となるのは、ほぼ100%の確率で「流してはいけないものを流してしまった」というケースが多いのです。

 

後ほど詳しくお話しいたしますが、トイレの便器自体は100年以上の

耐久性があり、半永久的に使用することが可能なのです。

そのため、経年劣化と言いましても相当、築年数が経過している物件の

場合が多く、その他のケースですと、トイレから下水道へと生活排水を流す

排水管は地面に埋まっていることが多いのですが、庭の植物の根が、排水管

を貫いてしまい、水の流れをせき止めてしまう。なんていう事例もあるの

です。

そんなケースは、とても稀なものです、そのため逆に考えれば、

原因の殆どを占める「流してはいけないものを流してしまう」ということ

さえ気をつけていれば、充分トイレのつまりを予防することができます。

下記の項目で、トイレに流していいものと、そうでないものをまとめます

のでご確認ください。

  • トイレに流して良いもの、ダメなもの

トイレのつまりは、トイレのトラブルで最も頻繁に起こるトラブルでございます。基本的にトイレに流していいものはトイレットペーパーと排泄物のみでございます。

 

トイレットペーパーが無い、という時にティッシュペーパーを代用品にして使用する方も多いと思いますが、トイレットペーパーはトイレに流すことを前提にして作られており、トイレの排水管や下水管のつまりを防ぐために、水に溶けやすいように作られております。

トイレットペーパーに比べてティッシュペーパーやウェットシートは水に溶けにくく、トイレの配管の中で詰まってしまうのです。

また、近年「水に流せること」を謳い文句にしたお掃除用ペーパーなども、比較的水に流しやすいものの、やはりトイレットペーパーに比べて水に溶ける性質は弱く、これが原因となってトイレのつまりを引き起こすということも増加しております。

 

また、赤ちゃん用の紙おむつや、ペットの排泄物(室内飼育のペットのトイレ用の砂などを含めて)などが原因となってトイレのつまりが発生するケースも多いのです。

これらは、意識せずに日常的に流してしまっているご家庭も多いのでは無いでしょうか?

ですが、紙おむつや、ペット用の砂は、その製品の性質上、吸水性や耐水性に優れているものが多いため、それらをトイレに流すのは非常に危険な行為と言えます。

さらにペットの排泄物には、ヒトの排泄物とは異なり大量の体毛が含まれているため、水に溶けづらく、配管に詰まりやすい傾向がありますので、

心当たりがある方はすぐに控えるようにしましょう。

 

2・トイレの構造を理解しましょう

トイレは日常生活を送る上で必要不可欠でございます、皆さんもほぼ毎日ご家庭のトイレをご利用されていると思いますが、トイレがいったいどのような仕組みで水を流し、清潔な状態を保っているのかご存知の方はスクなにのでは無いでしょうか?

  • トイレの寿命は100年以上!?。

トイレと言えば、まず真っ先に思い浮かべるのは便器部分だと思います。

一般的なご家庭のトイレの便器は陶器で作られているため、とても頑丈で、ヒビが入ってしまう、何らかの強い衝撃を与えてしまった拍子に破損してしまう等、それ以外のケースではまず交換の必要はありません。

大事にご利用されていれば、50年〜100年以上にわたって半永久的にご利用することも可能なのです。

トイレの便器の交換は、便器自体の汚れが、落ちづらくなってしまっていたり、便器自体が変色してしまった場合に行うことが一般的でございます。

 

  • トイレは理にかなった構造をしています

トイレはとても理にかなった構造をしおりますが、その構造は一見複雑そうに見えますが、実はシンプルな仕組みでできているって知っていましたか?

一昔前に一般的だった、汲み取り式トイレ(所謂、ボットン便所)田舎に帰った時や、少し古めのキャンプ場などには今でも併設されていますが、やっぱり匂いや汚れがきになる……という方も多いでしょう。

排泄物をトイレから流すという根本的な仕組みはご家庭の水洗式トイレと同じものですが、ご家庭のトイレは汲み取り式トイレのように、匂いがすることってありません。

その理由は、トイレの内部の構造にあるのです。

 

こちらの画像は、トイレの断面図になりますが、このようにS字のカーブを描いております。

これが「水蓋」という仕組みで、排水路の先につながる下水管から登ってきてしまう匂いをブロックする役割を持っているのです。

 

常に水を貯め、トイレを使用するたびに新しい水に変えることを繰り返すことによって、清潔な状態を保っているのですが、このような構造をしているため、水に溶けにくいものを流してしまうと、水の勢いを止めてしまい、トイレのつまりを引き起こしてしまうのです。

 

第二章:トイレのつまり予防方法

トイレの構造は意外とシンプルで、水に溶けにくいものを流すことによってトイレのつまりが起きてしまうということは、わかっていただけたと思います。
1・まずはトイレの使い方を知ることが予防に!

トイレのつまりは、日常の安全を揺るがす大事件でございます。

トイレのトラブルを未然に予防するために、正しいトイレの使い道を確認しましょう。

 

POINT 1 トイレに流せるのは、トイレットペーパーだけ!

ご家庭のトイレに流して良いものは、トイレットペーパーのみです。

紙おむつや、ペットのトイレの砂などを流してしまっている方はすぐに控えるようにしましょう。

ただし、トイレットペーパーでも、一度に大量の量を流してしまうとつまりの原因となりますので、お掃除の際などにはご注意ください。

 

POINT 2 「流せる」と記載のある商品でも、流してはダメ!

「流せる」と記載のある、お掃除シートなどが最近販売されていますが、

これらも、トイレットペーパーに比べて、詰まりやすいので、ご注意ください。
2・つまり予防はトイレの掃除から!

ここまでこの記事を読んでいただけた方で、わざわざ固形物やつまりを起こしてしまうものをトイレに流そうとする人はいらっしゃらないと思いますが、

トイレのつまりの原因として、以外にも多いのが、トイレに置いてある置物などの固形物が詰まっているパターンです。

特に一人暮らしの方などで、ユニットバスに併設されているトイレをご利用されている方は注意が必要で、化粧品や、髭剃りなどがふとした時に、便器内に落ちてしまい、そのまま気づかず流してしまう。

ということも、往々にしてあり得るのです。

 

日頃から、トイレの周りを清潔にしておくことで、こういった意図しない事態も予防することが可能です。

 

3万が一、つまってしまった時に

日頃から、トイレつまりの予防に気を使ってしまっていても、様々な要因でトイレが詰まってしまうこともあります。

そんな際は、無理に自分で直そうとせずに、専門の修理業者にお願いすることをお勧めいたします。

 

トイレの仕組みを理解して、トイレのトラブルを未然に防ぐ方法!

第1章:トイレの仕組みを理解しましょう。

1:トイレの仕組み〜タンク編〜

2:トイレの仕組み〜便器編〜

3:トイレの仕組み〜その他編〜

 

第2章:トイレのトラブルを予防するには?

1:トイレのトラブルの原因

2:トイレのつまりの予防方法

3:万が一のトイレのトラブルの時には!

 

 

第1章:トイレの仕組みを理解しましょう。

台所はご家庭の食生活を、洗面台やバスルームは、ご自身の身の回りを清潔に保つためにご家庭にとって必要不可欠な設備ですが、それ以上にトイレは重要な設備出あると思います。

台所や洗面台が1日使えなくても、何らかの形で代用できることは多いですが、ご家庭のトイレが使えないとなると、寝る前にわざわざ外に出てお近くのコンビニまでトイレを借りにいったりしなくてはならないなど、想像するだけでも大変な事態でございます。

正直、トイレが流れなくなるなどのトラブルはそれほど頻繁に起きるものではございませんので、普段から意識している方はいらっしゃらないと思いますが、万が一、トイレが何らかの理由で使えなくなってしまうと、大変なことになってしまうということは覚えていてください。

トイレのトラブルと聞いて、トイレの水漏れや、トイレのつまりなどを思い浮かべる方は多いとは思います。

ですが、トイレのトラブルは、上記の二つ以外にも

・水が流れない

・水を流すたびにゴボゴボと異音がする

・水を流すたびに、悪臭がする

など、多岐に渡ります。

今回は、この場をお借りして、トイレのトラブルが発生してしまう原因と、簡単にですが予防方法や対処方法を解説させていただきます。

トイレの仕組みを理解しておくことによって、トイレのトラブルがなぜ起きてしまうのか、そしてトイレのトラブルはどのように予防することができるのかを知ることができますので、ご覧いただき普段の日常生活に活かしていただけましたら幸いでございます。

