突然の『トイレの故障』
トイレにいって用を足したけどレバーを下げてみたら水が溢れてきた、いつもはトイレタンクが故障する事はなかったけど、水が止まらないのをみてあきらかにタンクから便器にかけて水漏れが発生してる。なぜなのか原因も気になりますがトイレタンクからの水漏れの水道代も気になるし直し方もわからない。

業者を呼ぼうか迷うけど、水まわりだしトイレタンクの修理って高いイメージがあります。また、トイレタンクの水漏れ以外にも水がたまらないケースもありますがこういったトイレタンクの故障について詳しく考えていきます。

[トイレタンクについて知っておきたい事]

まず、トイレタンクは7年~10年ほど耐えれると言われています。もし7年以内にもかかわらず、すぐにトイレタンクの水漏れや水がたまらないといった場合故障の原因、家族のうち、もしくはトイレタンクを動かす事をしたのかを思い出してみてください。大人はする事はないですが、子供の場合好奇心でタンクを覗いてみたり、おもちゃを入れてみた、なんて事があるかもしれません。

トイレタンクに、何かを入れるというのはしないかもしれませんが少し力を入れれば、自身でトイレタンクを開ける事ができます。

どこから水漏れしているか?

気づいた時にはトイレタンクからチョロチョロの音がする。

いつもは少しのチョロチョロの音は気にならなかったけど長い時間チョロチョロだと、ひょっとして壊れたの?そう感じてしまいます。もちろん、一度チョロチョロしだしたら、気になるのが水道料金だしこれは早くに直さないと、そう思って焦ってしまいます。

「トイレタンクの故障が、はじめてだし何をやっていいのかわからない」

「業者にお願いした方がいいのかな?」

水道料金を高くするのを防ぐ意味でもすぐに業者に、お願いしようとなりますが、まずはどういった症状なのか、みてみるのがいいでしょう。

トイレタンク内の水位を確認

トイレタンクは、大人であれば、開ける事ができるのでいつもと違いチョロチョロの音がする、と感じたらトイレフタを開けてみます。

次にオーバーフロー管より水位が下にきていたら、浮きゴムが少し開いている、浮き玉を接続している部分が破損や浮きゴムの汚れ、ゴミが挟まる事で少しだけ開いていた、なんて事もありえます。

次に水位がオーバーフロー管より上にあると水位調節リングなどを回すなどの調整が必要になります。

故障していないなら、そのままにしておく

トイレタンクに異常を感じたり、音がするなどの異変を感じたからと言って、何度もトイレタンクの中を覗いたりオーバーフロー管や浮き玉、ピストンバルブなどのトイレタンクの中のパーツをとりあえずさわるのはやめたほうがいいでしょう。

タンク内のパーツのズレで、機能しない場合があるので一回目のチョロチョロであれば、そのままにしたり、2,3回の音がするようならタンク内をみてみます。

トイレタンクには、様々なパーツがあり「どこか悪いところがあるかもしれない」、そう思って自分なりにパーツの位置を少し変えてみたり、したくなりますが気のせいだったかもしれないトイレタンクの変な音は余計に悪くなってしまうのです。

また、トイレタンク内の掃除もNGです。

これについては故障の原因になります。トイレタンクって故障するの?チョロチョロ音がなるのが知らない。普段からトイレタンクにはずっと同じ水が溜まっててカビが発生しやすいんじゃないの?そう思えても、掃除などの必要はありません。

入っているのは新鮮な水道水なので無理に掃除しようとすれば、その時は大丈夫でもその後、数回のトイレ使用でチョロチョロの音が聞こえてきたりタンクから水が溢れてくる事もあります。

トイレタンクが故障したときの対処の仕方

まず、トイレタンクが故障した時間帯で「今すぐ業者を呼ぼう」となるのか「自身で修理しなくちゃ」といって修理する、もしくは修理のつもりで逆にトイレタンク内のパーツをいじって壊してしまうかのどちらかです。

では、「今すぐ業者を呼ぼう」と思った場合ですがそれが夜なのか、朝なのかで自身の焦り方もかわってきます。もし、夜であれば、「すぐに業者を呼ばないと」、そう選択してしまう場合があります。もちろん時間帯や、家族が仕事で家に戻ってくる時間帯が変わってきます。子供を入れて3~4人ですが大家族の場合はトイレではタンクから水漏れで故障してるし「今トイレ壊れてるから…」そう諦め、近くにスーパー、もしくは父か母の車でトイレのあるコンビニまでいく事や知り合いに電話して、トイレだけ貸してもらえる事ができるのです。

