はじめに

 

水道の水が止まらない、水が流れない、水が漏れてくる。

そんな緊急事態が起こっていませんか?

 

今現在、これらのトラブルが起こっているあなたは、下記に従って落ち着いて原因を突き止めて、今すぐ水道業者に連絡しましょう

 

まだ起こってないけれど、水道関連の故障が起こらないか不安

水道トラブルの対策方法が知りたい

どんな業者さんがいるか比較したい

 

そんな方も、これを読めばそういった心配も解消できることかと思います。。

 

1章:水道の緊急事態、まずなにからするべき?

もし、水道が壊れてしまったとき、まずはどのように対応していけば良いのでしょうか。

まずは事態の把握方法から分析していきます

 

1-1:何が起きているかを把握

 

まず、現状どのようなトラブルが起こっているのか整理しましょう。

緊急事態が起こってしまう中、なかなか問題の客観的な状況をつかめる人は少ないです。

 

しかしながら、トラブルを目の当たりにして焦り、パニックになってしまうとトラブルについて的確に対処することは難しくなってしまいます。

 

スムーズに問題を解決するためにも、まずは落ち着いて冷静に事態を把握し、どんなものがどのように害を及ぼしているのか確認しましょう。

 

パッと見ただけでは起こっているトラブルの全体像があまり分からないことがあるので、急ぐあまり事態を悪化させてしまうことのないよう、ときにじっくり時間をかけて事態を理解するようにしましょう。

 

1-2:原因を突き止める

 

落ち着いて事態を把握し、現在どんなトラブルが起こっているかわかったら、そのトラブルが実際にどんな原因で起こっているのか考えてみましょう。

 

トラブルが起こる中で、原因を見極める事は決して簡単ではありません。

起こっている事態を理解した上でそれを逆算してどのようにトラブルに至ったのか考えなくてはならないからです。

 

しかしながら、その因果関係は理解不可能ではありません。

往々にして意外と簡単な因果関係でトラブルが発生していることがあります。

 

その中でも様々な原因が考えられたり、複数の原因が問題を引き起こしていることがあると思いますが。そういった場合も落ち着いて考えて、何が直接的にトラブルを起こしているか判断することで、その状況や原因に適した対処法を考え付くことができます。

 

原因が積み重なって連鎖している場合もあります

 

例えば、水が止まってしまっている場合、蛇口や水道管が詰まっていることがあります。

さらにその場合の背景には水道管の奥からなにかが流れてきているようなことや濾過が上手くいっていないことがあります。

このように連鎖している原因を全て把握するために、ひとつずつ丁寧に確認していくことが大切です。

 

1-3:自分で解決できるのか

 

また、発生しているトラブルの実態を把握し、原因を確認したらご自身で直せるのか考えてみましょう。

 

原因を解決するのにどのような知識や技術が要るのか。

また、どのような道具が必要なのでしょうか。

 

トラブルを解決するのに必要な知識・道具・技術がなければ、適切に改善することは簡単ではありません。

かえって状況が悪化してしまうこともあるので、無理にご自身で直そうとするのは控えましょう。

 

また、ご自身で作業を行ってしまうことでケガをしてしまったり、水道がさらに壊れてしまったり、修理に時間がかかってしまうことも注意が必要です。

 

2章:水道業者の選び方

では、水道業者さんに直してもらう際に、その業者さんの選び方比較方法を徹底的に解説していきます。

 

2-1:自分の住んでいる地域はサービス圏内か

 

まず、業者さんに壊れた水道などを修理してもらうのに確認が必要なのは、その業者さんがどこにあるか、そしてどの地域でサービスを行っているかです。

 

例え良いサービスを行っている業者さんであっても、ご自身の住んでいる地域や家に来て修理をしてくれないのでは意味がありません

 

例えば、ご自身が東京にお住まいであっても、業者さんが関西地域でのみ修理対応を行っている場合では修理が行えません。

 

ご自身のお家が業者さんのサービス地域に含まれていることを確認した上で、修理の申し込みをしましょう。

 

都道府県ベースで修理が可能となっていても、市区町村によっては修理に来られない場合もあるので注意しましょう。

 

このことから、修理してもらう業者さんを決める際には、まず地域から絞って選んでいくのが良いでしょう

 

2-2:すぐに来てくれるのか

 

また、すぐに来てくれるのか、というのが業者さんを選ぶカギになります。

業者さんに修理を頼んだとしても、来るのが遅ければ状況はさらに悪化してしまいかねません。

 

例えば、水道の水が止まらなくなってしまった場合、業者さんをお呼びしても5時間も来訪にかかってしまったら水道の水は止まらず、台所は修理が始まる前に水浸しになってしまいます。

最悪の場合、水が家具や床を侵食してしまうことで他の修理をする必要が出てしまいます。そうなってしまっては、さらなる支出も増えてしまいます。

 

