ご家庭での料理をする際に、電子レンジを使う事は多いと思います。特に毎日使っているご家庭では、電子レンジ内部の汚れに気づきにくく、定期的に掃除をする機会も少ないのではないでしょうか?電子レンジの外側は拭き掃除をしていて綺麗に見えても内側はかなり汚れていて、ずっと掃除していないとかなり頑固な汚れになっていて簡単には落ちなくなっているケースが多いです。
今回こちらでは、電子レンジの内部を簡単に綺麗にする掃除方法をご紹介していきます。

第一章:重曹を使うだけでとっても手間いらずで簡単にキレイに

電子レンジの外側を綺麗に掃除していても電子レンジの内部は中々掃除してなかったり、簡単な拭き掃除だけで済ませている場合、電子レンジ内部は、ターンテーブルの下や、庫内の壁や天井電子レンジ裏側の通気口などには、汚れが付着していたり、ゴミが溜まっています。

電子レンジの内側は、温め過ぎた食品や液体が飛び散ったりして意外と汚れていて、これらをお掃除しないと、汚れが焦げ付き、簡単な掃除だけでは落ちない汚れになってしまいます。

汚れたままの電子レンジの汚れはそのまま溜め続けると、衛生的に悪く、雑菌が繁殖して嫌なニオイが出たりするだけでなく、電子レンジの機能にも影響が出て電子レンジの寿命を縮めたり、無駄な電気を消費しまったり、最悪の場合は、庫内の汚れが発火するなどのアクシデントの発生もあり得ます。

第ニ章:電子レンジの掃除で必要なもの

電子レンジの掃除で必要なものは、ご家庭の掃除で大変重宝する、スーパーやホームセンターなどで簡単に安く手に入る、重曹と、ご家庭でご使用の電子レンジ対応の容器。これで電子レンジ内部を綺麗にすることができます・
重曹は、汚れを落とすだけでなく、ニオイを取るのにも役立ちますので、ご家庭の掃除の際には必ず用意しておきたい重要なアイテムで、電子レンジ以外でもいろんな掃除で使えますので、用意しておきましょう。

その他に、ガンコな汚れを落とすために必要な、器用中性洗剤も用意しておきましょう。

第三章:たったひと手間だけで電子レンジ内部が新品同前に

電子レンジ内部の汚れを重曹入りの水蒸気でふやかすことで、こびりついた油汚れなどが簡単に落ちます。今後の電子レンジ掃除は簡単なひと手間だけで完了してしまいますので、ぜひ実践してみてください。
重曹水を耐熱容器に入れ、電子レンジで3~5分加熱しましょう。重曹の量は、水300ミリリットルにに重曹大さじ2.5杯程を混ぜ合わせておきます。電子レンジで加熱すると、水の沸騰とともに水蒸気が発生します。
電子レンジで加熱したら、そのままの状態で3,40分ほど放置しておきましょう。電子レンジの内側が重曹水水蒸気で蒸した状態になり、汚れがふやけて浮き上がってきます。時間が経ったら、耐熱容器を取り出しましょう。
電子レンジ内部の壁を先ほど加熱した重曹水を布巾に十分に含ませしっかりと拭き取ります。するとふやけた油汚れがさらに綺麗に落とすことができます。合わせて電子レンジの外側の側面、裏側、そして電子レンジ下など電子レンジ全体を綺麗に掃除してしまいましょう。最後に乾いたタオルで水分を拭き取ると、新品同様の綺麗な電子レンジになっているはずです。
乾拭きは水分が残ってしまうとカビの原因になりますので、水分が残らないようしっかり拭き取っておきましょう。

第四章:重曹でも落ちないような強力な汚れがこびりついている場合

重曹水でふやかす方法でも落ちないような長期間にわたって蓄積された強力な汚れは、中性洗剤を染みこませたキッチンペーパーを内部に貼り付けて、重曹水と同じように加熱し、汚れをふやかします。
電子レンジが故障する原因になりますので、硬いタワシでこすらないようにしましょう。汚れが取れない場合でも、繰り返しお掃除していくうちにキレイになっていくので、何度か繰り返し掃除を試してみてください。

綺麗になった後は、電子レンジの使用後は、簡単でもいいので電子レンジ内部をこまめに掃除するようにして綺麗に維持できるようにしましょう。電子レンジを使用した際に、残った温度が温かいうちに拭き取ってしまえば、汚れがこびりかないので、汚れたらそのままにせず、こまめなお掃除を心がけましょう。