トイレを自分で修理する方法と予防対策。

毎日の生活に無くてはならないトイレですが、実際に使っているうちに様々なトラブルに直面するケースはあるかと思います。では実際にトラブルに直面した時、どのような対応を取ればよいのでしょうか?

本記事ではそういったトラブルの際に、トイレを自分で修理をする方法と予防方法などを解説していきたいと思います。

 


 

第一章:トイレの修理の予防と解決法

第一章:トイレの修理の予防と解決法

本章ではトイレのトラブルの予防方法と解決方法について解説していこうと思います。
実際に今トラブルで困っている方のヒントになればと思いますので、是非一読ください。

1・意外に多い!?トイレのトラブル一覧。

普段何気なく使用しているトイレですが、もし急に水が流れなくなったり、配管部分から水が漏れ水浸しになっていたらどうしますか?程度によっては、自分で直すことを考える方が多いと思います。

トイレなどの水回りの修理は、費用が高いというイメージがありますし、本当に軽度なものであればご家庭での修理も可能なので、まずは自分で修理を、と考えることは決して悪いことではございません。

ですが、トイレ修理は意外にも難しい、ということはご存知でしょうか?

トイレ修理の方法は、原因によって処置方法を変える必要があり、素人の方が無理に直そうとすると、かえって事態を悪化させてしまう、ということも少なくないのです。
それに、トイレの不具合が一見直ったように見えても、完全に解消されていないというケースも多数あります。
トイレのつまりや配管からの水漏れは、不具合を見つけた時にすぐに修理業社さんに見てもらい完璧に直してもらうことが、長い目で見れば時間も費用もお得なのです。

一般的に起きやすいトイレのトラブルは以下の通り。

・トイレのつまり

・配管つまり

・トイレの水漏れ

・タンクの不具合

・給水管の不具合

こういったトイレの不具合を発見した場合は、焦らず業者さんに相談してみルことをお勧めいたします。

2・修理が必要な状態の見分け方

よく起こるトイレの不具合を上記に記載しました。

この中で基本的にご家庭で対処可能なのは、トイレがつまっている場合のみでございます。
更に言えば、トイレにつまっているものが、トイレットペーパーなどの紙類だと断定できる場合のみでございます。
それ以外のトイレのトラブルは、知見のない方が無理やり直そうとすると事態を悪化させてしまう可能性が高いので、基本的には業者さんを頼りましょう。

第二章:必見!トイレ修理の予備知識

1・トイレ修理はプロにが、基本原則!

流れる水の量が少ないためにつまりを起こすこともあります。たとえば、大をしたにも関わらず、小のレバーで流そうとすると、水量が足りなくて流れず、つまってしまうこともあるのです。

『ラバーカップ』 1,000円前後

『パイプブラシ』 1,500円前後

『重層』 200円前後

その他部品代 500~5,000円(必要な部品によっては、5,000円以上かかる場合もあります)

自分で修理をする場合には、安ければ3,000円前後でできますので、原因がはっきりしている場合や、素人でも修理できる内容のものであれば、DIYも可能です。

しかし、専門知識がない人がやろうとすると、水漏れなどの原因の特定や修理にも、かなりの時間がかかります。水漏れの程度にもよりますが、簡単そうに見えて、かなり面倒だった、時間ばかりかかって、結局直すことができなかった、トイレの構造や原因がわからないまま作業を進めてしまい、よけいに状況を悪化させてしまったというケースも少なくありません。

どちらにしろ費用がかかるのであれば、時間や労力を無駄にせず、確実に直してもらえるプロに任せたほうが安心です。

2・まずはトイレの構造を理解するべし!

