キッチン掃除に活用できる洗剤として知られる『キッチンハイター』ですが、強力な成分により頑固な汚れを落とすことから誤った使用法で使ってしまうと予想外のトラブルに発展してしまうこともないとは言い切れません。
またハイターという商品名でも使う場所によって成分配合が微妙に異なっており、キッチンのお手入れに使いたいのであればキッチンハイターを使用することが望まれます。

そこで今回の記事では、キッチンをお手入れする上での必需品とも言えるキッチンハイターの正しい使用法について解説します。キッチンハイターを活用した正しい使用法はもちろん、キッチンハイターよりも安全に使用しやすい代用品についても後述しています。キッチンに限らずあらゆる場所のお手入れをする際にも汚れごとに適切な成分を活用することで、楽をしながら綺麗にお手入れを済ませることにつながります。面倒ごとはなるべく避けたいという皆さんも、これを機に楽してできるお手入れの仕方を覚えてみてはいかがでしょうか。

 


 

第一章:キッチンハイターとハイターの違いとは

第一章:キッチンハイターとハイターの違いとは

ここではまず、キッチンハイターとハイターとの違いについて見ていきましょう。

そもそもハイターとは次亜塩素酸ナトリウムを主成分とした漂白剤のことを指しますが、キッチンでの使用を想定して作られたキッチンハイターでは漂白作用の他にも洗浄作用が付加されています。これにより漂白しながらも程度の軽い汚れまで同時に落とすことができます。

塩素系漂白剤は強アルカリ性の性質であることから、高い漂白および除菌作用を有しています。
しかしその一方で誤った使用法で使ってしまうと、予想外のトラブルに発展することもしばしばあります。
そのため使用する際には、事前にボトルに記載されている注意書きに目を通しておく必要があります。

 

また同じキッチンハイターでも液状か泡状かでも適する製品の材質が異なるため、その形状の違いを利用することでも効果的に汚れを落とすことに役立ちます。詳しくはボトルの注意書きを読んでみると分かりやすいです。

第ニ章:キッチンハイターの正しい使用法とは

第ニ章:キッチンハイターの正しい使用法とは

キッチンハイターの大まかな注意点について述べたところで、この章ではキッチンハイターの正しい使用法について解説します。キッチンハイターは強力な漂白剤であることから、正しい使用法を守って掃除に活用することで自分自身は楽をしながら綺麗に仕上げることができます。その具体的な内容については以下のようになります。

1・漬け置き洗いする

1・漬け置き洗いする

キッチンハイターは漂白剤であるため、漬け置き洗いするとその効果がてきめんに現れます。漬け置きする時間の長さは何を目的とするかによっても微妙に違っており、その目安となる時間の長さについては以下を参考にするといいでしょう。

 

除菌や消臭をしたい場合

    キッチンハイターは5リットルの水に対して、およそ30ミリリットルの量を希釈して使用することができます。例えば除菌や消臭だけを目的とする場合にはこの希釈水に食器やふきんなどを2分間漬け置きした後に、中性洗剤でよく洗い流してください。

漂白したい場合

    それに対して漂白を目的とした場合では、除菌や消臭よりも比較的長い時間を漬け置きする必要があります。最低でも30分は漬け置きして漂白の程度を目視で確認しつつ、不十分な場合にはその都度時間を延長していきます。漂白が完了した時点で、同じように中性洗剤を使ってキッチンハイターの成分を洗い流します。

食器やふきんのようなサイズの小さいものであれば希釈水に漬け置きもできますが、まな板のようなサイズのものとなると漬け置きすることは難しいかもしれません。

そうした場合であれば希釈水をたっぷりと含ませたふきんやペーパータオルをまな板の上にかぶせることで、漬け置きしたのと同様の効果を得られます。
まな板の場合では両面を一気に漬け置きすることは難しいので、片面ずつ漬け置きすることになります。
時間の長さについては上記の時間を参考にして漬け置きするといいでしょう。

 

2・金属製の製品には泡ハイターが便利

2・金属製の製品には泡ハイターが便利

液状のキッチンハイターでは金属製の製品を錆びさせてしまう可能性があるため、そうした製品の除菌をしたい場合には泡状のキッチン泡ハイターが便利です。

 

使い方は簡単で、除菌したい金属製のものに泡をまんべんなく吹きかけてから、2〜5分放置するだけです。ハイターの成分が付着したままだと金属が錆びてしまいかねないので、除菌が終わった時点でよく洗い流してください。
泡ハイターであれば短時間で洗い流す用途で作られているため、正しく使えば金属製のものでも除菌することができるのでおすすめです。

3・使用する際の注意点とは

3・使用する際の注意点とは

キッチンハイターは前述したように塩素系漂白剤であることから、使用する際に守らなければならない注意点がいくつかあります。

 
・使用時は換気する

塩素はそもそも揮発性があるため、使用する最中に気化した塩素の臭いに頭痛や吐き気といった症状が出ることが考えられます。そうした事態を未然に防ぐためにも、キッチンハイターの使用時にはきちんと換気しながら使用する必要があります。また換気していてなお気分が悪くなった場合にはお手入れをいったん中断し、体調が戻るまで休んでおくことも忘れてはなりません。

