トイレのタンクからの水漏れ、中々経験がある方もいないかと思いますが、日々の生活の中でいきなりトイレのタンクから水漏れが発生してしまった場合、とても焦りますよね。
急な水漏れのトラブルの場合、どう対処すればいいでしょうか?トイレタンクから水漏れが発生する場合の原因とは?

今回こちらでは、そんな急なトイレタンクからの水漏れのトラブルの際の対処法や、自分では対処できない場合の解決方法をご紹介していきたいと思います。

 


 

第一章:トイレタンクからの水漏れ…その大きな原因は

第一章:トイレタンクからの水漏れ…その大きな原因は

トイレタンクの水漏れのトラブルとは、どのような水漏れを想像するでしょうか?
トイレタンク本体から水が止まらずにあふれ出すケースや、レバーが戻らなくなってしまい、水が止まらなくなって溢れてしまうなど様々なケースがあります。

水漏れで多いケースが、貯水タンクのふた付近から水が漏れている場合、タンク内と上の手洗い器部分を接続するホースのトラブルが原因となることが多く、手洗い器部分のホースが、切れていたり、外れているのが要因となります。

さらには、トイレの貯水タンクの外側が濡れている場合や、外側で水漏れしている場合などは、給水管や止水栓が原因のトラブルであることが多く、見た目にもタンクにヒビが入っているなどの要因がわかりやすいケースです。

しかし、見た目から判断がつかずわかりにくいのが、水漏れがタンクの中で起こっていて、水漏れしているのにトイレ内に水漏れしてしまっているのでわからない場合、 水道代が急に高くなっていたりすると実はトイレで水が漏れていて、流れっぱなしで気付かないうちにそんなことに…というケースがあります。

トイレ使用後に水を流すといつまでも水が止まらなかったり、タンク内の水は溜まっているのにも関わらず、水が中々流れないといったトラブルの場合は、トイレ内での水漏れとなります。
トイレの水を流すのに、最近のタイプでも4リットル~8リットルの水を使用しますので、水漏れで水が流れっぱなしになるのを放置しておくと水道代が大変なことになってしまいますので、特に注意しましょう。

第ニ章:タンク水漏れの対処と直す方法とは

トイレの貯水タンクからの水漏れのトラブルの際に自分で直せるケースをご紹介します。

トイレタンクの上部分の水漏れのケースは、手洗い場が付いているトイレタンクによくその症状がみられます。まずはタンクの蓋を開けましょう。

タンク内部には、ホースがありますので、 ホースを抜いて、ホースに穴が空いてるかと、ホースがしっかりと接続されているかチェックします。しっかり接続されてないと水漏れが発生します。

手洗い器がないトイレの貯水タンクのケースは、止水栓の開きすぎて水が溢れることがあります。 この場合は、止水栓を少しだけ閉めましょう。
トイレタンクから出ている、金属製の給水管と、壁をつないでいる部分に止水栓があります。
マイナスドライバーでひねると止まりますが、あまり締めすぎると水が出てこなくなるので、調整しながら試してください。

トイレを流したあとも水がずっと止まらないケースの原因は、トイレのタンクの内部の浮ゴムという栓がタンクを開けたり閉めたりしているところにありますのでここを確認します。浮ゴムがいつまでも浮きっぱなしで、閉まらないと水が出続けてしまいます。

浮ゴムそのものが古くて、閉まらないということもあれば、何かが挟まってしまって閉まらないことや、鎖が引っかかっていて閉まらないということもあります。
止水栓をしめてから、浮ゴムを取り出してみて、ゴムが劣化している場合はこれが原因となりますので交換する必要があります。
替えの浮きゴムは、ホームセンターでも売っていますので、新品と交換すれば水漏れの解消になります。

第三章:タンクの水漏れが起きた時の対応策とは

トイレタンクから水漏れが発生しているケースは、まず第一に止水栓を止めましょう。
止水栓を止めて水が出ない状態にしても、トイレ内に水が流れてしまう時は浮ゴムが原因の事が多いですが、止水栓を閉じれば水も流れなくなるという時は浮きゴムが原因ではないので、別の原因が考えられます。

トイレタンク内で水がうまくたまらないケースは、浮き玉が正常に動かないので水が溜まらないといった場合がありますので参考にしてください。

トイレの貯水タンクの水漏れの場合は様々な原因が考えれますが、割と簡単に対処できるケースが多く、部品交換が必要な場合でもホームセンターなどに部品を持って行ってそれと同じものを用意するとよいでしょう。
交換作業が終わったら止水栓を開き、水を入れてみましょう。浮き玉を押し上げた状態でオーバーフロー管よりも10mm以上高くならないように水を入れます。水を流して、ちゃんと流れれば解決です。

第四章:自分での対処が難しい排水管のトラブルは専門業者へご連絡ください

今回ご紹介したような自分での対応が簡単なケースの場合は良いですが、自分での対処ができないような場合は、無理に自分で処理しようとせずに、専門の水道業者迄お気軽にお問い合わせください。
大きなトラブルになってから対応するよりも早めの対応が解決までの時間を取らずに済みますので、もしもの場合は悩まずに連絡してみましょう。