現在、日本に流通しているトイレはS字トラップと呼ばれる構造になっていることが一般的でございます。

S字トラップとは、画像のような水を流すとタンク内の水が便器に流れていき、その水流と勢いを利用して配管の奥まで流し込む構造のことを指します。トイレのつまりの多くは、このS字トラップ部分に、トイレットペーパーや、異物などがつまってしまって起こることが多いのです。

ではなぜ、S字の様な造りになっているか気になる方も多いことでしょう。

S字部分でつまりやすいなら、そんな構造にしなければいいと思う方もいるかも知れないと考えるかたもいらっしゃるかもしれません。

安心してください、S字トラップの様な造りをしているにはもちろん理由があるのです。

トイレにも便器の下には排水管が通っていて、汚物やトイレットペーパーを流すとその排水管まで運ばれて、最終的には屋外の枡まで流れていく仕組みです。しかし、その排水管は常に水で浸されている訳ではなく、トイレを流した時は一時水で浸されることになりますが、使っていない時は真空状態になってしまいます。そして真空状態の排水管には虫が発生してしまうのです。

そして、真空状態になった排水管を通って虫が部屋にまで上がってきてしまうということが起こります。そこで、重要になるのがS字トラップなのです。Sの形をしていれば水が完全に流れていかない仕組みをつくる事ができ、S字になることで流れきれなかった水(封水と呼ばれる)がフタの役割をすることで、虫や悪臭を防ぐ役割を持つのです。

因みにこの『S字トラップ』はトイレだけではなく台所や洗面所にも使われている技術なので、この構造をしっかり覚えておくと、水回りのトラブルを解決する際に何かと便利です。

3・トイレの故障の原因を知るべし!

トイレのトラブルの解決方法は、トイレのトラブルの原因によって様々でございます。

トイレのつまりや、トイレの水漏れなどの一般的なトラブルだけに限ってみても、何がつまってしまっているのか、どこにつまってしまっているのか、どこから水漏れを起こしているのか、そして自分で対処して良い問題なのか、専門の業者さんを読んだ方が良い問題なのか、などその原因となっているものや箇所によって修理の方法は全く異なってしまうのです。

まずはトイレのトラブルの状況の把握と原因の特定を念密に行った上で、自分でできる場合はご家庭で対処を、そして少しでも不安がある際は、専門の業者さんに修理を依頼しましょう。

ちなみに、トイレのつまる原因のみに限って言っても、

トイレつまりの原因

  • トイレットペーパーや便がS字クランクにつまってしまう。
  •  

  • ティッシュペーパーやお尻拭き、クリーニングペーパーやおもちゃなど、
  •  

  • 本来、トイレに流さないものを流してしまった時。
  •  

  • 節水目的で、便を小のレバーで流していたり、排水タンクにペットボトルを入れるなどの節約術を行なっている。
  •  

  • 築年数が古く、経年利用によって、尿石がこびりつき排水管が細くなってしまう。

このように多くの原因が見受けられますので、まずはトイレのことをよく知ることが必要です。

4・トイレをご自分で修理する際の心得!

1、修理のためにも、問題の原因を正しく見極めること

最初の方でも、記しましたがトイレのトラブルを起こしてしまう原因は、様々でございます。しかし素人の方が間違った方法で解決しようとしてしまうと、場合によっては、配管に傷をつけたり、つまっていたものを奥へ押し込んでしまったりなど、事態を悪化させてしまうことも往往にしてあるのです。

トイレがなぜつまっているのかを、しっかりと見極め、自分で対処できる問題なのか、業者に頼んだ方が良い問題なのかをしっかりと判断してから、最良の選択を取りましょう。

2、業者に頼むことを、第一に考えましょう。

現在、トイレ修理方法として、様々な方法がインターネット上に記載されていますが、はっきり言ってしまうと最初からプロに任せることをお勧めいたします。

状況を悪化させてしまい、余計に料金が上がってしまったり、一時的に問題が解決したように見えても、根本的な問題が解決しておらず、すぐにまたつまりを起こしてしまい、余計な手間がかかってしまうことが非常に多いのです。

一見自分で解決することが、コストも手間もかからないと思われがちですが、長い目で見ると、プロの業者にお任せし、それを機会に一度問題を全て解決していただいた方が良い、良いうケースも多いのです。

第三章:トイレのつまりを自分で解決できそうもない場合

トイレトラブルが起きてしまうと誰もが焦ってしまいますが、自分で解消するかまたは業者に依頼するかどちらにするにせよ、原因をまず考えてから対処をしていくといいでしょう。

