水道の水漏れでポタポタ…変な音が聞こえてきたので台所にきたら蛇口から水がポタポタ落ちてきた。

なんて事はありませんか?

パッキンや元栓を締めてもポタポタ水が漏れるので、どうやったら蛇口の水漏れが止まるのか原因もわからなければ対策もわからないなんてことも。

水道の蛇口、水漏れ修理は部品交換だったり素人では全然わからないです。

また「蛇口がゆるんでるだけ」なら個人でもレンチやスパナで直せますが、実際に蛇口のゆるみを直しても、少しすると水漏れのポタポタ音が聞こえてくる・・・。水道の水漏れでは、どこから漏れてるのか確認が必要です。

しかもお風呂、台所、トイレなどの場所で、見つけ方や探し方も時間がかかって大変です。特にお風呂やトイレでも水漏れの原因が違ってきます。

今まで水漏れについて元を締めれば大丈夫と思っていた方もトイレのタンクの中だと内部の水を止める仕組みが動いてないのが原因で、どう対処していいのかわからない場合があります。

水道の水漏れも場所によって原因や対策は様々ですが、個人でも直す事はできるのか?考察していきたいと思います。

 

「水道の水漏れ 蛇口からポタポタ・・・」

もしかしたら誰でも経験があるかもしれません。

夜中、寝るときに水道の蛇口から水がポタポタ…

とっても嫌な音です。

寝ようになれなく水道の蛇口を強くひねらないと水漏れが止まらなかったり強くひねっても水漏れが発生し1日中ポタポタの音に悩まされます。

私もキッチンの水道蛇口から夜寝るときポタポタの音が朝起きるまで、1日中なってましたが眠れなく、うるさい音が続くので、これにはうんざりでした。

「蛇口の水漏れ原因について」

色々な水漏れが発生しますが、まずは蛇口からの水漏れが原因の場合について解説していきます。

 


 

第一章:ハンドル混合水栓の場合

第一章:ハンドル混合水栓の場合

吐水口から水がポタポタの原因はありませんか?一般的には、これに悩まされるケースが多いです。

家にいない時は水漏れの音は聞こえませんが、家にいる時は水漏れがシンクにポタポタっと流れ落ちる音がとにかくうるさいです。
また、ポタポタは、その時により流れるスピードこの時は、とにかくハンドルを強くひねって水を止めようと試みたりします。ハンドルをギュッとひねれば水が止まりポタポタの音もなくなりますがずっと続けてると、いつもより、うるさい音でポタポタも早く流れ不快感を覚えます。

ハンドル混合水栓で水もポタポタがうるさい、夜中に全然眠れない場合はパッキンが劣化している可能性がありますのでパッキンの交換をします。
またパッキン交換して蛇口、水道の水漏れポタポタの音が直らずうるさい、イライラする場合は水栓本体の交換をしたほうがいいでしょう。
ハンドル混合水栓を自分で直そう!と思う場合、以下の工具が必要になってきます。

プラスドライバーやレンチ、マイナスドライバー等また、メーカーによりハンドル混合水栓の形も若干変わるので揃えたほうがいい工具も変わってきます。

第ニ章:シングルレバー混合水栓の場合

第ニ章:シングルレバー混合水栓の場合

シングルレバー混合水栓でよくありがちなのがハンドル下から水漏れパターンです。普段シングルレバー混合水栓を使っていると吐水口から水が出てきますが止め忘れ、ハンドル下からちょろちょろと水が止まらない、いつもはちゃんと水が止まったのですがいつまでもちょろちょろと止まらなかったりシングルレバー混合水栓で水はでるけど、ちょろちょろした水も気になる場合があります。

ハンドル下からちょろちょろと出てくるのには原因があります。それはシングルレバーを長く使っていた、10年以上利用していると中の部品バルブカートリッジが消耗し、ちょろちょろと水が止まらない原因となりますので交換などの対策をしてあげましょう。

 

次に、スパウトの上部分から水漏れしている場合があります。スパウトの位置はハンドルからの水漏れよりも下部分になりますが、ここも、ちょろちょろと流れて「水道代の無駄なんじゃないか!」そう思えますがついついシングルレバーを下ろすのを忘れてたなんて事があります。
こういった場合バルブカートリッジやパッキンが古くなってしまい水漏れ原因でもありますが修理する時も「どっちを変えてあげるべきなんだ?」と迷う場合もありますので時間や金額を多くかけてしまいますので業者に頼んだほうが早い場合が大半です。

第三章:キッチンのハンドル水漏れが2回ほど…

第三章:キッチンのハンドル水漏れが2回ほど…

キッチンは料理や水をだしっぱなしにしている、もしくはハンドルをギュっと強く握り締めたりする時があって自身の家ではハンドル部分や吐水口からの水漏れを経験しました。

その時はハンドル部分からの水漏れについては、はじめてだったので、さほど気にせずギュッと締めれば水は止まっていたので、そのままだったのです。
だけど吐水口からは水のポタポタがうるさく、夜中では眠れない、イライラしてました。
これも隣の部屋だったのですぐにハンドルをギュッと握ったり吐水口のポタポタが落ちる真下に三角コーナーの角にこさせたり、タオルを弾いてみたり素人なりの対策はしていたのです。