1:トイレの仕組み〜タンク編〜

トイレと聞いて、まず真っ先に思い浮かべるのはトイレの本体、つまり便器の部分ですが、便器部分と並んで重要なのがこちらのトイレタンクです。

ご家庭のトイレタンクの蓋を開けて中をのぞいてみると、わかりますが、トイレタンクは、いろいろな部品やパーツがついており見かけの割にはかなりごちゃごちゃしております。

ですが、無駄なものは何一つとしてなく、それぞれ一つ一つが必要不可欠な部品なのです。

トイレの水漏れや、トイレのつまりは、こういった一つ一つの部品が劣化してしまうことで起きることも多いので、時々でいいので、掃除の際に様子を見ていると良いでしょう。

トイレタンクの役割を簡単に説明いたしますと、トイレを使用した後に流す水を貯めておく役割を持っています。

タンク内の水は、浮き玉によってその推移を図り、水を貯めた後に、ハンドルレバーに応じて水を流すという仕組みになっています。

 

近年、トイレのタンク内に水を入れたペットボトルなどの重石を入れて推移を底上げすることで節水する方が増えているそうですが、こちらの方法は確かに節水にはなりますが、そのぶん一回に流せる水の量が少なくなり、排泄物やトイレットペーパーをしっかりと流せなくなってしまうために、つまりを起こす原因となってしまいます。

 

トイレに流す水を節水したところで、そこまで水道料金に影響はありませんし、トイレにトラブルが起きて修理業者を呼ぶことになるとさらに費用がかかってしまいますので、控えることをお勧めいたします。

 

2:トイレの仕組み〜便器編〜

次にトイレの本体部分である便器の構造です。

トイレはとても理にかなった構造をしおりますが、その構造は一見複雑そうに見えます。

一昔前に一般的だった、汲み取り式トイレ(所謂、ボットン便所)田舎に帰った時や、少し古めのキャンプ場などには今でも併設されていますが、やっぱり匂いや汚れがきになる……という方も多いでしょう。

排泄物をトイレから流すという根本的な仕組みはご家庭の水洗式トイレと同じものですが、ご家庭のトイレは汲み取り式トイレのように、匂いがすることってありません。

その理由は、トイレの内部の構造にあるのです。

 

こちらの画像は、トイレの断面図になりますが、このようにS字のカーブを描いております。

これが「水蓋」という仕組みで、排水路の先につながる下水管から登ってきてしまう匂いをブロックする役割を持っているのです。

 

トイレタンクに常に水を貯め、トイレを使用するたびに新しい水に変えることを繰り返すことによって、清潔な状態を保っているのですが、このような構造をしているため、水に溶けにくいものを流してしまうと、水の勢いを止めてしまい、トイレのトラブルを引き起こしてしまうのです。

 

3:トイレの仕組み〜その他編〜

・止水栓

トイレは、タンクに水を溜めたのちに、便器から排水管まで排泄物を流すために、常に水を流せるようになっています。

そのため、とご家庭の場合は、トイレの裏側や、壁部分に止水栓が設置されております。

トイレのトラブルが発生し、ご自分で修理を試みる場合には、まずは止水栓を止めることを忘れないでください。

止水栓を閉めないまま、作業を行ってしまうと、最悪の場合トイレタンクから水が溢れ出し、トイレの床がダメになってしまうなんてことにもなりかねませんのでご注意くださいませ。

 

・トイレのレバーの仕組み

トイレのレバーを捻れば、水が流れる。ということは子供でも知っていることですが、その仕組みを知っている人は少ないと思います。

同じトイレを長年使用していると錆や老化によってレバーが効かなくなってしまい水が流れなくなるということもございますので、理解しておいて損はないでしょう。

 

トイレのレバーは、トイレタンク内部の底でタンクの水が流れないよう蓋をしているフロート弁に繋がっており、レバーを捻ることによって、フロート弁が持ち上がり水が流れるというような構造になっております。

レバーが動かなくなったり、戻らなくなったりするのは、ほとんどがレバーの芯棒のサビや老化が原因ですので、もしトイレのレバーの反応が悪くなった際には、チェックしてみると良いでしょう。

 

第2章:トイレのトラブルを予防するには?

1:トイレのトラブルの原因

トイレのトラブルをざっくりと分別すると、

・流してはいけないものを流してしまった場合。

・長年の使用による劣化してしまっている場合。

・水道管など、ご家庭の水回り全てに関わる部分に問題がある場合。

上記の3つに分類することができます。

築30年を超えるような賃貸マンションやアパート、戸建て物件にお住みの場合を除くと、トイレのトラブルの原因となるのは、ほぼ100%の確率で「流してはいけないものを流してしまった」というケースが多いのです。

 

後ほど詳しくお話しいたしますが、トイレの便器自体は100年以上の耐久性があり、半永久的に使用することが可能なのです。そのため、経年劣化と言いましても相当、築年数が経過している物件の場合が多く、その他のケースですと、トイレから下水道へと生活排水を流す排水管は地面に埋まっていることが多いのですが、庭の植物の根が、排水管を貫いてしまい、水の流れをせき止めてしまう。なんていう事例もあるのです。

そんなケースは、とても稀なものです、そのため逆に考えれば、原因の殆どを占める「流してはいけないものを流してしまう」ということさえ気をつけていれば、充分トイレのトラブルを予防することができます。

 

2:トイレのつまりの予防方法

トイレのつまりは、トイレのトラブルで最も頻繁に起こるトラブルでございます。基本的にトイレに流していいものはトイレットペーパーと排泄物のみでございます。

 

トイレットペーパーが無い、という時にティッシュペーパーを代用品にして使用する方も多いと思いますが、トイレットペーパーはトイレに流すことを前提にして作られており、トイレの排水管や下水管のつまりを防ぐために、水に溶けやすいように作られております。

トイレットペーパーに比べてティッシュペーパーやウェットシートは水に溶けにくく、トイレの配管の中で詰まってしまうのです。

また、近年「水に流せること」を謳い文句にしたお掃除用ペーパーなども、比較的水に流しやすいものの、やはりトイレットペーパーに比べて水に溶ける性質は弱く、これが原因となってトイレのつまりを引き起こすということも増加しております。

 

また、赤ちゃん用の紙おむつや、ペットの排泄物(室内飼育のペットのトイレ用の砂などを含めて)などが原因となってトイレのつまりが発生するケースも多いのです。

これらは、意識せずに日常的に流してしまっているご家庭も多いのでは無いでしょうか?

ですが、紙おむつや、ペット用の砂は、その製品の性質上、吸水性や耐水性に優れているものが多いため、それらをトイレに流すのは非常に危険な行為と言えます。

さらにペットの排泄物には、ヒトの排泄物とは異なり大量の体毛が含まれているため、水に溶けづらく、配管に詰まりやすい傾向がありますので、

心当たりがある方はすぐに控えるようにしましょう。

 

3:万が一のトイレのトラブルの時には!

これまでのお話を簡単にまとめさせていただきますと、

・トイレにはトイレットペーパー以外のものは流さない

・節水目的で、トイレタンクに重石を入れるのは控える

この2点をしっかり守って入れば、経年劣化や、強い衝撃でトイレが破損してしまった場合などをのぞいて多くのトイレのトラブルを予防することができるでしょう。

ですが、日頃から、トイレつまりの予防に気を使ってしまっていても、様々な要因でトイレが詰まってしまうこともあります。

そんな際は、無理に自分で直そうとせずに、専門の修理業者にお願いすることをお勧めいたします。

ご自分で無理してトイレを直そうとしてしまいますと、トイレの内部分に傷をつけてしまったり、詰まっていたものをさらに奥に押し込んでしまったりなどで、状況を悪化させてしまい、修理費用がさらにかさんでしまうなんてことも多いので、トイレの水漏れや詰まりなどのトラブルが発生してしまった場合には、迷わず修理業者に相談することをお勧めいたします。

トイレを自分で修理する方法と予防対策

トイレを自分で修理する方法と予防対策

第一章:トイレの修理の予防と解決法

  • 意外に多い!?トイレのトラブル一覧。
  • 修理が必要な状態の見分け方。

第二章:必見!トイレ修理の予備知識

  • トイレ修理はプロにが、基本原則!
  • トイレ修理の費用って大体いくら?