トイレのトラブルの代表格である「トイレのつまり」原因になるものとしては、大まかに三つあります。
ペーパー類などの紙のつまりです。トイレットペーパーはトイレに流しても大丈夫な用紙ですが、小さな子供のいる家庭だとおもちゃ代わりにしてたくさん流してしまう事があります。
水溶性のペーパーであっても、当然ながら大量のペーパーを一気に流そうとしてもそれが出来ずにつまってしまう事があります。
トイレットペーパー以外にも通常のティッシュペーパーを流す人もいたりしますが、同じような紙に見えて全く違いますから、つまりの原因になりやすいので絶対にやめましょう。

最近よく見かける掃除用のペーパーも、水に流れると書いてあっても大量に流すと同様につまりやすくなりますので、ゴミ箱代わりに大量に流すのはよくありません。
その他にも、便の量がいつもより多かったりする場合でも流れにくくなりますが、その時にはペーパーもたくさん使っていることも多いので、トイレつまりの原因としては全体的に流す量が一時的に増えてしまったと考えてもいいでしょう。

それ以外にも多い原因としては、異物を流してしまったということも意外と多いのです。

トイレに小さな置物を置いていて、何らかの拍子に便器内に落ちてしまっていたり、生理用品や紙おむつなどを流してしまった、といったことも少なくありません。

後半の方で、詳しいチェックポイントを解説させていただきますが、自分で対処することを考えるときは原因の究明が何よりも重要でございます。

1・自信がないならプロに頼みましょう!

繰り返しになってしまいますが、重要なことですのでしっかりと理解していただきたいと思います。

昨今、トイレをつまりを自分で解決する方法として、ラバーカップやお湯を使った方法がインターネットサイトで多く取り上げられております。

しかし、逆説的に考えて見ると、本当にそれで問題が解決するのであれば、トイレのトラブルを解決するための職業(業者)なんて必要ないとは思いませんか?

現在、水回りの緊急修理サービスに限って見ても、約2,000億円の市場規模を持ち、それだけ多くの企業・業者さんが日々必要とされております。

節約や手間のかからない、自分で解決する方法を試して見ることが悪いこととは言いませんが、「餅は餅屋」というようにプロにはプロである理由があるのです。

2・圧倒的な経験値

先ほど市場規模約2,000億円というお話をさせていただきましたが、プロの業者は、日々その金額に見合った数の水回りのトラブルを解決していることになります。ご家庭にとっては数年間に一度起こるか起きないかのトイレのトラブルですが、プロの業者達は、ほぼ毎日そういったトラブルと向き合い経験値を蓄積しているのです。

第1章で、トイレがつまっている原因を理解した上で、対処方法を選択することが重要というお話をしましたが、正直に言って、私たち素人にトイレのつまりの原因を正確に把握することは不可能です。

レバーをひねった際の水の流れ方や、その際の音などで、症状・状態を予測することはできても、予測はあくまでも予測ということを覚えておいてください。

ご家庭のトイレがつまってしまった時は、まずは日々経験を積んだプロの業者にお任せしましょう。

トイレの前で、原因を考えて頭をひねったり、つまり解消のためにトイレで奮闘している間に業者さんが駆けつけてパパっと解決していただけます。

3・プロは道具も一流

経験と並び、もう一つのプロフェッショナルがプロフェッショナルである所以は、「作業道具」でございます。

トイレのつまりを自分で解決する場合、よく用いられるのは「バケツ」や、「ラバーカップ」などのホームセンターで買えるものですが、プロの使う道具は、使う業者さんの腕ももちろんですが、ご家庭の機材とはそもそもの清野が異なります。

・強アルカリ性薬品・ラバーカップ・ローポンプ・ハイスパット・ワイヤーブラシ・高圧洗浄機などなど

プロの業者さんは様々な道具を駆使して、トイレのつまりをはじめとした水回りのトラブルをを解消するのです。

第四章:原因別トイレのトラブルの解消法

1・決して無理はしないこと!!