10年ぐらい前の事なので、あまり覚えていませんが業者に水道のポタポタを修理してもらいました。直してもらうまでは水道のポタポタがうるさいままで、寝てしまえば音は聞こえず寝れないままだと音は聞こえたままです。

1・早くに修理が必要だった

1・早くに修理が必要だった

水道の水漏れについては、吐水口から水が出てきたかな、と思えればすぐに修理をした方がいいです。

どれだけ悪いかは吐水口から流れるポタポタのスピードでわかりますが結構な悪さだとポタポタは数秒に1回、その時も水道代が無駄になるので、自分で直すなり、業者さんにお願いした方が良いです。

第四章:業者に修理を頼むメリット

第四章:業者に修理を頼むメリット

時間がなくて忙しいなら、業者にお願いしてうるさいポタポタの音を直してもらいます。
もちろん料金はかかりますが
「最近忙しくて時間もないし・・・」
「仕事が終わって夜帰ったらポタポタがうるさいから…」
お金はかかるけど、ポタポタもうるさいし眠れないから業者にお願いしたほうが早い、これは人の生活によっては、直す時間もなければ工具がなくて揃えるのもめんどくさい、揃えても直し方がわからない、それを調べる時間があれば、少しでもお金を稼いだほうが良い。
など色んな理由の場合あきらかに業者に直してもらったほうが良いです。

また、業者って本当に直してくれる?
高い料金を請求されそうだし・・・と不安な場合実際に電話などでどの部分からポタポタがきてるのか伝えてみて料金はどれぐらいかかるのか聞いてみるのもいいでしょう。

2・業者に修理を頼むデメリット

2・業者に修理を頼むデメリット

蛇口からの水漏れを直してもらうのに4万~かかる場合がありますが時間もあって自身でネットで調べて直せる、工具も家にあったり、もしくはコーナンで揃えるのが好きで手先が器用な場合特に業者にお願いする必要はないかと思います。
今後、水道の水漏れで吐水口からポタポタが発生する事があっても自身で水漏れの直し方、知識がある場合(パッキンの交換方法など)
「いつもよりハンドルが硬くなってきた?」
「水道蛇口 ハンドル下から水が漏れ出した」
三角パッキンを交換しよう。という事であれば業者に高いお金を払ってまで直す必要はないのです。
もちろん一番のデメリットはお金がかかる事で一度お願いすると次の水道の水漏れがあったとき高いけどお金を払って業者にお願いしよう、となってしまいがちです。

3・業者にお願いして安心できる事は?

3・業者にお願いして安心できる事は?

コマやパッキン、または蛇口本体を交換してくれるので自身で修理する手間や時間を節約できます。
もちろんシングルレバー、ハンドルなのかで買い揃えるものは、自分でやらなくて済みます。

4・新品交換か部品交換か?

4・新品交換か部品交換か?

これは業者が新品交換を勧めてくる場合がありますが

「部品だけ交換して!」

「ポタポタのうるさいのが止まればいいから」

といった場合部品だけで新品は結構です。といえば、それまでですがたしかにポタポタがうるさいので業者にお願いしたのですがその業者から新品交換はどうですか?
そう言われれば、売りこみされているようで嫌な気分にはなります。

業者側からも「仕事だから部品だけ交換」をお客様に提供すればいいのです。ここで業者側が、なぜ新品交換を勧めるのか?
これはレバーの蛇口寿命は10年程度と言われています。もちろん新品の状態から「10年後に水漏れした」ではなく10年以内なのか

それまでの使い方で変わってきます。この10年の期間の間に部品の製造が終了されている場合、手に入れるのが困難で、運よくどこかで見つけても値上がってたり

見つけるのに非常に時間がかかったり仮に見つかってもありえない価格だったという場合もあります。
すぐに見つかったパターン、製造していた事を考えて部品交換したとしても10年近くは経過してる事を考えても他の部分が悪くなっている本体自体が痛んでて壊れやすくなっている場合もあります。
なので、部品交換だけしても、またしばらくして蛇口が壊れてしまうケースもあり業者は部品交換ではなく新品交換を勧めてくるのです。
もちろん業者により異なりますが蛇口を新品にする時にどういった蛇口にするのか?キッチンの場合ワンホールやツーホールがありますが場所によっては節約の節水型のシャワー蛇口などの提供で節約を勧めるといった業者からの提案がある場合もあります。

5・新品交換へのメリット

5・新品交換へのメリット

これらを考えても、今後古くなった部分を余計に取り替えなくて良い。より節約できる新品交換を望めます。
ただ、業者により価格の高い新品を勧めてくる場合があります。なので、色んな業者に電話して
「新品交換だといくらぐらいですか?」
もしくは
「昨日からポタポタがうるさいので直してほしいのですが、部品交換か新品に交換するのか?どうでしょうか?」
など、詳しく聞いて検討したほうがいいでしょう。
そして何より良いのは、今後10年程は故障の心配はないという事です。もちろん10年以内に故障してしまったなどはご自宅での水の使い方、ハンドルをきつく締めているなどで