まとめ

 

 

第一章:トイレの修理の予防と解決法

 

  • 意外に多い!?トイレのトラブル一覧。

普段何気なく使用しているトイレですが、もし急に水が流れなくなったり、配管部分から水が漏れ水浸しになっていたらどうしますか?

程度によっては、自分で直すことを考える方が多いと思います。

トイレなどの水回りの修理は、費用が高いというイメージがありますし、本当に軽度なものであればご家庭での修理も可能なので、まずは自分で修理を、と考えることは決して悪いことではございません。

ですが、トイレ修理は意外にも難しい、ということはご存知でしょうか?

トイレ修理の方法は、原因によって処置方法を変える必要があり、素人の方が無理に直そうとすると、かえって事態を悪化させてしまう、ということも少なくないのです。

それに、トイレの不具合が一見直ったように見えても、完全に解消されていないというケースも多数あります。

トイレのつまりや配管からの水漏れは、不具合を見つけた時にすぐに修理業社さんに見てもらい完璧に直してもらうことが、長い目で見れば時間も費用もお得なのです。

一般的に起きやすいトイレのトラブルは以下の通り。

・トイレのつまり

・配管詰まり

・トイレの水漏れ

・タンクの不具合

・給水管の不具合

こういったトイレの不具合を発見した場合は、焦らず業者さんに相談してみルことをお勧めいたします。

 

  • 修理が必要な状態の見分け方。

よく起こるトイレの不具合を上記に記載しました。

この中で基本的にご家庭で対処可能なのは、トイレが詰まっている場合のみでございます。

更に言えば、トイレに詰まっているものが、トイレットペーパーなどの紙類だと断定できる場合のみでございます。

それ以外のトイレのトラブルは、知見のない方が無理やり直そうとすると、

事態を悪化させてしまう可能性が高いので、基本的には業者さんを頼りましょう。

第二章:必見!トイレ修理の予備知識

  • トイレ修理はプロにが、基本原則!

流れる水の量が少ないために詰まりを起こすこともあります。たとえば、大をしたにも関わらず、小のレバーで流そうとすると、水量が足りなくて流れず、詰まってしまうこともあるのです。

・ラバーカップ 1,000円前後

・パイプブラシ 1,500円前後

・重層 200円前後

・その他部品代 500~5,000円(必要な部品によっては、5,000円以上かかる場合もあります)

自分で修理をする場合には、安ければ3,000円前後でできますので、原因がはっきりしている場合や、素人でも修理できる内容のものであれば、DIYも可能です。

しかし、専門知識がない人がやろうとすると、水漏れなどの原因の特定や修理にも、かなりの時間がかかります。水漏れの程度にもよりますが、簡単そうに見えて、かなり面倒だった、時間ばかりかかって、結局、直すことができなかった、トイレの構造や原因がわからないまま作業を進めてしまい、よけいに状況を悪化させてしまったというケースも少なくありません。

どちらにしろ費用がかかるのであれば、時間や労力を無駄にせず、確実に直してもらえるプロに任せたほうが安心です。

  • ご家庭で対応する場合のテクニック!

1:まずはトイレの構造を理解するべし!

現在、日本に流通しているトイレはS字トラップと呼ばれる構造になっていることが一般的でございます。

S字トラップとは、画像のような水を流すとタンク内の水が便器に流れていき、その水流と勢いを利用して配管の奥まで流し込む構造のことを指します。トイレのつまりの多くは、このS字トラップ部分に、トイレットペーパーや、異物などが詰まってしまって起こることが多いのです。

ではなぜ、S字の様な造りになっているかきになる方も多いことでしょう。

S字部分で詰まりやすいなら、そんな構造にしなければいいと思う方もいるかも知れない。

安心してください、S字トラップの様な造りをしているにはもちろん理由があるのです。S字部分で詰まりやすいなら、そんな構造にしなければいいと思う方もいるかも知れない。

トイレにも便器の下には排水管が通っていて、汚物やトイレットペーパーを流すとその排水管まで運ばれて、最終的には屋外の枡まで流れていく仕組みです。しかし、その排水管は常に水で浸されている訳ではなく、トイレを流した時は一時水で浸されることになりますが、使っていない時は真空状態になってしまいます。そして真空状態の排水管には虫が発生してしまうのです。

そして、真空状態になった排水管を通って虫が部屋にまで上がってきてしまうということが起こります。そこで、重要になるのがS字トラップなのです。Sの形をしていれば水が完全に流れていかない仕組みをつくる事ができ、S字になることで流れきれなかった水(封水と呼ばれる)がフタの役割をすることで、この部分が水回りには非常に重要で虫や悪臭を防ぐ役割を持つのです。

因みにこのS字トラップはトイレだけではなく台所や洗面所にも使われている技術なので、この構造をしっかり覚えておくと、水回りのトラブルを解決する際に何かと便利です。

2:トイレの故障の原因を知るべし!

トイレのトラブルの解決方法は、トイレのトラブルの原因によって様々でございます。

トイレのつまりや、トイレの水漏れなどの一般的なトラブルだけに限ってみても、何が詰まってしまっているのか、どこに詰まってしまっているのか、どこから水漏れを起こしているのか、そして自分で対処して良い問題なのか、専門の業者さんを読んだ方が良い問題なのか、などその原因となっているものや箇所によって修理の方法は全く異なってしまうのです。

まずはトイレのトラブルの状況の把握と原因の特定を念密に行った上で、自分でできる場合はご家庭で対処を、そして少しでも不安がある際は、専門の業者さんに修理を依頼しましょう。

ちなみに、トイレの詰まる原因のみに限って言っても、

  • トイレットペーパーや便がS字クランクに詰まってしまう。
  • ティッシュペーパーやお尻拭き、クリーニングペーパーやおもちゃなど、
  • 本来、トイレに流さないものを流してしまった時。
  • 節水目的で、便を小のレバーで流していたり、排水タンクにペットボトルを入れるなどの節約術を行なっている。
  • 築年数が古く、経年利用によって、尿石がこびりつき排水管が細くなってしまう。

このように多くの原因が見受けられますので、まずはトイレのことをよく知ることが必要です。

 

3:トイレをご自分で修理する際の心得!

1、まずは落ち着くこと!

毎日使用するご家庭のトイレですが、よほど間違った使用方法で利用していなければ、頻繁にトイレがトラブルを起こすということはあり得ません。

そのため、いざトイレでトラブルが発生し、例えばトイレから水が溢れ出てしまった時など、パニックに陥ってしまう方も多いのです。

トイレが詰まってしまった時、まずは一度落ち着いて行動するように心がけましょう。

2、修理のためにも、問題の原因を正しく見極めること

最初の方でも、記しましたがトイレのトラブルを起こしてしまう原因は、様々でございます。しかし素人の方が間違った方法で解決しようとしてしまうと、場合によっては、配管に傷をつけたり、詰まっていたものを奥へ押し込んでしまったりなど、事態を悪化させてしまうことも往往にしてあるのです。

トイレがなぜ詰まっているのかを、しっかりと見極め、自分で対処できる問題なのか、業者に頼んだ方が良い問題なのかをしっかりと判断してから、最良の選択を取りましょう。

3、業者に頼むことを、第一に考えましょう。

現在、トイレ修理方法として、様々な方法がインターネット上に記載されていますが、はっきり言ってしまうと最初からプロに任せることをお勧めいたします。

状況を悪化させてしまい、余計に料金が上がってしまったり、一時的に問題が解決したように見えても、根本的な問題が解決しておらず、すぐにまた詰まりを起こしてしまい、余計な手間がかかってしまうことが非常に多いのです。

一見自分で解決することが、コストも手間もかからないと思われがちですが、

長い目で見ると、プロの業者にお任せし、それを機会に一度問題を全て解決していただいた方が良い、良いうケースも多いのです。

 

1:トイレのトラブル時の修理法は、原因によって変わる?

