ご家庭での生活排水、日常生活を送っているだけでも人々は大量の排水を流していて、そこでの排水溝のトラブルはかなりの頻度で発生しております。中々その排水量を確認することはないので、どのくらいの量を排水しているのか意識しずらいところではあります。日頃から台所や洗面所や浴室などにある排水管のメンテナンスは非常にトラブルを防ぐためにも非常に大切になります。

生活水を普通に排水を流し続けていると、水漏れなどのトラブルが起こりやすいので注意が必要です。そこで今回は、排水管のトラブルを予防するための心がけや手入れについてご紹介していきたいと思います。

 


 

第一章:排水管トラブルの主な原因とは

第一章:排水管トラブルの主な原因とは

一般的に排水管のトラブルと言えば、水が流れなかったり水漏れになったりが思いつく事例だと思います。排水管のトラブルを避けるには、排水管のトラブルとなる原因について知っておくとトラブルの回避に役立ちます。
当然の事ながら排水管がつまった状態をほうちしていると、水がスムーズに流れなくなります。少し排水の勢いが弱くなっていると思っていても、しばらくすると水が流れる、といった場合はそのまま放置してしまう方も多いかと思いますが、もしもそのまま何の手入れもせずに放っておくと、つまりが蓄積してしまい、ますます流れにくくなっていきます。

メンテナンスをせずに放置したまま、更につまりが酷くなってしまうと、完全に水が流れなくなるというトラブルになってしまいます。
更には、たまった水が排水管の許容量を超えてしまい、接合部分などから水漏れになってしまうという二次災害にもつながります。水漏れが起こるときに、排水管が水圧で破裂、破損してしまう事もあり大変危険です。排水管や機器の経年劣化により、素材が脆くなっていると更に壊れやすいので注意が必要です。

破損した部分から大量に排水が溢れ出すと、床上への浸水や悪臭が発生してしまうなど、更に面倒なトラブルが増えてしまいます。マンションなどで階下に浸水した場合は、住民トラブルや賠償問題といった排水管トラブルから他のトラブルへの発展が良く起こりますので早めの対処をする必要があります。

こういった排水管トラブルなどのトラブルを回避するためには、日頃からつまらないように気を使う事と、つまった時の迅速な対応が必要になります。洗面所やキッチンなど排水管のある箇所によってつまりの原因は変わってきます。
ですので、生活排水の排水管の場所ごとのメンテナンスの方法を理解し、実際に対処するようにしましょう。

第ニ章:トイレの排水管のつまり予防と対処法

トイレは一日当たりの使用頻度も多く、一回の使用でも大量の水を流しています。そのため正しく使用している限りはつまることはあまりありませんが、トイレの節水を良く行っているご家庭の場合、必要以上に水の量を少なくしてしまっていたり、トイレットペーパーをたくさん流す癖があると簡単につまってしまいます。

ですので、基本的には正しい使用方法や水の使い方を心がけることがトイレの排水管のつまりやトラブルを予防する対応策となります。
一人でのトイレの使用の場合ですと難しくないのですが、ご家族での使用場合となると、一日の使用頻度が多く、中には正しくないトイレの使い方をする人もいるでしょうし、家族全員に正しく使用方法を守らせるのも難しく、小さなお子さんがいるご家庭だと更に困難になります。

排水管のつまり自体が気付きにくく、普通に使用できる状況でも、実は排水管がつまりかけているという事態になっていることも良くあります。そのため、トイレ用の『ラバーカップ』を使用して、定期的に排水管のメンテナンスをしてあげるのが良いです。
ラバーカップの使い方自体はとても簡単で、つまりも効果的に取れますので、常に用意しておくとよいです。