「ハンドルが外れてしまった」

「ビズを固定しなければいけない」

などはありえますが、新品交換してもらったという事で、なるべく三角パッキンの交換などはしなくても良い状態になります。
またポタポタなどの吐水口から流れ落ちる嫌な音も当分の間は聞かなくても良いようになります。

6・やっぱり部品交換の方が良かった場合

6・やっぱり部品交換の方が良かった場合

これは水道 水漏れの修理に対して業者から

「今の状態ですと部品交換より新品交換の方がいいですね」

などと言われ、実際新品交換したけど料金があきらかに高く、自分では部品だけで良かった場合もあります。

中には新品にしましょう、と言ってきて高額請求してくる悪質な業者もいる事はたしかです。
他社よりも数倍の価格で請求してくる業者も存在するので、やはり電話やネットを見て信頼できる業者か検討する必要があります。

ちゃんとした業者の見分け方はどういった説明をしてくるかによりますがどういった蛇口、新品に交換する事によって得られるメリット、以前との違いは何か?コチラの提案を聞き入れてくれるのか?

これらを一から説明してくれる業者に頼んだほうがいいでしょう。先程の例でいいますと新品の場合他の部品も痛んできてるので、新しく変えた方が後々安くなってくる。
10年間を目安に変えなくていい。新品交換する時に節約を重視するのか?機能面で、一定のお湯を使えるようにするのか?1つのレバーハンドルで温度と量を調節できるのか?

また、軽い説明で部品だけの交換をしてくれるのか?
これらを含めて色々と説明してくれる業者を選ぶべきです。

第四章:業者にお願いしたらどんな感じか?

第四章:業者にお願いしたらどんな感じか?

時間帯によりますが深夜の場合価格が高くなり、普段とられる金額の倍ほどにはなりますので呼ぶ時間帯も気をつけます。

もちろん見積もりなどは提出されますがまずは専門のスタッフが調査しにきますのである程度は説明するけど専門のスタッフにまかせておけば規模や状況などを見てくれどれぐらいの水漏れトラブルなのか説明してくれます。

ここで見積もり提出で他社との料金などを見比べたりするのがいいですが万が一、水漏れが(ポタポタがうるさい)嫌と思えたらすぐに修理してもらうのがいいでしょう。

「どうしてもポタポタがうるさくて」

「蛇口のハンドル操作が固い」

こういった場合、急いで業者に早く直して!といってしまいがちです。そうなった場合、先に説明しました時間帯など、深夜になってしまう場合もあるのでできれば相手も別の仕事を終えてからの方が料金が安くなる場合もあるのであまりせかさないほうがいいかもしれません。

第五章:状況を伝えると業者も安心する

第五章:状況を伝えると業者も安心する

まったくわからないよりかはわかったほうが安心します。というのも、どこが悪いかわからない場合パーツの揃えようもないのとパーツがなかった場合買いに行くなどの手間がかかりますのであらかじめ状況を伝える事をオススメします。
吐水口から水がポタポタ流れ落ちるのかハンドル下から水が漏れているのか?
場所はキッチンか風呂か?年数の経過や何日前から気になりだしたのかわかりやすく伝えましょう。

第六章:業者を呼ぶ時に気をつける事

第六章:業者を呼ぶ時に気をつける事

どうしても水が必要だし、今の状態だったら水を使うことができない。
そんな時、「急いで来てください」とせかしてしまいます。安心して水道の水漏れを直してもらうには見積もりをしてもらうのがいいのですが急いでしまうと、業者側も見積もりのヒマなく水漏れを修理してしまいます。
この時に業者が安心できる方ならいいのです中には悪質な業者もいますので、そういった方に当たれば10万以上のお金をとられてしまうこともありえます。

部品交換より新品交換で、今後修理の必要はなく10年は使い続けるために。そういって、契約してしまった場合、急いでるときほどパニックになり考えるヒマも与えず、業者は高額請求してくる場合があるのです。
また、水漏れした場合は止水栓を止めたり、その事を業者に伝える必要がありお互いが焦る気持ちをなくし、色んな会社に見積もりを出して安くおさえる必要があるのです。

1・大事なのは考えて修理してくれるか?

1・大事なのは考えて修理してくれるか?

ここで大事に考えてくれるというのは高額請求や悪質でないのが挙げられますがまず業者から、考えてもらうのも大事ですが、コチラから焦らさずに状況を伝えるのも大事です。

ましてや新聞の広告などにはすぐに目がいってしまいがちですが選ぶべきは場所の近さも重要です。まずはネットなどで無料請求をして、他社と見比べて価格は高くないか?ゆっくり調べてみる。

一度業者に水道の水漏れ修理をしてもらえると次回もお願いできます。逆に、初回になんの説明もなしに後々になって予定していた料金より高くなりました、こういってくる業者もいます。

部品か新品交換か、これらも気になるところですがこういった事も含め、わかりやすい説明もしてくれる業者は安心できると言えるでしょう。