鉄則として、ご家庭のトイレのつまった時は必ず一度は業者さんに相談しましょう。しかし、すぐに家を出ないといけない、業者さんを待っている時間がどうしても確保できない場合に限り、一時的な措置としてご家庭でできるトイレのつまりの解消法をご紹介させていただきます。

ですが、決して無理はせずに、「とりあえず、やってみよう」は状況を悪化させてしまう可能性があることも理解した上で、慎重に行ってください。

2・トイレのトラブルの原因の判別方法

全てのトイレのトラブルに関して、この記事のみで記載することはさすがにでき兼ねますので、最もポピュラーなトイレのトラブルである「トイレのつまり」に関して自分でできる原因の判別方法を解説いたします。

トイレがつまりを起こす原因は、十中八九何かが配管につまってしまったことです。ですので、トイレのつまりの解消法を検討する際は、

「何が、トイレのどこにつまっているのかを把握すること」が何よりも重要なのです。

それを把握するための重要なポイントは以下の3点

・いつから症状が現れているか?

・何を流したか?

・頻繁につまりが起こるか?否か?

この3点を考えることで、原因を特定していきます。

3・いつから症状が現れているか?

トイレのつまりには必ず原因が有るはずです。何時からその症状が出たか把握することで便器に問題が起きているのか、排水管に問題が起きているのかが判断できます。下記に症状の例を記しましたので、ぜひご確認ください。

1.前触れなく急にトイレつまりが発生した。
2.トイレがつまる前にゴボゴボ異音がした。
3.流れ方が少し前からおかしかった。

前触れなく急にトイレつまりが発生した場合は便器に問題が起きている可能性が高いです。逆に少し前から流れ方がおかしかったり、少し前からゴボゴボ異音がしていたりすれば、便器以外の問題かもしれません。

『何を流したか?』

何と言っても、何がつまっているかの原因特定が重要です。
今一度、トイレットペーパーや便以外に何かを流してしまっていないかを思い返してみましょう。

・ティッシュペーパー・お掃除シート・赤ちゃんのお尻拭き・流せる紙・生理用品・紙おむつ等が主な原因となっていることが多いです。

思い当たる節がない、という方はトイレットペーパーを大量に流してしまっていないかを確認してみてください。

もし、原因が100%紙類がつまってしまっていると断定できた場合に限り、お湯やラバーカップを使った方法を試してみてください。

お湯やラバーカップを使った方法は、簡単に言えばつまっているものを、ふやかして流れやすい状態にしたり、真空状態を作って強力な力でひき上げることで、つまりを解消し水を流せる状況にする解消方法でございます。

そのため万が一にも、紙類以外の可能性がある場合、例えば、お子さんのおもちゃや、トイレに置いてあった置物などの可能性がある場合は、無理にこれらの方法を試してしまうと、トイレの奥の方に異物を押し込んでしまったり、異物の形状によっては、トイレの内部やその先の配管に傷をつけてしまったりと、状況が悪化してしまう可能性が高いので、少しでも紙類以外を流してしまった可能性がある場合は、自分で解消することは控え、業者様に相談しましょう。

4・頻繁につまりが起こるか?否か?

今回だけ発生したトイレつまりでしたら問題はないのですが、頻繁にトイレつまりが発生する場合、何か問題が有る可能性が高いです。例えば、トイレつまりが解消したと思っていたら2,3日でまたトイレつまりが起こるケースです。そんな時に多いのが、ボールペンが出てきたり、何故か割りばしや注射器などが出てきたりします。こういった細いものは、水を通しますので全くつまっているようには思えません。

2,3日トイレットペーパーなどを流すことで異物に引っ掛かりまたつまりが発生するという原因が多いです。このケースも業者に依頼した方が得策でしょう。

・いつから症状が現れているか?

・何を流したか?

・頻繁につまりが起こるか?否か?