第三章:台所・キッチンの排水管のつまり予防と対処法

台所・キッチンの排水管は、食後の食器を洗った水が流れてくるので油分がこびりついていたりしますので、流したときは液状でも、排水管の中で冷えると固まってしまいます。

食べ残しや調理後の食材の残りが流れていくので、それらも排水管の内部に溜まり、つまりの原因になります。
こうした要因が排水口に流れ込まないようにすることが排水管トラブルを回避する対処法です。
油を使った料理の後の食器類や調理器具は、すぐに洗い流さないようにし、食材や食べ残しが残っている場合は流さずに残飯処理をします。
油汚れがある場合は、キッチンペーパーで拭き取ってから洗うようにします。

しかしながら、油分が流れていくのを全部防ぐことはできませんので、排水管の中で油が固まる前にお湯をしっかりと流すようにしてください。
大量に注ぎ込めば、油分以外の汚れも水圧で洗い流せます。お湯を流す際には、排水トラップを外して直接流すようにしましょう。
お湯に洗剤を混ぜて流すと洗浄力が高まります。

油を流すときにお湯を流すだけでなく、すでに排水管内で固まってしまった油を流すためにも、定期的にお湯で排水溝のメンテナンスをするとつまりの予防になります。

第四章:洗面所の排水管のつまり予防と対処法

洗面所のつまりは、排水管の接合部分に石けんカスや皮脂・整髪料・洗い流した化粧品などのカスが流されずに溜まっていきつまりを生じさせます。
そういった要因で排水管に溜まった汚れの量が多くなり、さらには髪の毛などのゴミがひっかかりやすくなり、つまりが酷くなっていきます。

排水管の中にゴミが入らないようにすることでつまりの対処法となりますので、髪の毛などが排水管に流れないように気を付けましょう。
洗面所の排水栓についているフィルターは目の粗いものが多いです。そのまま使用していると、大きなゴミでも素通ししてしまいます。
排水溝に使い捨ての目の細かいネットをフィルターに設置します。さらに排水栓にひっかかったゴミが排水管に流れていくこともあるので、できるだけこまめに掃除するようにしましょう。

排水栓に付いたぬめりや垢などを落として、ヘドロのようになった状態なら塩素系漂白剤を使って洗い流しましょう。排水口の中にも吹き付けて、水で勢いよく洗い流しましょう。

第五章:お風呂場の排水管のつまり予防と対処法

浴室の排水管は、浴槽と洗い場の排水が1つの排水トラップに流れる構造が一般的です。その先に接続されている排水管には、浴槽と洗い場から流れてきた汚れや石鹸垢などのいろんな汚れの要因が流れていきます。それぞれに簡易的なフィルターがついていますが、お湯に溶けているものはそのまま通過してしまいます。
シャンプーやリンス、体から出た垢などが排水管に溜まってしまいます。
さらに、フィルターを通過した髪の毛がそれらと絡まってつまりの原因となるのが、お風呂場での大きなつまりの原因となります。

お風呂場では気付かぬうちに髪の毛が大量に流れていくので、お風呂使用後にはこまめにフィルターに残った髪の毛を掃除するようにすることがつまりの対処法となります。洗面所での対処と同じように、目の細かい排水ネットを取り付けておくと、髪の毛が通過しにくくなり、さらに排水ネットごと捨てられるので掃除の手間も大変楽になります。

第六章:自分での対処が難しい排水管のトラブルは専門業者へご連絡ください

毎日の掃除やメンテナンスを行う事で排水管のつまりの予防になるので日々気を使う事は大事ですが、しかし、どうしても汚れが少しづつ蓄積してしまうものです。ですので定期的に本格的に大掃除を行うようにしましょう。市販のパイプクリーナーや、ワイヤーブラシ使用して、パイプまわりの汚れを除去するとよいです。

普段からのメンテナンスを十分に行っておくことで、配水管とのトラブルを予防することはできますが、ずっと継続して行う事は難しい場合もあります。その結果つまってしまって、自分での対処ができないような場合は、無理に自分で処理しようとせずに、専門の水道業者迄お気軽にお問い合わせください。
大きなトラブルになってから対応するよりも早めの対応が解決までの時間を取らずに済みますので、もしもの場合は悩まずに連絡してみましょう。