トイレトラブルが起きてしまうと誰もが焦ってしまいますが、自分で解消するかまたは業者に依頼するかどちらにするにせよ、原因をまず考えてから対処をしていくといいでしょう。

トイレのトラブルの代表格である「トイレのつまり」原因になるものとしては、大まかに三つあります。ペーパー類などの紙のつまりです。トイレットペーパーはトイレに流しても大丈夫な用紙ですが、小さな子供のいる家庭だとおもちゃ代わりにしてたくさん流してしまう事があります。水溶性のペーパーであっても、当然ながら大量のペーパーを一気に流そうとしてもそれが出来ずに詰まってしまう事があります。トイレットペーパー以外にも通常のティッシュペーパーを流す人もいたりしますが、同じような紙に見えて全く違いますから、つまりの原因になりやすいので絶対にやめましょう。

最近よく見かける掃除用のペーパーも、水に流れると書いてあっても大量に流すと同様につまりやすくなりますので、ゴミ箱代わりに大量に流すのはよくありません。その他にも、便の量がいつもより多かったりする場合でも流れにくくなりますが、その時にはペーパーもたくさん使っていることも多いので、トイレつまりの原因としては全体的に流す量が一時的に増えてしまったと考えてもいいでしょう。

それ以外にも多い原因としては、異物を流してしまったということも意外と多いのです。

トイレに小さな置物を置いていて、何らかの拍子に便器内に落ちてしまっていたり、生理用品や紙おむつなどを流してしまった、といったことも少なくありません。

後半の方で、詳しいチェックポイントを解説させていただきますが、自分で対処することを考えるときは原因の究明が何よりも重要でございます。

 

2:自信がないならプロに頼みましょう!

繰り返しになってしまいますが、重要なことですのでしっかりと理解していただきたいと思います。

昨今、トイレをつまりを自分で解決する方法として、ラバーカップやお湯を使った方法がインターネットサイトで多く取り上げられております。

しかし、逆説的に考えて見ると、本当にそれで問題が解決するのであれば、トイレのトラブルを解決するための職業(業者)なんて必要ないとは思いませんか?

現在、水回りの緊急修理サービスに限って見ても、約2,000億円の市場規模を持ち、それだけ多くの企業・業者さんが日々必要とされております。

節約や手間のかからない、自分で解決する方法を試して見ることが悪いこととは言いませんが、「餅は餅屋」というようにプロにはプロである理由があるのです。

・圧倒的な経験値

先ほど市場規模約2,000億円というお話をさせていただきましたが、プロの業者は、日々その金額に見合った数の水回りのトラブルを解決していることになります。ご家庭にとっては数年間に一度起こるか起きないかのトイレのトラブルですが、プロの業者達は、ほぼ毎日そういったトラブルと向き合い経験値を蓄積しているのです。

第1章で、トイレが詰まっている原因を理解した上で、対処方法を選択することが重要というお話をしましたが、正直に言って、私たち素人にトイレのつまりの原因を正確に把握することは不可能です。

レバーをひねった際の水の流れ方や、その際の音などで、症状・状態を予測することはできても、予測はあくまでも予測ということを覚えておいてください。

ご家庭のトイレが詰まってしまった時は、まずは日々経験を積んだプロの業者にお任せしましょう。

トイレの前で、原因を考えて頭をひねったり、つまり解消のためにトイレで奮闘している間に業者さんが駆けつけてパパっと解決していただけます。

・プロは道具も一流

経験と並び、もう一つのプロフェッショナルがプロフェッショナルである所以は、「作業道具」でございます。

トイレのつまりを自分で解決する場合、よく用いられるのは「バケツ」や、「ラバーカップ」などのホームセンターで買えるものですが、プロの使う道具は、使う業者さんの腕ももちろんですが、ご家庭の機材とはそもそもの清野が異なります。

・強アルカリ性薬品・ラバーカップ・ローポンプ・ハイスパット・ワイヤーブラシ・高圧洗浄機などなど

プロの業者さんは様々な道具を駆使して、トイレのつまりをはじめとした水回りのトラブルをを解消するのです。

  • :原因別トイレのトラブルの解消法

1:決して無理はしないこと!!

鉄則として、ご家庭のトイレの詰まった時は必ず一度は業者さんに相談しましょう。しかし、すぐに家を出ないといけない、業者さんを待っている時間がどうしても確保できない場合に限り、一時的な措置としてご家庭でできるトイレのつまりの解消法をご紹介させていただきます。

ですが、決して無理はせずに、「とりあえず、やってみよう」は状況を悪化させてしまう可能性があることも理解した上で、慎重に行ってください。

2:トイレのトラブルの原因の判別方法

全てのトイレのトラブルに関して、この記事のみで記載することはさすがにでき兼ねますので、最もポピュラーなトイレのトラブルである「トイレのつまり」に関して自分でできる原因の判別方法を解説いたします。

トイレが詰まりを起こす原因は、十中八九何かが配管に詰まってしまったことです。ですので、トイレのつまりの解消法を検討する際は、

「何が、トイレのどこに詰まっているのかを把握すること」が何よりも重要なのです。

それを把握するための重要なポイントは以下の3点

・いつから症状が現れているか?

・何を流したか?

・頻繁に詰まりが起こるか?否か?

この3点を考えることで、原因を特定していきます。

 

・いつから症状が現れているか?

トイレの詰まりには必ず原因が有るはずです。何時からその症状が出たか把握することで便器に問題が起きているのか、排水管に問題が起きているのかが判断できます。下記に症状の例を記しましたので、ぜひご確認ください。

  • 前触れなく急にトイレつまりが発生した。
  • トイレが詰まる前にゴボゴボ異音がした。
  • 流れ方が少し前からおかしかった。

前触れなく急にトイレつまりが発生した場合は便器に問題が起きている可能性が高いです。逆に少し前から流れ方がおかしかったり、少し前からゴボゴボ異音がしていたりすれば、便器以外の問題かもしれません。

・何を流したか?

何と言っても、何が詰まっているかの原因特定が重要です。

今一度、トイレットペーパーや便以外に何かを流してしまっていないかを思い返してみましょう。

・ティッシュペーパー・お掃除シート・赤ちゃんのお尻拭き・流せる紙・生理用品・紙おむつ等が主な原因となっていることが多いです。

思い当たる節がない、という方はトイレットペーパーを大量に流してしまっていないかを確認してみてください。

もし、原因が100%紙類が詰まってしまっていると断定できた場合に限り、お湯やラバーカップを使った方法を試してみてください。

お湯やラバーカップを使った方法は、簡単に言えば詰まっているものを、ふやかして流れやすい状態にしたり、真空状態を作って強力な力でひき上げることで、つまりを解消し水を流せる状況にする解消方法でございます。

そのため万が一にも、紙類以外の可能性がある場合、例えば、お子さんのおもちゃや、トイレに置いてあった置物などの可能性がある場合は、無理にこれらの方法を試してしまうと、トイレの奥の方に異物を押し込んでしまったり、異物の形状によっては、トイレの内部やその先の配管に傷をつけてしまったりと、状況が悪化してしまう可能性が高いので、少しでも紙類以外を流してしまった可能性がある場合は、自分で解消することは控え、業者様に相談しましょう。

 

・頻繁に詰まりが起こるか?否か?

今回だけ発生したトイレつまりでしたら問題はないのですが、頻繁にトイレつまりが発生する場合、何か問題が有る可能性が高いです。例えば、トイレつまりが解消したと思っていたら2,3日でまたトイレつまりが起こるケースです。そんな時に多いのが、ボールペンが出てきたり、何故か割りばしや注射器などが出てきたりします。こういった細いものは、水を通しますので全く詰まっているようには思えません。

2,3日トイレットペーパーなどを流すことで異物に引っ掛かりまた詰りが発生するという原因が多いです。このケースも業者に依頼した方が得策でしょう。

・いつから症状が現れているか?

・何を流したか?

・頻繁に詰まりが起こるか?否か?

