自宅で料理をする方であればまず間違いなく毎日使うであろう台所。

実際日々の生活に直結している場所ですから、トラブルが起きた際の対応は火急のものになる可能性が非常に高いです。

では実際にこの台所におけるトラブルが起きた際、どのように対応するのが正解なのでしょうか?

そこで本記事では台所におけるつまりの原因やトラブルの対処方法を解説していきたいと思います。

 


 

第1章:台所のつまりの原因

第1章:台所のつまりの原因

台所の排水溝がつまりを起こすときは絶対に原因が存在しいます。

そしてその原因ごとに対応方法を変更する必要があるのです。

そこで本章では実際にどのようにつまりの原因を解決していくかという解説を進めていきます。

1・ご家庭の一大事!台所のつまり!

1・ご家庭の一大事!台所のつまり!

料理を毎日される方 、そうでなくてもほとんどの方はキッチンを毎日一度はご利用されていると思います。

料理に使った食材の皮や、食べ残しなどが出るますし、料理を普段されない方でも、カップラーメンの残り汁を台所に流すような方は多いと思います。

実際に台所の排水溝は、長年使用していると油汚れなどが配管部分に蓄積し、つまりを引き起こしてしまいます。稀に急につまる場合もありますが、多くの場合は水はけが悪くなったり、水が流れる際に異音がするようになるなど、徐々に流れが悪くなっていく悪くなっていくケースが多いので、ご家庭の台所の異変を感じたら、早めに対処することをお勧めします。

この状況を放置してしまい完全につまってしまいますと、まったく水が流れない状況になってしまいます。こういった水がまったく流れない状態になると、水漏れなどの二次災害を引き起こし、さらに台所の床などにも影響が出る可能性があるのです。

そうなってしまうと台所のつまりの修理だけでなく、床の腐食だけでなく、アパートやマンションなどの集合住宅であれば階下への影響が出てしまうと更に修繕費用などが発生してしまう可能性もあるので、問題があると感じた際には迅速な対応が必要になってきます。

2・台所の排水溝がつまる原因

2・台所の排水溝がつまる原因

台所のつまりが発生する原因の多くは

油汚れ

洗剤カスや石鹸の溶け残り

食べ物のカス

は上記に挙げた三点でございます。

中でも最も多い原因は油汚れです。料理に欠かせない油ですが、使用したフライパンなどを洗った際に油は水で分解されないため一定量は排水溝へと流れていってしまうのです。
また、油は粘度が非常に高く、水に溶けない物質で、排水溝や排水管にへばり付いてしまい、そこから他の溶け残りや洗剤カスなどを吸着し、最終的には、水をせき止めてしまうほどの塊になってしまうのです。

キッチン・台所部分では食器用洗剤を使用した食器などを洗うために用います。しかし、これらの洗剤も台所のつまりを引き起こす原因となってしまう可能性があります。

洗剤カスや使用して小さくなった石鹸などは、使用後はしっかりと水またはお湯で流すことを心がけましょう。

また、カップラーメンの残り汁や食べかすなども、細かいからといって流し続けると同じように蓄積してしまうので、注意が必要です。

3・台所のつまりを予防する際に必要なこと

極力食べかすを流さないこと
 

食べかすをそのまま流してしまうと、排水溝へゴミが蓄積され、それがそのまま水の流れをせき止めてしまう可能性があります。

そのため、食べかすは流さずに三角コーナーなどに流すことで排水溝のつまりは大きく予防することが可能であるといえるでしょう。
 

油分は流さないように工夫すべし!