ここで気をつけたいのがトイレの水道料金でタンク内の水がない状態なら、まだしもタンクからチョロチョロの音がしたり常に水が溢れている状態なら「近くのコンビニにトイレがあるから」、「今、お父さんが直してるから」、「トイレタンクが水漏れで故障していても大丈夫」といった場合、どんどん水道料金が高くなってきます。

トイレタンクを自身でも直せるが

チョロチョロっと音が聞こえたり水が溢れてきた。そういった事態になりますとトイレタンク内のオーバーフロー管やクサリ、浮きゴムやピストンバルブ、ボールタップなどを確認しなければなりません。また、レバーを回して元の位置に戻るか戻らないかでも対処法が異なります。レバーが戻るか、戻らないかでもトイレタンク内の修理の仕方やフロートバルブを交換するといった事で修理方法も異なります。

トイレタンクの故障は、色々な原因がありますがこれら水が溢れるのか水がたまらなく、まったくない状態かで対処法は変わり、それに対する自身で揃えるパーツも変わります。慣れた人や知り合いに水トラブル業者がいるなら、仕事でなく、安くで直してもらえるケースもあります。

知り合いに業者がいない場合

人によって知り合いの業者はいたりいなかったりで自身でもトイレタンクには詳しくないから…なんて場合や知り合いに業者はいないけど過去に修理を試みて全然うまくいかなかった場合もあります。

「知り合いに業者はいない」

「水まわりの修理が苦手」

「ネットでの情報収集が苦手」

「前にトイレタンクの修理を試みて壊した事がある」

「知り合いに任せたら余計に壊れてしまった」

「違うパーツを買ってしまいお金の無駄になった」

など、人によっては「ネットで見たから直せる!」と思っても、実際にトイレタンクを開けて、中のパーツをさわっていくうちに、元の位置から変わってしまった。結局は業者を呼んで、修理料金が高くなってしまった場合もあります。

[トイレタンクの故障の状況によっては早急にトイレの専門業者へ連絡を]

自分では直せないし、修理をしようとしても、前みたいに余計に悪くなるから「すぐに業者にお願いしよう」たしかにトイレタンクから水がチョロチョロの音や、水位がオーバーフロー管から上か下かでも変わってきますが水がまったくない状態や常にタンクから水漏れが発生してる。もしくはトイレタンク内をみたけどどこも悪くない場合でもトイレタンクの交換をしてもらうなどが必要になってきます。こういった事を、1人でみてトイレタンクの故障してる箇所を探したりするのは大変です。

だからといって、すぐに業者を呼ぶのはコチラの焦りが相手側に伝わるのと焦って業者を呼ぶ=安心できる業者を呼ぶ事はできるのか?も変わってきます。トイレタンクが故障したので、すぐに修理してくれる業者を呼ぶのではなくてまずは落ち着いて、故障した原因や水道料金の事、近くにトイレがあって、そこで用を足す事はできないのか?考えるのも大事です。

しかし、いつまでも故障したままで直すこともできないとなると生活に支障をきたしてしまいますし、自分での修理やが不可だと感じたなら迷わずトレイの専門業へ連絡して早急に解決してもらうのが手っ取り早いです。

トイレタンク故障は深夜が困る

近くにスーパーがあり、そこのトイレを使えるのなら、まだいいのですがスーパーでも夜10時には閉まったり夜中になると、トイレに行きたくなっても、いく事ができません。スーパーではなく、コンビニの場合なら24時間空いていますので深夜、トイレに行きたいと思えばコンビニですませる事ができます。もし近くにコンビニがない場合家族で車を持ってる人がいなかったりすればかなり不便になります。コンビニやトイレのある場所まで歩いて1時間かかるようでしたら、業者を呼ぼうとなるでしょう。

すぐに業者を呼んでみる

家族がトイレを使いたいけど近くにトイレがない場合まっさきの思い浮かぶのは業者への修理です。パソコンやスマートフォンから水回り業者トイレ修理に頼む事をしますもちろん、業者にトイレタンクの故障を修理してもらう事自体、間違ってはいないのですがすぐにお願いするとそのまま高い料金を請求させられる事になってきます。相手もプロなのと、普段トイレ故障、水漏れに困ってるお客様とやりとりしてるので水回り、特にトイレタンクの故障で困った相手にできるだけ、お金を請求する業者もいる事はたしかです。

[まずは見積もりをしてもらう]