これら3点の確認が完了したら、次のステップです。

次に、トイレのつまりがどの程度の状態なのかを把握していきます。

トイレにゆっくり水を流してみましょう。勢いよく水を流してしまうと、便器から水が溢れ出てしまい大変なことになる恐れがありますので、慎重に少しづつ水を流してください。

便器の半分くらいまで、水を貯めましたら、便器から水がなくなるまで、水の引き方を確認してください。

  • 時間をかけてゆっくり水が引く
  • 水が全く引かない
  • 水が上がってスーッと引く

おそらく上記の3点のいずれかに該当すると思います。

・時間をかけてゆっくり水が引く場合

このケースの場合は、トイレットペーパーなどの水を通すものが原因でつまりを起こしている場合が多いです。

しかし、万が一にも紙類以外が詰まっていた場合、お湯を使ったり、ラバーカップを用いて、異物を奥へと押し込んでしまうと、状況が悪化し費用も高くなってしまうため、

詰まっているものが紙類だと断定できない場合は、ご自分で対処するのは控えましょう。

 

・水が全く引かない場合

水が全く流れないケースは流した物により、対応は全く違うものになります。水を吸って膨らむオムツや生理用品に多いですが、紙類をたくさん流しても起こる場合がありますので、その場合、ラバーカップなどを試してみることです。オムツやタオルなど、溶けないものを流したと分かっている場合は、押し流すと悪化させてしまいますので、2~3回、ラバーカップで解消しない場合は無理をせずに業者さんに連絡しましょう。

 

・水が上がってスーッと引く

水が上がってスーッと引くケースの場合のほとんどが、異物を流したことがトイレつまりの原因となっています。スマートフォンや、小さい置物、おもちゃなどを落としてしまった場合に、排水口を半分位塞ぐことで、水の処理能力も半分以下になってしまいます。その結果水が上がってスーッと引くような状態になります。このトラブルは便器を外さないといけませんので、下手に手を出さずに業者さんに相談してください。

 

  • トイレ修理の費用って大体いくら?

自分で修理をするときにも、必要な道具や部品の購入にお金がかかります。自分でトイレの水漏れを修理する場合にかかる費用は、次の通りです。

トイレの水漏れなどを業者に依頼した場合、作業料金に加えて、基本料金、出張費がかかります。そのほか、修理の内容によっては、交換部品代、廃材諸経費、特殊作業費、深夜・早朝料金などがかかる場合も。 費用で業者を比較するときには、修理にかかる総額をまとめた上で、比較・検討するようにしましょう。
以下に、トイレのつまりや水漏れなどにかかる費用の相場をまとめてみました。

・トイレのつまり軽度5,000~7,000円

中度10,000~18,000円

高度10,000~50,000円

・配管詰まり7,000~15,000円

・配管洗浄(高圧洗浄機使用)15,000~38,000円

・トイレの水漏れ調整作業4,000円前後

・パッキン交換4,000円前後

・タンク内部品交換(タンク脱着なし)6,000~8,000円

・タンク内部品交換(タンク脱着あり)8,000~12,000円

・給水管交換5,000円前後

・シャワートイレ便器交換4,000~12,000円

・洋便器交換25,000円前後基本料金3,000~4,000円出張費3,000円前後

 

まとめ

原則として、ご家庭のトイレが、詰まったり水漏れを起こし、早急な対処が必要な場合は、専門の修理業社に頼みましょう。

トイレはその構造的に内部がどうなっているかを一目で判断することができません。

ですので、軽度なトイレのトラブルの場合でも、不具合を発見した時点で、業者さんに徹底的に見てもらい完璧に修理してもらうことで、重大なトラブルを未然に防ぐことにも繋がります。

業者に頼む際の費用は、軽度ものほどお安く、重度なトラブルとなると、費用もそれなりに膨れてしまいます。

トイレの修理は、長い目で見れば、不具合を発見した時にすぐに業者さんに依頼することが、もっとも効率的で、費用も抑えられるのです。

 

 

トイレの水漏れの原因はこれだ!

第一章:トイレの水漏れの原因

1:なぜ水漏れが起こるのか?その原因は

2:トイレの水漏れ箇所はここ!

3:トイレの水漏れ箇所の判別方法

第二章:トイレの水漏れの直し方

1・とりあえず止水栓を止める

2トイレの水漏れの原因と対処法

3・困ったら業者さんに頼むのがもっとも安全!

第一章:トイレの水漏れの原因

ご家庭で毎日使うキッチンやお風呂、そしてトイレ、どれだけ気を使って綺麗に使っていても、経年劣化などで問題が起きてしまうことも多くあります。水回りは、毎日利用しますがキッチン、バスルーム、洗面所などと比べて、トイレほどトラブルの緊急性は非常に高いと言えます。
なんといっても生活に欠かせないトイレ。ほかの水まわりなら、何かで代用ができそうですが、トイレばかりはそうはいきません。トイレが使えないというのはご家庭の一大事でございます。
トイレはいつでも流せるようタンクに水を貯めておいておくものが一般的ですので、水漏れの量が多いと、階下へ水がしみ出すなど、トラブルの原因にもなりかねません。
できるだけ早く原因を探って対策を取る必要性がございます。

1:なぜ水漏れが起こるのか?その原因は

トイレの水漏れは、ほとんどが経年劣化に起因しています。
毎日何度も使われるトイレですが、毎年トイレを買い換える、なんて人はまずいないでしょうし、マンションやアパートにお住いの方の場合、お住いの建物の築年数と同じ年月使われてきたものがほとんどでしょう。

では、具体的に何が原因でトイレは水漏れするのでしょう?

トイレの水漏れは、ほっておいてしまいますと床が浸水し、床材を腐らせてしまったり、マンションやアパートにお住いの方にとっては、階下まで影響が及んでしまいますので、迅速に対応することが重要です。

トイレの水漏れの原因箇所になりやすい部分をご理解していただいた上で、しっかりと水漏れの原因となっている箇所を断定してから、対処するようにしましょう。

下記に簡単にまとめさせていただきます。
【パイプなどの接合部分からの水漏れ】
トイレのパイプなどの接合部分から水漏れが発生している場合、

ほとんどが、パッキンやナットなどの劣化・ゆるみが原因です。対処方法といたしましては、劣化している部材を交換したり、緩んでいる部分を見つけしっかり締め直すことで改善できます。

【トイレタンクが原因の水漏れ】

トイレタンクから水漏れを起こしている場合は、
上記のトイレパイプから水漏れを起こしているケースと同様に接合部分からの水漏れする場合と、タンクがきちんと機能していないことが原因の場合とがあります。
タンク内部の部品が劣化したり、位置がずれてしまって水漏れを起こすことがあります。

近年、トイレタンクにペットボトルなどを沈めて節水する節約方法を行なっているご家庭が多くありますが、それらが水尾通り道をせき止めてしまっている場合などもありますので、こういった節約方法は控えることをお勧めいたします。

【温水洗浄便座からの水漏れ】
こちらも、やはり接合部分からの水漏れと、本体のトラブルが考えられます。ウォッシュレットの水漏れの場合は、経年劣化が原因となるケースが多く、温水洗浄便座を劣化させないためにも、日ごろのお手入れは大事です。
特にノズル部分はついおろそかにしてしまいがちですが、最近では簡単にお手入れできるように、「ノズル洗浄ボタン」が付いている場合が多く、
水が出ない状態でノズルを引き出してお掃除できるので、こまめにお手入れしてトラブルを防ぎましょう。

【便器からの水漏れ】
便器下部が結露しているケースや、本体にヒビが入るなど損傷している場合があります。しっかりチェックして水漏れしている場所を確定してから、対処することが重要です。

 

2:トイレの水漏れ箇所はここ!