これら3点の確認が完了したら、次のステップです。

次に、トイレのつまりがどの程度の状態なのかを把握していきます。

トイレにゆっくり水を流してみましょう。勢いよく水を流してしまうと、便器から水が溢れ出てしまい大変なことになる恐れがありますので、慎重に少しづつ水を流してください。

便器の半分くらいまで、水を貯めましたら、便器から水がなくなるまで、水の引き方を確認してください。

1.時間をかけてゆっくり水が引く
2.水が全く引かない
3.水が上がってスーッと引く

おそらく上記の3点のいずれかに該当すると思います。

5・時間をかけてゆっくり水が引く場合

このケースの場合は、トイレットペーパーなどの水を通すものが原因でつまりを起こしている場合が多いです。

しかし、万が一にも紙類以外がつまっていた場合、お湯を使ったり、ラバーカップを用いて、異物を奥へと押し込んでしまうと、状況が悪化し費用も高くなってしまうため、

つまっているものが紙類だと断定できない場合は、ご自分で対処するのは控えましょう。

6・水が全く引かない場合

水が全く流れないケースは流した物により、対応は全く違うものになります。
水を吸って膨らむオムツや生理用品に多いですが、紙類をたくさん流しても起こる場合がありますので、その場合、ラバーカップなどを試してみることです。
オムツやタオルなど、溶けないものを流したと分かっている場合は、押し流すと悪化させてしまいますので、2~3回、ラバーカップで解消しない場合は無理をせずに業者さんに連絡しましょう。

7・水が上がってスーッと引く

水が上がってスーッと引くケースの場合のほとんどが、異物を流したことがトイレつまりの原因となっています。
スマートフォンや、小さい置物、おもちゃなどを落としてしまった場合に、排水口を半分位塞ぐことで、水の処理能力も半分以下になってしまいます。
その結果水が上がってスーッと引くような状態になります。
このトラブルは便器を外さないといけませんので、下手に手を出さずに業者さんに相談してください。

第五章:トイレ修理の費用って大体いくら?

自分で修理をするときにも、必要な道具や部品の購入にお金がかかります。自分でトイレの水漏れを修理する場合にかかる費用は、次の通りです。

トイレの水漏れなどを業者に依頼した場合、作業料金に加えて、基本料金、出張費がかかります。そのほか、修理の内容によっては、交換部品代、廃材諸経費、特殊作業費、深夜・早朝料金などがかかる場合も。 費用で業者を比較するときには、修理にかかる総額をまとめた上で、比較・検討するようにしましょう。
以下に、トイレのつまりや水漏れなどにかかる費用の相場をまとめてみました。

もちろんこれは一例ですので、参考程度に確認していただけますと幸いです。

修理相場

  • トイレのつまり軽度5,000~7,000円
  •  

  • 中度10,000~18,000円
  •  

  • 高度10,000~50,000円
  •  

  • 配管つまり7,000~15,000円
  •  

  • 配管洗浄(高圧洗浄機使用)15,000~38,000円
  •  

  • トイレの水漏れ調整作業4,000円前後
  •  

  • パッキン交換4,000円前後
  •  

  • タンク内部品交換(タンク脱着なし)6,000~8,000円
  •  

  • タンク内部品交換(タンク脱着あり)8,000~12,000円
  •  

  • 給水管交換5,000円前後
  •  

  • シャワートイレ便器交換4,000~12,000円
  •  

  • 洋便器交換25,000円前後基本料金3,000~4,000円出張費3,000円前後
  •  

第六章:まとめ

第六章:まとめ

原則として、ご家庭のトイレが、つまったり水漏れを起こし、早急な対処が必要な場合は、専門の修理業社に頼みましょう。

トイレはその構造的に内部がどうなっているかを一目で判断することができません。

ですので、軽度なトイレのトラブルの場合でも、不具合を発見した時点で、業者さんに徹底的に見てもらい完璧に修理してもらうことで、重大なトラブルを未然に防ぐことにも繋がります。

業者に頼む際の費用は、軽度ものほどお安く、重度なトラブルとなると、費用もそれなりに膨れてしまいます。

トイレの修理は、長い目で見れば、不具合を発見した時にすぐに業者さんに依頼することが、もっとも効率的で、費用も抑えられるのです。