 
食べかす同様、油に関してもそのまま流してしまうとつまりの原因になってしまいます。

現在は油をそのまま流さず、固めて捨てるという商品も存在しているため、それらの商品を利用するなどの方法でつまりを予防することできますす。

もちろん油等はそのまま流してしまうと環境に悪い等の話もあるため、実際にそのあたりに気を遣うのもつまり予防だけでないところまでカバーできるものになっています。
 

ネットを使って細かい汚れをキャッチする

 
先ほどご説明しました通り、実際にゴミ等をに気を使っても、どうしてもカバーしきれないゴミ等が流れてしまう可能性もあります。

ですので、実際に完璧にカバーすることは難しいかもしれませんが、排水溝にネットを張る等の予防方法を選ぶことも可能です。

実際につまりが発生してからでは手間等がかかることも鑑みると、こういったところの予防に少し手間とお金をかけることも一考の価値があるでしょう。
 

排水トラップのお手入れはこまめにすることが必要

 
上記のことをすべて行ってもそれでもつまりが発生してしまう可能性は往々にして存在しています。

ですので、これらの予防策を行うのと同時並行に排水トラップの手入れを進めることが何より大事であるとも考えられるのです。

もちろん上記の予防策をすべて行わずともこういった日々のメンテナンスさえすれば非常に重要になってくるので、

こちらを行うことでトラブルの発生率は大きく下げられるでしょう。
 

排水管をこまめに洗う

 
台所がつまってしまうトラブルは、普段から流すものに注意すれば、ある程度はつまりを予防することができます。
特に油や、脂分が流れることを極力防げばかなり大きな予防効果があります。
後は定期的なお掃除などお手入れが大事。
最も簡単なお手入れ方法は、台所の使用後にお湯を10秒程度流すことです。
溶け残りや流れ残りを防ぐ効果が期待できますし、簡単にすぐできるので、ぜひ実践してみてください。
 

第二章:台所のつまりの直し方

第二章:台所のつまりの直し方

台所がつまりを起こしてしまうと、毎日の料理や生活に多大な不都合が生じてしまいます。

さらに上述いたしますが、台所の排水管が完全につまってしまい、水が流れないようになってしまうと、水漏れなどの二次災害を引き起こしてしまうため、早めに対処することが何よりも大切なのです。

今回は、ご家庭で簡単にできる台所のつまりの直し方をご紹介します。

1・タオルとお湯を使った方法

1・タオルとお湯を使った方法

ラバーカップやワイヤーブラシなどの専用道具があれば意外と簡単に対応できてしまう場合も多い台所のつまりですが、それらの専用道具をお持ちのご家庭は近年そう多くはないと思います。

実はどんなご家庭にもあるもので試せる解消方法があります。

それは、「タオルとお湯を使った方法」です。

一言で説明すれば、台所のシンクにお湯を溜めたのちに一気に流して、つまりの原因となっているものを流してしまう、という方法です。

具体的な手順を簡単に説明いたしますと、下記の通りになります。

手順

    排水トラップを外し、排水溝にタオルをつめる。(後で引き抜けるように端の方はシンクから出して置くようにしましょう)

     

    シンクの6〜7割程度を目安に、70度〜80度程度のお湯を溜めましょう(お湯の温度が高いほど、効果はありますが火傷には注意してください)

     

    栓となっているタオルを引き抜き、お湯を一気に流し込む

     

こちらの「タオルとお湯を使った方法」を使えば、軽度なつまりや、つまりの初期状態の場合に解決でき可能性が高いです。

こちらの方法を用いて、つまりが解消しましたら、仕上げに市販の『パイプクリーナー系の薬品』『重曹』を使って、綺麗に洗浄することで、再発防止や予防の効果が期待できますので、ぜひセットでお試しください。

2・それでも直らない場合は、業者さんを呼びましょう

2・それでも直らない場合は、業者さんを呼びましょう

「お湯とタオルを使った解消方法」を使ってもつまりが解消しない場合は、基本的には、業者さんに連絡してみることをお勧めします。

ペットボトルを使う方法や、ラバーカップ、重曹を使った方法など、インターネットで調べてみますと、様々な方法が取り上げられていますが、これらの方法は、台所のシンクや排水管そのものを傷つけてしまう可能性もありますし、「お湯とタオルを使った方法」で対処できなかったつまりに対して効果がある可能性もそこまで高くない為、時間の節約のためにも、業者さんに連絡することをお勧めいたします。
せっかくですので、業者さんに完璧に綺麗にしてもらって、安心して、台所を使えるようにした方がずっとお得だと思います。