  • トイレタンクの水漏れ

トイレの水漏れの原因で、もっとも多いのはトイレのタンクからの水漏れでございます。

レバーが戻らない、使ったあといつまでもチョロチョロと流れる音がする、タンクから水がポタポタ落ちてくるなどのトラブルはご家庭のトイレタンクでもよく発生いたします。

トイレは古いもので17〜18リットル、比較的新しいものでも、7〜8リットルもの水を一度に流すため、トイレのタンクにも相当の水が常に蓄えられております。

タンクから少しずつ水が漏れだしている場合、タンクの水が補充され続け、

水道料金もぐっと上がってしまうことが多いので、お早めの対応が必要です。

  • トイレの床から水漏れ

トイレの床の水漏れは、簡単に解決できるケースとちょっと難しいケースの両方が考えられます。
便器やタンクが結露していたり、ウォッシュレットや給排水パイプから水漏れを起こしている場合は、比較的簡単に解決することのできる場合が多く、初心者の方でも対処を行うことが可能なケースが多いです。しかし便器と床の間から水が漏れだしてしまっているケースの場合、状況によっては便器をはずして原因を確認したり、便器そのものの交換が必要になる場合もあります。
ちょっと大がかりになってしまうかもしれませんが、放置すると床が傷み、床の張替えなど、さらに大規模な作業が必要になることもあります。

 

  • 便器の水漏れ

トイレの水漏れのトラブルの中で、もっとも厄介なトラブルがトイレ便器からの水漏れでございます。

便器の水漏れで考えられる原因は、まずはタンクとのジョイント部分からの水漏れ。

これならパッキンを交換するなど、わりと簡単な対応で解決できます。
しかし、ちょっと心配なのが便器自体から水が漏れてくるケースでございます。便器そのもののトラブルが考えられるので、交換が必要になってしまう場合も多いのです。

 

  • ウォシュレットの水漏れ

今や日本人のトイレに必要不可欠なウォッシュレット、普及率は7割を超えております。これは言うまでもなく世界TOPの普及率でございます。

ウォッシュレットの水漏れの原因の多くは、経年劣化がほとんど。

ウォシュレット(温水洗浄便座)は、忘れてしまいがちですが、れっきとした家電製品なのでございます。

ノズルや、ボタンなどの細かいパーツのお掃除をこまめに行うことで予防できることも多いようです。

3:トイレの水漏れ箇所の判別方法

トイレの水漏れや、トイレのつまりなどのトラブルは、普通の日常生活を送っている限り、そうそう頻繁に起こる場合ではございません。

ですので、いざトイレから水が溢れ出してしまっている、またはトイレが流れなくなった等の問題に直面した際に、パニックになってしまいがちです。

ですが、そんな時こそ、まずは落ち着いて対応することが重要でございます。

まずは、一旦落ち着いて深呼吸をしましょう。この際、トイレの中で深呼吸をしてしまうと、トイレの配管内部で発生した臭気を吸い込んでしまう可能性がございますので、トイレから離れて行うようにしましょう。

落ち着きましたら、まずは状況の確認でございます。トイレの水漏れの場合どこから水が漏れてしまっているのかさえわかれば、水漏れの箇所をガムテープで補修する、バケツを設置するなどの応急処置をすることで、修理業者が到着するまでの時間稼ぎをすることが可能でございます。

ポイントとしては、原因を調べる前に止水栓を締めること!ご家庭のトイレの裏側などにあるトイレに水を給水している部分から水を送られないようにするだけで、被害が広がることを食い止めることができますので、まずは止水栓をしまましょう。

・トイレタンクからの水漏れ判別方法

上記で、トイレの水漏れを原因箇所別に簡単にご説明致しましたが、この中で最も多いのが、トイレタンクからの水漏れです。

トイレタンクは、内部に様々な部品がありそれらは、10年程度で経年劣化による動作不良を起こしてしまいます。

なので、トイレの水漏れを発見した場合、まずはトイレのタンクから調べましょう。

まずはトイレタンクの外側に当たる部分に、ひび割れや破損部分から水が漏れていないかをチェックします。

トイレタンク本体に問題が見受けられない場合は、トイレタンクの内部を確認するためにトイレタンクの蓋を取り外してください。

タンク内部の部品が正確に作動しているか、タンク内部にゴミや置物などの固形物が落ちていないかを確認してください。

タンク内の水漏れの場合、「ボールタップ(浮き)の故障」「フロート管の故障」が考えられます。トイレの便器内から、ジャバジャバと水が流れて止まらないときは、「フロート管の故障」の可能性が高いです。その他は下記の方法で確認できますのでご確認ください。

まずは、10c㎡ほどのトイレットペーパーを便器の水が溜まっている部分に浮かせてみてください。

これで、トイレットペーパーが「フワフワ動いている」ようでしたら、トイレのタンク内のボールタップ(浮き)の部品が故障している可能性が高いです。

タンクの中の水漏れは、ほとんどが便器に流れ込んできます。そのことで便器の水が溜まるところに「水流」が起きます。わずかな水漏れは、目視で確認がしにくいため、小さなトイレットペーパーを浮かしておきます。そして、水漏れしている「水流」でトイレットペーパーが動くかどうかでタンク内の水漏れが確認できます。

上記に該当しない場合は、トイレタンク内部が原因になっているとは考えづらいですので、別の箇所を確認してみましょう。

・トイレの床からの水漏れ判別方法

トイレタンクの水漏れの次みメジャーな箇所は、トイレの床からの漏水でございます。

トイレタンクからの水漏れと比べて、トイレの床、つまり便器と床の隙間からの水漏れは、じわじわと漏水が起こるために、なかなか見つけづらいのが難点な部分でございます。

トイレの床からの水漏れの場合の疑いがある場合は下記の方法をお試しくださいませ。

①:「止水栓」のまわりに雑巾をおく

②:「タンクの下」に雑巾をおく

③:「便器と床の隙間」のまわりに雑巾をおく

①~③に同時に雑巾をおいて、15分ほど トイレを使用しないで 放置します。

シンプルな方法ではございますが、この方法が確実で簡単な方法です。

15分後、雑巾が少しでもぬれていたら、「止水栓」または「タンクの下」から水漏れしている可能性が高く、ぬれていない場合は、「便器と床の隙間」からの水漏れの可能性が高いです。

①「止水栓」 と、②「タンク下」は、水が常に溜まっている場所ですので、トイレを使用しなくても自然と水漏れが起きます。

③の「便器と床の隙間」は、水を流したときにしか水漏れは起きないため、上記のように放置しておくだけでは雑巾はぬれません。

この方法で大まかな水漏れ場所を特定できますので、原因箇所に応じて対応することが必要です。

原因別の対処方法は、後述しますので、簡単に箇条書きさせていただきますと、
①止水栓からの水漏れの場合・・・止水栓のパッキン交換

②タンク下の水漏れの場合・・・タンクと便器の接合パッキンの交換

③便器と床からの水漏れの場合・・・便器と床の接合パッキンの交換

このようになります。

接合パッキンの経年劣化が主な水漏れの原因になっている場合が多いのですが、パッキンを変えても水漏れをしてしまう場合などは、被害が広がらないうちに修理業者にお願いすることをお勧めいたします。

第二章:トイレの水漏れの直し方

実は、トイレの水漏れトラブルは、意外と簡単に直せることも多いので、いくつかある水漏れの
水漏れを発見したときに、余裕を持って対処するためにも、自分でできる解決方法を確認しておきましょう。

 

1・とりあえず止水栓を止める

まずはトイレの元栓を閉めましょう。
当然といえば当然ですが、水の出る元を閉めてしまえば、必要以上に水が漏れることはありません。
トイレの止水栓ってどこ?という方は、あらかじめ位置と閉め方を確認しておいた方がいいでしょう。
ただし、元栓を閉めると水が出なくなり、トイレは使えなくなりますので注意が必要です。

2トイレの水漏れの原因と対処法

まずは原因を判別しなくてはいけません。

原因によって対処法が異なりますし、間違った対処法をとってしまうと状況を悪化させてしまう恐れがありますので、慎重に行なってください。

  • トイレタンクの水漏れ
  • トイレの床から水漏れ
  • 便器の水漏れ
  • ウォシュレットの水漏れ

基本的には、上記4つの箇所からの問題の可能性が高いので、そちらを重点的にチェックしていただくことをお勧めいたします。

基本的には、原因箇所がどこであれ、パッキンが劣化しているケースの場合は、ホームセンターで売られている汎用パッキンで解決できる場合が多く、ナットが緩んでいる箇所から水漏れを起こしている場合は、ナットを締めただけで、簡単に解決することも往々にしてございます。

トイレタンクからの水漏れの場合は、タンクの蓋を開けて確認してみてください。タンクの中にありゴム風船のような「浮き玉」や、細長い形状をしている「オーバーフロー菅」、水を流す時に開閉する「浮きゴム」などがあります。

トイレタンクからの水漏れでよくあるケースは、これらがうまく機能していないケースが多いので確認してみてください、浮きゴムが外れているケースなどでしたら、しっかりとはめ直すだけで水漏れが解決することも非常に多いのです。

3・困ったら業者さんに頼むのがもっとも安全!