 
・ゴム手袋をはめて使用する

キッチンハイターの主成分は次亜塩素酸ナトリウムという強アルカリ性の成分であるため、使用時には両手にゴム手袋をはめておきましょう。素手のまま使用すると手の皮膚が溶けたり肌荒れしやすくなります。皮膚が弱い方でなくともゴム手袋はきちんとはめるようにし、安全を確認しながら使用するよう心がけましょう。

 
・目に付着したらすぐに洗い流す

キッチンハイターは刺激の強い成分が含まれているため、目に入ってしまうと失明の恐れもあります。そのためキッチンのお手入れをしている最中に目やその周囲に飛沫が付着したら、すぐに作業を中断して十分洗い流してください。万が一目に入ってしまった場合には流水で十分洗い流した後に、念のため病院にかかることをおすすめします。

 
・酸性洗剤と混ざらないようにする

キッチンハイターとは反対の性質である酸性洗剤と混ざってしまうと、有毒ガスが発生する恐れがあります。また酸性洗剤だけでなく生ゴミやお酢、アルコールといったものとキッチンハイターとを混ぜてしまうだけでも、有毒ガスが発生することも十分考えられます。キッチンハイターを使用してお手入れする際にはそういったものが周囲にないかをよく確認し、誤って混ぜてしまわないよう注意しましょう。

第三章:キッチンハイターの代用品とは

第三章:キッチンハイターの代用品とは

小さい子供のいる家庭であれば、キッチンハイターのような刺激物を使ってキッチン内のお手入れをしたくないという方もいるかもしれません。また生態系への影響もないとは言い切れず、そうしたリスクを考慮した上での代用品としては以下のようなものが挙げられます。

 
『重曹』

吸湿や消臭効果があることで知られる重曹は掃除に活用できる他にも、キッチンのお手入れでも十分活用することができます。
アルミおよびステンレス製の調理器具では使えませんが、重曹を塗りつけた上から水を注ぎ沸騰させれば、その調理器具の内部に付着した焦げ付きまで浮かせて落とすことだって可能になります。

重曹であればキッチン内のお手入れ以外でも掃除に活用できるので、重曹一つ用意しておくだけでも様々な用途に活用することができます。

 
『お酢(クエン酸)』

掃除に活用できるものとしてクエン酸を知っている方もいるかと思いますが、クエン酸がない場合に活用できるのがお酢となります。
お酢には消臭および抗菌作用があるため、希釈して布に含ませると拭き掃除にも活用できます。
水を使って掃除できないような冷蔵庫の中でも、お酢の希釈水を使えばより効果的に掃除しやすくなります。

お酢であればキッチン内のお手入れの他にも普段の料理や掃除でも使用できますし、体に有害ではないかと心配する必要もありません。

 
『酸素系洗剤』

活性酸素の泡で消臭や除菌、漂白ができる酸素系洗剤は、塩素系漂白剤よりも効果が弱まるものの比較的安全だと言われています。
液状のものだと界面活性剤が入っており生態系への影響があるため、より環境に配慮したものとしては粉状のものが良いとされています。

粉状の酸素系洗剤であれば、水に溶かして漬け置き洗いできるだけでなく、水の量を減らしてペースト状に留めることでカビ取りやシミ抜きといった別の用途でも活用することができます。

第四章:キッチンハイターのその他の用途とは

第四章:キッチンハイターのその他の用途とは

キッチンハイターはキッチンでの用途が中心であるものの、洗濯物のシミ抜きにも活用することができます。

ぬるま湯にキッチンハイターを少量溶かしたら、シミ部分にそのお湯を歯ブラシで優しく馴染ませていくだけでシミを浮かせて落としやすくなります。
内側から外側へと歯ブラシを動かすとシミを広げかねないので、外側から内側へと動かすようにしてください。
ある程度したら水でよくすすぎ、後は普通の洗濯物と同じように洗濯するだけです。漬け置きまでしてしまうと衣類の色や柄まで漂白してしまうので、歯ブラシである程度シミを浮かせるだけに留めましょう。

第五章:まとめ

第五章:まとめ

キッチンハイターは強力な漂白剤だからこそ、正しい使用法を心がけることで高い効果を実感できます。
キッチンのお手入れに役立つキッチンハイターはシミ抜きの他にも、カビ取りやノロウイルス対策にも活用できるので非常に便利です。

ただしそんなキッチンハイターでも万能ではないため、頑固な汚れが落としきれないこともたまにはあります。
そんな時にはプロの業者に依頼することで、頑固な汚れまで確実に掃除してくれます。
お金がいくらかかるか不安な場合には無料で見積もりしてもらい、なるべく評判の良い業者を比較検討してみるといいでしょう。