そのような損害を免れるために、あらかじめ早く来てくれる水道業者さんを選んで修理を頼むことをオススメします。

 

加えて、電話での修理の依頼の確認から、その見積もり、そしてトラブルが起こっている現地調査、実際の契約と修理、と意外にも手間がかかってしまうこともあります。

 

地域によっては即日対応をしてくれるところや、最短で30分から1時間で来られる業者さんもあるので比較してみるのが良いでしょう。

 

2-3:料金の見積もり

 

水道修理の業者さんを選ぶ重要なポイントとして、料金があります。

やはり、どんなにサービス地域が広くどんなに速く修理に来てくれるとしても、サービス価格がわりに合わなければ損をしてしまうことになります。

 

さらに、サービスをしてもらうことで料金を払うのは良いですが、水道修理にどれくらいお金がかかるかという料金の見積もりだけでお金がかかってしまう業者さんもいます。

 

また、業者さんによってはお家への出張だけで料金が発生してしまうところもあるので調べてみましょう。

 

サービスの料金はどれくらいなのか、また見積もりや出張で料金がかかるのかを確認してから修理を依頼しましょう。

 

 

2-4:その他ポイント

 

水道修理の業者さんを決めるカギとして、24時間の対応を行っているか、ということもあります。

 

例えば、せっかく修理してもらう業者さんを決めたとしても、修理やその料金見積もりをしてもらいたい時に営業していなければ修理が進むことはありません

電話だけでなくメールでも対応している業者さんもいますので、営業時間などを確認しましょう。

 

さらに、水道修理の業者さんを決める条件として実際にどんなサービスを行っているか、があります。

 

せっかく様々な条件を考慮して水道修理業者さんを決めたとしても、肝心の直してもらいたい器具や物品の修理を行っていなければ修理をしてもらうことが出来ません。

 

また、具体的な修理の料金が実際の修理のパーツや方法ごとに異なっている場合があるます。

 

なので、そもそもその器具が修理してもらえるのか、またその具体的な修理の方法でどれくらいの価格なのかということをチェックしましょう

 

また、修理業者を選ぶ際のチェック事項として口コミやお客様の声の評価があるか、またその評判が良いかという事があります。

 

いくらホームページなどでサービスの良さが書かれていたとしても、企業側で建前としてメリットを強くうたうということもあり、なかなか客観的にサービスを判断することは難しいです。

 

なるべく実際の消費者目線で水道修理サービスを比較するために、サイトやブログなどにある口コミなどを参考にするのがオススメです。

 

しかも、業者によってはサイト上で水道修理の専門用語などを解説しているところもあります。

 

具体的には、アンモニア態窒素クリプトスポリジウムのように修理などに関わるかなり難しいワードもありますので、業者さんを選ぶ前に用語を調べて知識をつけることで、より適切に水道修理業者さんを選ぶことができます。

 

また、水道の修理などの契約の際に書く個人情報などをきちんと保護してくれるかという条件も余裕があればチェックしていくべき項目になります。

 

個人情報の流出やプライバシーが侵害されてしまうことで、知らない連絡先から電話がきたり、被害を受けてしまうことがあります。

 

3章:水道の緊急事態で困らないために

 

このように、水道などに関してのトラブルが起こった時の対応や業者の比較方法をまとめました。

 

では、このような緊急事態が起こらないようにするために普段からどのようにすれば良いのでしょうか

それはトラブルに備えて予防することです。

 

以下では水道周りのそれぞれのトラブルのケースを想定し、どのような予防をすれば良いか分析します。

 

3-1:トイレトラブルの予防

 

日常生活において頻繁に使用する、人間になくてはならない存在であるトイレ・お手洗い。

 

そんなトイレも器具であり、使い方によっては壊れてしまうこともあります。

場合によっては業者さんに修理してもらうまで使用することができなくなることもあります。

 

家庭での安らぎを確保するために、普段からトイレが壊れないように予防しましょう。

 

では、どのように予防すれば良いのでしょうか

まず初めに、トイレで最も多い故障例であるトイレ詰まりから対策していきましょう。

そもそも、トイレが詰まるということは何かが引っかかっている可能性が高いです。

 

そのような引っかかりの原因として、ティッシュペーパーをトイレに流してしまうことがあります。

 

ティッシュペーパーはトイレに流れるというように感じる方もいらっしゃると思いますが、実はトイレットペーパーは水に溶けないという性質があり、水につかると形を変えて収縮するようなこともあります。

 

1枚だけ流してしまうようなことがあってもいきなり詰まることはないでしょうが、ティッシュペーパーを流してしまうことが重なったり習慣化してしまうことで、結果的にトイレの水道管を詰まらせてしまうことがあります。

 

トイレットペーパーだけではなく、商品に「流せる」という記載があってもトイレの中で詰まってしまうこともあります。

 