連結部分のナットを締める、パッキンを交換するなど、自分でできる対処法を試しても水漏れが直らない場合は、パイプそのものが損傷している可能性があります。

そういった場合、素人の方で対処することは難しく、かつ下手に修理をしようとしてしまうと、トイレのパーツに傷をつけてしまうなど遺体を悪化させてしまう可能性もございますので、無理はせず業者さんにお願いすることをお勧めいたします。

トイレの水漏れを発見した場合は、まずは止水栓を閉めること、これをするだけで、被害の拡大のリスクを大幅に回避することができますので、これだけは記憶の隅に残しておいてください。

トイレタンクの排水溝部分に置物などの固形物が挟まってしまっているなどの、ご家庭で簡単に対処できる場合や、止水栓のパッキン部分の劣化のように、ご家庭で比較的に簡単に対処できる場合を除いて、トイレの水漏れのトラブルは比較的修理業者さんに頼む必要のある大きな問題を抱えている場合が多くございます。

トイレが水漏れは、床材を腐らせてしまう恐れや、マンションやアパートにお住みの方にとっては、階下に漏水してしまうなど、迅速な対応が必要になります。

忙しくて、時間が取れない、業者を待っていられないなど理由で、先延ばししてしまうという方も近年少なくないですが、床材の張り替えや、ご近所トラブルなどの問題を回避するためにも、まずは修理業者さんに相談してみることをお勧めいたします。

台所のつまりの原因

【台所 つまり】

第1章:台所のつまりの原因

1:ご家庭の一大事!台所のつまり!

料理を毎日される方 、そうでなくてもほとんどの方はキッチンを毎日一度はご利用されていると思います。

料理に使った食材の皮や、食べ残し、料理を普段されない方でも、カップラーメンの残り汁を台所に流す方は多いと思います。

台所の排水溝は、長年使用していると油汚れなどが配管部分に蓄積してしまい、つまりを引き起こしてしまいます。稀に急に詰まる場合もございますが、多くの場合は水はけが悪くなったり、水が流れる際に異音がするようになるなど、徐々に流れが悪くなっていく悪くなっていくケースが多いので、ご家庭の台所の異変を感じたら、早めに対処することをお勧めいたします。

完全に詰まってしまい、水が流れない状態になってしまいますと、水漏れなどの二次災害を引き起こしてしまいます。

2:台所の排水溝が詰まる原因

油汚れ

洗剤カスや石鹸の溶け残り

食べ物のカス

ご家庭の台所が詰まった際の、ほとんどの原因は上記に挙げた三点でございます。

中でも最も多い原因は油汚れです。料理に欠かせない油ですが、使用したフライパンなどを洗った際に油は水で分解されないため一定量は、は一睡館へと流れていってしまうのです。
油は粘度が非常に高く、水に溶けない物質で、排水溝や排水管にへばり付いてしまい、そこから他の溶け残りや洗剤カスなどを吸着し、最終的には、水をせき止めてしまうほどの塊になってしまうのです。

キッチン・台所部分では食器用洗剤を使用した食器などを洗うために用います。しかし、これらの洗剤も台所のつまりを引き起こす原因となってしまうのです。

洗剤カスや使用して小さくなった石鹸などは、使用後はしっかりと伊豆で流すことが重要です。

また、カップラーメンの残り汁や食べかすなども、
細かいからといって流し続けると同じように蓄積してしまうので、注意が必要です。

2:台所のつまりを予防する際に必要なこと

  • 極力食べかすを流さないこと!
  • 脂分は流さないように工夫すべし!
  • ネットを使って細かい汚れをキャッチする
  • 排水トラップのお手入れはこまめにすることが必要
  • 排水管をこまめに洗う

台所が詰まってしまうトラブルは、普段から流すものに注意すれば、ある程度は詰まりを予防することが可能でございます。
特に油や、脂分が流れることを極力防げばかなり大きな予防効果があります。
後は定期的なお掃除などお手入れが大事。
最も簡単なお手入れ方法は、台所の使用後にお湯を10秒程度流すことです。
溶け残りや流れ残りを防ぐ効果が期待できますし、簡単にすぐできるので、ぜひ実践してみてください。

第二章:台所のつまりの直し方

台所が詰まりを起こしてしまうと、毎日の料理や生活に多大な不都合が生じてしまいます。

さらに上述いたしますが、台所の排水管が完全に詰まってしまい、水が流れないようになってしまうと、水漏れなどの二次災害を引き起こしてしまうため、早めに対処することが何よりも大切なのです。

今回は、ご家庭で簡単にできる台所のつまりの直し方をご紹介させていただきます。

1:ご家庭で簡単にできる台所の簡単な直し方。

⑴タオルとお湯を使った方法。

ラバーカップやワイヤーブラシなどの専用道具があれば意外と簡単に対応できてしまう場合も多い台所のつまりですが、それらの専用道具をお持ちのご家庭は近年そう多くはないと思います。

実はどんなご家庭にもあるもので試せる解消方法があるのでご紹介させていただきます。

それは、「タオルとお湯を使った方法」でございます。

一言で説明すれば、台所のシンクにお湯を溜めたのちに一気に流して、つまりの原因となっているものを流してしまう、という方法です。

具体的な手順を簡単に説明いたしますと、下記の通りになります。

  1. 排水トラップを外し、排水溝にタオルを詰める。(後で引き抜けるように端の方はシンクから出して置くようにしましょう)
  2. シンクの6〜7割程度を目安に、70度〜80度程度のお湯を溜めましょう(お湯の温度が高いほど、効果はありますが火傷には注意してください)
  3. 栓となっているタオルを引き抜き、お湯を一気に流し込む

こちらの「タオルとお湯を使った方法」を使えば、軽度なつまりや、つまりの初期状態の場合に解決でき可能性が高いです。

こちらの方法を用いて、詰まりが解消しましたら、仕上げに市販のパイプクリーナー系の薬品や重曹を使って、綺麗に洗浄することで、再発防止や予防の効果が期待できますので、ぜひセットでお試しください。

2:それでも直らない場合は、業者さんを呼びましょう。

「お湯とタオルを使った解消方法」を使ってもつまりが解消しない場合は、基本的には、業者さんに連絡してみることをお勧めいたします。

ペットボトルを使う方法や、ラバーカップ、重曹を使った方法など、インターネットで調べてみますと、様々な方法が取り上げられていますが、これらの方法は、台所のシンクや排水管そのものを傷つけてしまう可能性もありますし、「お湯とタオルを使った方法」で対処できなかったつまりに対して効果がある可能性もそこまで高くない為、

時間の節約のためにも、業者さんに連絡することをお勧めいたします。せっかくですので、業者さんに完璧に綺麗にしてもらって、安心して、台所を使えるようにした方がずっとお得だと思います。

洗面所のつまり!原因と予防!

第一章:洗面所のつまり!原因と予防!

1:洗面所の構造

2:洗面所が詰まる原因

第二章:自分でできる洗面所のつまり解決方法

1:市販の薬剤は役に立つのか?

2:ラバーカップを使う

3:業者に頼む

 

第一章:洗面所のつまり!原因と予防!

洗面所で起こるトラブルの一つにつまりがあり、そのつまりは台所や浴室、洗濯機など同じように詰まる頻度も高い場所です。

そして、洗面所で起こるつまりの主な原因は髪の毛や垢です。それらが毎日髪の毛のお手入れをしたり、顔や手を洗っている場所なので、当然なのですが、蓄積されて、ある一定までの量が溜まって水が流れなくなります。女性など髪の毛の長い方ではその分排水溝に流れていった量が多ければ多いほどつまりやすくなってしまいますので注意が必要でございます。

洗面台の排水溝にはゴミが流れていかないように洗髪ゴミ受けが設置されていることをご存知の方は少ないかもしれませんが、この仕組みによってある程度は下に流れていかないように作られています、しかし隙間を通って流れ着いた髪の毛などが固まりになって蓄積されていってしまうのです。

更に言えば、ある程度の固形物は流れないようになってはいるのですが、髪の毛や小さくなった石鹸や埃類などの線の細いものは隙間を通って流れていってしまいます。そうならないように、ネットを使って毛が排水溝の奥に流れないようにしたり、排水溝をマメにお掃除したりすることで、こういったトラブルのほとんどは予防できるといっても過言ではございません。

しかし、日頃からお掃除に気を使っていても中々水回りの排水管や細かい掃除までは手が回らないものです。実際に洗面所がつまってから対処方法を検討する方が多いのではないでしょうか?

