日頃ご家庭でご使用中の台所・キッチンですが、ある時急に水漏れが発生してしまった!
家に帰ってきたら床が水浸しになってしまっていた、キッチンシンクの下から水漏れしてしまっているなど、
急なトラブルが発生した時に対応できるよう準備している方は多くないと思います。一度経験した方であれば、その後の対策は立てやすいですが、初めての水漏れのトラブルに遭遇するとパニックになってしまう人が多いです。
いきなり水が勢いよく止まらなくなってしまったら、驚きますし対処に困ってしまうのは当然ですが、できればトラブルになる前に対処できる知識を持っておくことで、水漏れ以外の余計なトラブルを抱えずに済みます。
まず、水漏れが起きた場合、自分で直すことができるのか、水道業者をすぐに呼ばないといけないのか、など分からないことは多いと思います。

今回はそんな急な台所・キッチンでの水漏れの際の対処方法をご紹介していきます。

第一章:キッチン下の水漏れの原因は

第一章:キッチン下の水漏れの原因は

キッチン下の水漏れが発生した場合は、主に以下のような原因が考えられます。

・ゴムパッキン劣化
・排水ホースの損傷や不具合
・排水パイプのナット緩み
・排水管のつまり

などがあります(あくまで多い要因です)
それぞれの原因とその解決方法については次のようになります。

1・ゴムパッキン劣化

シンクと排水トラップの繋ぐ箇所には、水が漏れないように大きなゴムパッキンが設置されており、このゴムパッキンが経年劣化していると、ゴムに不具合が出て隙間ができてしまい、シンクの下に水が漏れが発生してしまいます。

ゴムパッキンは、ホームセンターなどで手に入れることができますので、購入・交換すれば直ります。
サイズが同じものを用意する必要がありますので、わからない場合は、お使いのゴムパッキンを持参して、確認して購入しましょう。

2・排水ホースの損傷や不具合

ご家庭でご利用中の排水ホース。キッチンの床下の排水管に差し込むように取り付けられており、こちらが経年劣化によって破損したり、破れてしまったりすることで水漏れが起こってしまいます。

排水ホースが破損してしまうと、水を流すたびに水漏れが起こりますので、早急にホームセンターで新しい排水ホースを購入して取り替えるようにしましょう。

また、この排水ホースが何かの拍子で排水管からずれてしまったり、抜けてしまう事があります。排水ホースが抜けてしまったまま水道を使っていると、そこから水漏れが発生してしまいますので、しっかり定位置に設置しなおしましょう。

シンク下と言う目立たない場所で気付きにくい箇所のため水漏れしてしまうまで発覚が遅くなることが多いです。

3・排水パイプのナット緩み

シンクの下の排水トラップと排水管や排水パイプの接続部分にナットと呼ばれる接続部品があり、このナット部分が緩んでいると、繋ぎ目に隙間ができてしまいシンク下に水漏れが発生してしまいます。

排水管・排水パイプのナットの緩がある場合は、これを締めなおせば水漏れが直せますので、試してみてください。

4・排水管のつまり

排水管部分から水漏れが発生しているときは、排水管のつまりが原因と考えられます。その際は、排水管の掃除をするなどしてつまりを取り除きましょう。
パイプクリーナーや、重曹やお湯を使ったつまり解消法や、配水管を外して直接つまりの原因を取り除き、水漏れを解消しましょう。

第ニ章:専門業者に依頼する場合

水漏れが発生した際は、まずは落ち着いて水漏れの箇所を特定する。こうすることにより修理作業がスムーズに進むことが多いです。
しかし急なトラブル、どうしても自分で修理できないケースもあります。調べて試してみたけど、どうしても直らない場合は水道業者に早急に依頼し、水漏れの被害が少ないうちに解決しなければ、他の被害にも発展してしまう可能性もあります。

1・水道業者に依頼する際の注意点

水道業者へ依頼する際の注意点として、水漏れの状況を詳しく説明し、どのくらいの費用になるか見積もりを出してもらうようにしましょう。電話での見積もりと、実際に出張して診断しての値段は多少変わってきますが、あまりに高額な料金を請求してくる業者も中には少なからず存在します。できればいくつかの水道業者へ連絡して、電話で見積もりの費用感を確認し、他の水道業者よりも高額だったりする場合には高額見積りを提示した水道業者は避けるようにしましょう。

↓ご相談から修理までの流れはこちらから↓
お電話でのお問い合わせはこちらからtel:0120-245-990
はじめての方限定!基本料金0円キャンペーン開催中!

第三章:まとめ

第三章:まとめ

キッチンの床から水漏れしているように見えても、きちんと水漏れ箇所を確認しないと実は床からの水漏れではなく、パイプ・排水トラップ・パッキンや排水管のつまりが原因で水漏れが起こっているケースもありますので、まずは水漏れの原因となっている場所を特定しましょう。
水漏れの箇所さえ特定することができれば、修理作業はスムーズな場合が多いです。

しかし、場合によっては、自分での修理が不可能な水漏れのケースや、水漏れ以外の修理も必要になってくることもありますので、そんなトラブルに遭遇してしまったら、迷わずに水道業者へ早急に連絡して解決するようにしましょう。

↓ご相談から修理までの流れはこちらから↓
お電話でのお問い合わせはこちらからtel:0120-245-990
はじめての方限定!基本料金0円キャンペーン開催中!