流せる商品だとしても、トイレの配管などによっては上手く紙や商品が流れないようなこともあるので、使用はまったく問題ありませんが、使用後はなるべくゴミ箱などに捨てて処理をすると悲しいトラブルが起こることを避けられます。

 

ただでさえ通常のトイレットペーパーでも詰まってしまうことがあるので、その他の商品には気を付けることをオススメします。

 

マメ知識として、使用後にすぐにトイレットペーパーを使用するよりも、近年導入が進むウォッシュレットを積極的に使用して、トイレットペーパーの使用の数を減らすことでトイレ詰まりを予防できます。

 

また、使用するトイレットペーパーの種類として二枚重ねよりも一枚重ねのものを使用することで、トイレの配管の中で詰まってしまうことを防げます。

 

加えて、トイレに置いてある物品がたまたま落ちて配管の中に流れてしまうこともあるので、なるべくトイレの中や棚を整理して物品が流れる事故を防ぎましょう。

 

3-2:台所トラブルの予防

 

次なる修理の予防ポイントとして、台所があります。

人間的な生活を送っていく上で、食事や家庭での調理は必要になってきます。そんな美味しい食事をして家庭を守る上で、適切に機能する台所は必須です。

 

しかしながら、台所も場合によっては壊れることや詰まってしまうことがあります

まず、台所のトラブルの原因とは何か、を解明していきましょう。

 

台所もやはり詰まってしまうトラブルが多くなっています。

そのような詰まりの事故の原因として、食材の切れ端や食べ残しが排水管に詰まってしまうことがあります。

 

食材の切れ端や食べ残しも柔らかければ上手く流れていくこともあります。

しかしながら、食材によっては硬かったりするものもあります。特に、調理の過程で捨てたゴミは引っかかってしまうことが多いです。

 

食材は時間を経ることで腐ってしまうので、引っかかることに加え、臭いのトラブルも起こりがちです。

 

また、食材からの油で台所の配管が汚れてしまい、つまりを引き起こしてしまうこともあります。

油は粘着力が高く、水にも溶けないため台所の配管の中で他の物と一緒にくっついて固まり、水をせき止めてしまうことがあるのです。

 

さらに、食器などを洗った時に使った洗剤のカスや石鹼が溶けずに固まって残ってしまうことがあります。

 

では、具体的にどのように台所の詰まりを予防していけば良いのでしょうか

まずなにより、調理などを行ったときに食材の切れ端や食べ残しを台所に流さないことが大切です。

 

そもそも台所の配管をつまらせるようなものを流さなければ、水道のトラブルは大幅に回避することができます。

また、カバーやゴミ受けを水道に取り付けることで食材の切れ端や細かい食べ残しや汚れをキャッチし、水道に流れないようにすることで水道の詰まりを予防する事ができます。

 

また、カバーを取り付けていても水道詰まりが発生してしまう場合、カバーやゴミ受けが適切に働いていないケースがあるので、カバーやゴミ受けの器具の破損などの確認も行いましょう。

 

また、排水管の奥にある、排水トラップといわれる管の周辺にゴミや食べ物の切れ端が挟まってしまうトラブルもあるので、こまめに洗い、ブラシでこするなどして排水管の掃除をしましょう。

 

手軽な台所掃除の方法として、お湯を10秒ほど流すというやり方があります。

熱いお湯で引っかかっている食材なども侵食され流されていくかもしれません。

この応用編として、一旦お湯を台所に張り一気に流すことでその勢いで食材の切れ端などを流してしまうという方法もあります。

 

その他にも、重曹とお酢をまぜて水道に流すことで汚れを溶かして流す解決方法もあります。

しかしこの方法は排水管を傷つけてしまうこともあります。

 

2-3:洗面所トラブルの予防

 

さらに、爽やかな朝を迎えるための洗顔やメイク。そのために大切な洗面所のトラブル予防についてもご説明します。

 

洗面所が詰まってしまう多くの原因として、髪の毛があります。洗面所を使用した際、どれだけ気を付けても髪の毛が落ちてしまいがちです。

特に女性の場合、髪の毛が長い場合が多く、落ちた髪の毛が流れて洗面所の排水溝につまってしまうことがあります。こういったことを防ぐためにも流れる前に、髪の毛を拾ってしまいましょう。

 

台所つまりの予防策として、前述のようにお湯を貯めて流すか、重曹とお酢を混ぜて流す方法が解決策になります。

 

さらに、ラバーカップを使用してつまりを解消するやり方もあります。

これは、水を貯めてラバーカップを排水溝へ押して、その後引くことで空気の圧力でつまりを解消することができるのです。

 

 

 

まとめ

水道のトラブルについておおよそではありますが、ここでご説明させていただきました。

解決法や予防方法もご紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか。

しかしながら、これらの方法でもトラブルを解決できないことはあります。そういった場合は専門知識のある業者さんに頼むのが一番良いでしょう。