そこで、このページではご家庭の洗面所の排水溝が完全に詰まってしまった時の直し方や水の流れが悪くなってしまった時、日々の予防法などを紹介させていただきます。是非参考にして下さい。

1:洗面所の構造

  • 排水トラップ

洗面所のつまりは、水回りのトラブルの中でも特に多く発生する問題でございます。日常的に洗面所で髪の毛を洗う方はもちろん、顔や手を洗う、洗面所の鏡の前で、髪の毛を整えるなどそういった私生活で当たり前に行なっていることが、洗面所を詰まらせる原因となってしまうのです。

では、洗面所はなぜ詰まってしまうのでしょうか?そのヒントは、排水管の構造にあります。

こちらの構造を正しく理解することで、原因を知ることができ、いざ詰まった時の対処方法にもつながりますので、ぜひご確認くださいませ。

・S字トラップ

洗面台の下の扉や洗面台の下の部分を除いてみると、洗面台と排水管を常いでいる排水パイプがアルファベットのSの様な形をしているのがわかると思います。

このS字の形をした排水パイプを通って水が下に流れていく仕組みをS字トラップと言います。主に洗面台の下に収納棚が設けられているような洗面台で、排水が真下に流れていくような仕組みで使われている事が多いのが特徴です。

S字トラップは、キッチンの排水溝やトイレ内に設けられている手洗い用の排水溝にもS字トラップ方式が用いられている事が多くそれだけ実用的なものということができるでしょう。

またS字トラップには、掃除口と言って溜まった汚れや詰まりが生じた場合に誰でも簡単にお掃除が出来るように設けられているギミックがあり、排水パイプを取り外したり、分解すること無くお掃除が出来るので一般の方でも容易に作業が可能です。

・P字トラップ

続いてP字トラップを紹介させていただきます。

上記とは異なり排水パイプが壁の横に入っているタイプの事を言います。排水が真下では無く、横に流れていく為にアルファベットのP字のような形をしています。

その為、P字トラップと呼ばれています。洗面台から流れた水が下に流れて少しだけ上にあがって横に流れていきます。そして、流れきれなかった残水が排水パイプ内に残す、という構造になっているのです。

これは封水と呼ばれる技術で、S字トラップと同様に水のフタの役目を持ち、封水をつくる事で害虫や悪臭を部屋に侵入させない事が出来るのです。

またP字トラップもS字トラップ同様、トラップ部分で詰まりが起こりやすいためその為、キャップナットが付いており簡単に取り外し、取り付け等の分解作業が出来るような仕組みになっているので、大掃除や、お手隙の際に日頃からお掃除しておくと、重大なつまりを起こす事を予防することが可能でございます。

S字トラップ、P字トラップは洗面所で主に採用されている形式ですが、これに関しては自分の家の作りによるものなので修理をする場合は自分の家がどちらのタイプなのか確認してから作業をする必要がありますので、確認の上作業にあたってください。

2:洗面所が詰まる原因

  • 髪の毛

髪の毛は洗面所の詰まりの原因1位です。朝、洗面所で髪の毛を洗う人も多いと思いますが、女性は特に髪の毛が長いので抜けるとその分詰まりやすい傾向にあります。男性も洗面所でヒゲを頻繁に剃ったりする方も多いと思います。髪の毛は流しても水に溶けません。少しずつ溜まってしまった髪の毛が蓄積されていき、そのうち詰まりのトラブルに発展してしまいます。

  • 石鹸カス

洗面所で手洗いうがいをすると言うのは一般的ですよね。しかし、その際に使用する石鹸も詰まりの原因のひとつなのです。

ですが、手を洗うなというわけではなく、日頃から石鹸で手を洗った後に、その場に残った石鹸カスをしっかりと水で流す習慣をつけることが大切なのです。

石鹸カスが流れ切らなかった場合、洗面所の排水パイプなどにこびり付いてしまい、年月と共に排水パイプ内に汚れが少しづつ蓄積していき、最終的には、水の流れをせき止めてしまう、という状態になってしまうのです。

  • アクセサリー

皆さんは、出勤や通学などのお出かけ前に洗面所で身だしなみのチェックをする方も多いのではないでしょうか?鏡もありますし、ヘアワックスやコンタクトを入れる際など何か都合がいいですもんね。

しかし、洗面所の前でピアスを付けていたらうっかり滑って落としてしまったという事例も非常に多いのです。ピアスは小さいので落としてしまうと簡単に排水溝に流れてしまいます。

しかし、ピアスやアクセサリー類はある程度の重さがあるため、トラップ部分で止まっている可能性が高く、トラップを分解して取り出してあげなくてはいけません。下手に大量の水を流してしまうとトラップ部分を通過し奥までピアスが流れていき排水管まで流れてしまうと取り出すことができなくなる恐れがあります。大切なアクセサリー類、結婚指輪や恋人との思い出の品などを落としてしまった時は、くれぐれも水を流さない事が重要です。

第二章:自分でできる洗面所のつまり解決方法

1:市販の薬剤は役に立つのか?

ご家庭のお近くにある薬局やスーパーで、販売されている市販の薬剤は、トラップ部分に詰まってしまった髪の毛や埃などを溶かし流れやすくする機能を持っております。

しかし、万能というわけではなく、市販の薬品は完全に水が流れていかない場合は効果を発揮しづらいのです。

完全に詰まってしまった場合は上記で紹介したトラップ部分のキャップナットを外して対処するか、業者に依頼するという方法で取り除く他ありません、流れが悪くなってきた段階で早め早めに対処する必要がございます。

流れが悪くなったり、水を流した際にゴボゴボっという異音がするようになった場合などは、早め早めに対応していくことをお勧めいたします。

軽度なものであれば、市販の薬剤を使ってご家庭デカンタに対処することが可能です。

2:ラバーカップを使う

トイレのつまりを直す際に日本人なら真っ先にイメージする道具が、ラバーカップですが、これは洗面台のつまりにも、軽度のものであれ有効な対処方法でございます。

最近はご家庭に常備している方も珍しく放っておりますが、もし、家にラバーカップがあれば一度試して見ましょう。

使い方としては水を溜めて押す引くを繰り返すだけです。水を貯めてラバーカップを押し当てることで、排水パイプ内に真空状態を作り、つまりの原因となっているものを空気の力で押し出すことができます。

そのため、ラバーカップを使う際は、洗面器のオーバーフロー穴にテープを張って圧力が伝わるようにすると効果的です。

3:タオルとお湯を使った方法。

ラバーカップやワイヤーブラシなどの専用道具があれば意外と簡単に対応できてしまう場合も多い台所のつまりですが、それらの専用道具をお持ちのご家庭は近年そう多くはないと思います。

実はどんなご家庭にもあるもので試せる解消方法があるのでご紹介させていただきます。

それは、「タオルとお湯を使った方法」でございます。

一言で説明すれば、洗面台にお湯を溜めたのちに一気に流して、つまりの原因となっているものを流してしまう、という方法です。

具体的な手順を簡単に説明いたしますと、下記の通りになります。

  1. 排水トラップを外し、排水溝にタオルを詰める。(後で引き抜けるように端の方はシンクから出して置くようにしましょう)
  2. シンクの6〜7割程度を目安に、70度〜80度程度のお湯を溜めましょう(お湯の温度が高いほど、効果はありますが火傷には注意してください)
  3. 栓となっているタオルを引き抜き、お湯を一気に流し込む

こちらの「タオルとお湯を使った方法」を使えば、軽度なつまりや、つまりの初期状態の場合に解決でき可能性が高いです。

こちらの方法を用いて、詰まりが解消しましたら、仕上げに市販のパイプクリーナー系の薬品や重曹を使って、綺麗に洗浄することで、再発防止や予防の効果が期待できますので、ぜひセットでお試しください。

4:いざとなったら修理業者に頼む

洗面所の排水溝のつまりは原因を知る事で解消が出来、予防法を知る事でこれから詰まらせない為の工夫が出来るようになります。洗面台の排水パイプが詰まっている場合はラバーカップを使ってみて、駄目ならパイプを分解して掃除をするのがいいでしょう。

大抵は排水パイプを分解すればゴミ詰まりが確認できるので直せるはずです。しかし、戻すときはパッキンやナットをしっかり戻さないと水漏れの原因になってしまうので注意が必要です。