お風呂の掃除でのお悩み、日々お風呂をお使いになっていて、つい掃除をさぼってしまい気付いた時にはお風呂にカビができてしまっているといったご経験がある方は多いかと思います。季節にもよりますが、数日掃除をさぼってしまっただけで、カビが生えてしまったりしますよね。
しかもカビが生えてからしばらく放置してしまうと、頑固で取れにくなったりして、綺麗に掃除しようとしても一苦労です。

そこで今回こちらでは、ガンコで中々落ちないお風呂場のカビを徹底的に綺麗に落とす方法をご紹介していきます。

 


 

第一章:カビの性質を理解して効果的にキレイにする

お風呂場でのカビと言えば、浴室、浴槽の床や壁や目地に発生する黒い斑点のようなカビ、『黒カビ』をよく見かけると思います。
この黒カビを綺麗に落とそうと思ったら浴室用のカビキラーなどの市販の洗剤等を使ってブラシで落とす方も多いですが、カビを効率よく効果的に落とすには、カビや汚れの種類や性質によって効き目のある洗剤を使って正しい掃除方法を行う事で綺麗に落とすことができます。

1・カビが繁殖する環境と性質

カビは汚れではなく、生きている菌と言う事になりますので、放置しておくと浴室や浴槽全体に繁殖と増殖を繰り返して広がっていきます。

カビの繁殖が活発になる条件はいくつかあり、浴室のような湿気と温度がある場所は、カビが増殖するには好条件となっています。

カビの繁殖条件

  • 温度20~30℃
  • 湿度65%以上
  • 皮脂や水垢などの栄養分
  • 酸素

等になります。ですので、この条件のいくつかをなくすことでカビの繁殖を抑える事ができます。
ですがまずは、カビが発生してしまっている場所を綺麗に除去することからはじめましょう。

カビがもっとも苦手としているもの、弱点は殺菌効果の洗浄洗剤などや50℃以上温度や熱、そして乾燥した室内という条件になります。

浴室のような場所のカビの発生を抑えるには、殺菌効果のあるカビ取り洗剤や50℃以上のお湯を使って対処します。

2・カビを取り除くためには

カビ菌は「菌糸」という植物の根のようなものを伸ばして繁殖すると言われています。
特にパッキンなど柔らかいものは、カビ菌が奥まで根を張りやすい素材となっていますので、やはり浴室はカビが繁殖するには好条件となります。
ですので、パッキンなどの表面をこするだけではなく、奥まで届かせないといけませんので、カビ用洗剤や熱湯などを使用してカビの根に浸透、さらには密着させて死滅させる事がカビを取り除くうえで重要となり、非常に効果的な対応策となります。

第ニ章:カビ用洗剤の特徴と種類

市販で売られているカビ用洗剤にはいくつか種類があり、「酸素系漂白剤」「塩素系漂白剤」が一般的に広く売られています。どちらにも除菌・漂白効果がありますが、効果の強さが違ってきます。

根を張ったカビや、時間が経った頑固なカビには、効果の高い塩素系が効果的ですが、効果の高いカビ取り剤には強い塩素臭を持っていて、酸性の洗剤と混ぜると有害ガスが発生してしまう為、取り扱いには十分な注意が必要となります。
お子さんやペットがいるご家庭での使用は、臭いが弱く塩素系より安全性の高い酸素系を使うとよいでしょう。

1・酸素系

酸素系の特徴

  • 弱アルカリ性の粉末タイプ
  • 高い除菌や漂白効果あり
  • 臭いが弱く、酸性洗剤と混ぜても安全

2・塩素系

塩素系の特徴

  • アルカリ性の液体タイプ
  • 除菌、漂白効果が非常に高い(酸素系より高い)
  • 塩素臭があり
  • 酸性の洗剤と混ぜると有毒なガスが発生するので危険

3・環境に優しいエコタイプ

市販の洗剤以外でも、ご家庭のお掃除には欠かせない「重曹」「クエン酸」などのエコ系洗剤もカビとりには非常に効果があります。

酸素系や塩素系の洗剤に比べて、洗浄効果は強くはないですが、臭いもなく手で触ったり口に入っても安全なので大変扱いやすいです。

重曹やクエン酸などの特徴

  • 環境・人体に害のない粉末タイプ
  • 酸素系や塩素系に比べて除菌、洗浄効果は弱い
  • 臭いがなく触っても安全

第三章:効果的にカビを落とすためには

市販のカビ取り用洗剤をただ使うだけでなく、より効果的にそうじをすると、更に掃除をするのに手間がかからずきれいにすることができます。

効果的に落とす手順

  • カビが生えてるところは水分を十分になくしてから洗剤を使う
  • カビに洗剤を十分に密着させる
  • 数時間放置して十分に浸透させる

十分に水分をふき取らずに水気が残っているとカビ用洗剤を使っても水で薄まるため、必ず十分に水分を拭き取って浴室内を乾燥した状態で使用しましょう。

さらに、カビ菌は酸素がある環境では活性化するので、カビに酸素が触れないように、洗剤を染み込ませたキッチンペーパーで蓋をして、その上から蒸発防止のためサランラップでさらに蓋をするととても効果的です。

さらに、カビ菌を完全に死滅させるために、十分に浸透させるようにしましょう。すぐにブラシでこすったり水で洗い流したりするとカビに浸透せず効果が薄まります。

第四章:カビ用洗剤の使用方法

1・酸素系漂白剤

粉末の酸素系漂白剤に40℃のぬるま湯を少しずつ加えていき、ペースト状に固くなってから使用しましょう。
カビに塗りつけたら上からサランラップで蓋をして数時間程放置しましょう。
十分に放置してからブラシなどで強くこすらず優しくこすり落としながら水で洗い流すようにしましょう。

2・塩素系漂白剤

液状の塩素系漂白剤は、カビに密着させるように直接塗布し、その上からキッチンペーパーで蓋をして、その上から更に漂白剤ををかけてサランラップで蓋をしましょう。

数時間放置して良く浸透させてからブラシで優しくこすりながらカビを落としましょう。この時、パッキンに使用する場合、パッキンは塩素系に非常に弱いので、長時間放置しないように注意しましょう。

3・重曹とクエン酸

重曹とクエン酸を混ぜ合わせると、炭酸ガスが発生し、この発砲した泡が非常に洗浄効果の高い性質を持っています。

カビに密着させるため、重曹に水を加えながらペーストにしてカビに塗布し、その上から水500ミリリットルに対して小さじ3杯のクエン酸を混ぜたクエン酸水用意しておき、クエン酸水をスプレーしましょう。
サランラップで蓋をして数時間程放置してから、ブラシなどで優しくこすってカビを落としましょう。

第五章:専門のクリーニング業者に依頼する

何度掃除してもカビが頑固で中々綺麗にすることができない場合や、カビ以外の汚れ、水アカがこびりついて自分では落とすことができなかったり、掃除の時間や手間をかけるのが面倒だが、浴室を綺麗にしたいとお考えでしたら、専門の水道業や、クリーニングの専門家に一度依頼してみてはいかがでしょうか?

やはり、自分で掃除するよりも一度専門の業者にすべてを綺麗にしてもらい、そのあとからは自分でこまめに掃除して綺麗な状態を保てるようにするのも一つの手です。

一度長期間放置してしまうと中々全てを綺麗にするのは大変ですし、時間もかかりますが、専門の業者であれば、簡単にキレイにしてくれてお勧めです。お風呂場のカビや汚れでお悩みの方は一度ご相談してみてください。