ご家庭でほぼ必ず使用するトイレでの汚れや臭い。特に臭いは汚れと違って掃除をしても残っていたり、トイレに残ってしまって中々消えないもので鼻についてしまう
嫌な臭いでどうしても気になってしまいます。毎日使用するトイレだからこそ気持ちよく使いたいものです。

今回こちらでは、そんなトイレにこもる嫌な臭いをすっきり消す方法をご紹介していきます。

 


 

第一章:トイレに残る臭いの原因は

人から排泄される排泄物には、臭いの元となる「メタン」などの物質からガスが発生します。

臭いが発生する前に水で流すと、トイレ内に臭いが充満するのをある程度防ぐことができますので、排泄物や尿などを長時間流さない、流すときに少量の水で流しきらないと臭いの元が残ってしまいます。

第ニ章:こもってしまった臭いを取り除くには

第ニ章:こもってしまった臭いを取り除くには

1・重曹とクエン酸

スーパーや100円ショップなどで手ごろな価格で簡単に手に入る、「重曹」「クエン酸またはお酢」そして「40℃~60℃のお湯」を用意しましょう。

40℃~60℃くらいのお湯500ミリリットルを霧吹き用スプレーなどに重曹とクエン酸を入れてよくかき混ぜて「重曹クエン酸スプレー」を作ります。

1・トイレの便器内全体にスプレーをします。
2・トイレブラシで一度便器全体を磨き、水で流した後、再び全体にスプレーします。
3・トイレ全体にスプレーした後、2、3時間ほど放置しておきましょう。

時間をおいてまだ臭いが気になるようなら、同じ手順を繰り返し行ってみてください。

この時、トイレの床や、壁など、実は尿がかなりの量飛び散っていて、こまめに掃除していないと床や壁に付着してしまったまま、こびりついてしまい、悪臭の原因となっていることがあります。
床や壁にもスプレーし、全体をトイレシートや雑巾でしっかり磨いておきましょう。

※トイレの臭いの元は飛散した尿が原因
飛散した尿は目に見えないほど細かく飛び散っており、きちんと掃除していないとその汚れが蓄積してしまいます。
その飛び跳ねた尿がトイレのごみやホコリなどと絡みついてしまい、雑菌の温床となり、バクテリアなどの菌が繁殖してしまいます。
結果として、雑菌が尿素を分解、尿石となってアンモニア臭を発生させてしまい、トレイの嫌な臭いとなってしまいます。

2・トイレの便器の周りを綺麗にする

トイレ中、床や壁以外にも意外と見落としがちなのが、トイレと床の接続部部分ウォシュレットと便器の接続部部分便座の下になります。

床や壁に尿が飛散していることを前述していますが、床と便器の境目の部分や、ウォシュレットが完備されているトイレなら操作パネル付近や、ウォシュレットノズル付近、ノズル本体も重要です。
便器の縁裏や便座の裏側も掃除があまかったり、忘れがちな箇所になります。
尿や汚れがこびりついてしまっているようなら、「重曹スプレー」「クエン酸スプレー」で、汚れと臭いをしっかり取り除いておきましょう。

3・芳香剤やスタンプクリーナー

3・芳香剤やスタンプクリーナー

トイレ全体がきれいになり、臭いもスッキリしたら、市販の芳香剤や、スタンプクリーナーなどを設置しておきましょう。
トイレを綺麗にせずに芳香剤などを使用しても殆ど意味がありません。綺麗な状態を保つようにすれば、自然とこまめにトイレ掃除をしたり、綺麗な状態を保つよう気を遣うようになります。
今はドラックストアなど市販でトイレグッズがたくさん売られていますので、色々試してみて、お気に入りの芳香剤などを探してみると、トイレをよりきれいに、清潔に保つ意欲もわいてきますし、ご家族がいらっしゃるご家庭なら、家族で綺麗にしようと協力し合える環境を作りやすくなります。

第三章:トイレで臭いを残さないために

第三章:トイレで臭いを残さないために

トイレ掃除をするうえでで1番大切なのは、毎日のこまめなメンテナンスです。
トイレに残ってしまう匂いは、できるだけ使用する毎に気を使って掃除することが大切ですが、毎回し使用後に掃除するのは中々大変です。
ご家庭であれば、家族の協力が必要になってきますので、全員でトイレの使用と掃除に気を遣うようにしたいですね。
ちょっと気を配るだけで、使用後のトイレを簡単に掃除したり、臭いが残らない努力をするだけで、綺麗なトイレを維持することができ、
気持ちよく使える快適なトイレになりますので、臭いや汚れが気になってしまう方はぜひ実践してみるといいでしょう。