パソコンやスマートフォンからトイレ修理の業者を見つけたとして「すぐに来て直してほしい」というのではなく、見積もりをしてもらう事です。来てもらって見積もりなのか、ネットから見積もりするのか、業者によって異なりますがここで気をつけたいのが見積もりに来てもらって交通費をとられる場合です。もちろんネットには見積もり無料と記載されていれば大丈夫ですが自身の地域と近いのか?把握しておく事はもちろんですがあまりにも遠かったり「深夜に見積もりに来て!」などはやめておいたほうがいいです。

また水まわり業者も、会社にお願いするか?個人業者にお願いするか?一般的には個人業者にお願いしたほうが修理料金は安くなってきます。気をつけておきたいのが会社組織でも、個人業者でも悪質な、やり方で多額の請求をしてくるという事です。

悪質業者には注意しよう

「トイレタンクが故障した」、「今すぐ来てください」、「多少かかってもいいので修理してほしい」
そういって伝えると悪質業者は作業して、不正な料金を請求してきます。トイレタンクの故障について、焦るのはわかりますがまずは見積もりしてほしいと伝え、来てもらうのも大事です。
最初に電話で「見積もりだけど来てもらうのにお金はかかりますか?」、「他社と、見積もり金額を調べたいので、後日連絡したいです」、こういった事を伝え、信頼できる業者か?または基本料金はいくらかかるのか?基本料金は、業者がコチラに来てくれる費用といわれてますがこの基本料金も、ネット割り引きで安くなっても実際に「他の部品交換の料金で、基本料金分をとられた。あまり信用できない業者だった」、など後々になって後悔する場合があるのです。

水道業者やトイレ専門業者に頼むメリットとデメリット

メリットについて

今までトイレは普通に使ってたけど、もしかしたら壊れたかもしれない。または壊れたけど、安くでお願いできる業者がわからない場合見積もりだけでも無料で、お願いできる業者を知っているなら困ったときは○○にお願いしよう。○○に電話をして、どういった部分が悪いのか聞いてみよう。こういった業者、プロの方に聞く事ができるというメリットがあります。さらに毎回お願いしてるので割り引いてくれる事もあります。本当に信頼できて、あまり料金もかからないし、という場合それまでの信頼関係もあります。

もしネットから探すにしても会社組織なのか、個人業者にお願いするのかでも電話での相手の話し方もそうですがホームページがあるなら、どういった記載がされているのかを調べておくのも大事です。

デメリットについて

トイレタンクが故障して、深夜にトイレが行けないのは困るので早く直してもらいたい。その時間帯が、業者を呼ぶのが、朝や昼過ぎならいいのですがさすがに深夜に来てもらうと「料金は8万円かかります」といわれ、人によっては断りにくいケースもあります。
「深夜に来てもらう事もあるので、料金は高くなりそう」、「ここで断るのは可愛そうだし、8万円でお願いしよう」と、考えた場合業者の思惑通り、高い金額で請求されてしまいます。もちろん深夜の出張費は、料金が高くなりますが悪質業者だった場合、「トイレタンクも交換したほうがいい」とお金をとる事ばかりを考えてきます。

前もって相場を知っておくのも大事

多額の請求をされる前に、相場さえ知っておけば、さほどお金をとられる心配はありません。トイレタンクの故障は、水がたまらないのか?水が溢れ止まらないのかでも変わってきますが業者、プロにお願いする場合

■ボールタップ交換 8000円~11000円

■トイレタンクの交換 15000円~18000円

■フラッシュバルブ交換 8000円~11000円

■止水栓交換 8000円~11000円

これらの一部の相場価格ですが

タンク内の部品交換(8000円~12000円)でもタンクの脱着あり、なしでも金額が4000円~8000円多くなってきます。

また時期により暑かったり、忙しい、時間帯で多めに請求するのか?変わってきます。

[多額の料金を請求されないために]

トイレタンクの故障といってもトイレタンク自体を個人で交換するのには、さすがに厳しくなりますので、業者にお願いするにしても、多額の料金を請求されないのが大事です。まずは、電話して見積もりしてもらうけど、まったくお金はかからないのか?他社でも見積もりしたい、などは伝えておくのも大事です。相場も、ある程度の知識があれば、安全です。まったくトイレタンクの修理に関して、相場を知らない場合運わるく悪質業者にあたれば、だまされてしまう可能性だってありえます。

悪質業者に気をつける事として、

「売り込んでいないか?」

「交換すれば、今後何十年は交換しなくて良い、などの説明ばかりしないか」

「トイレタンクの交換を、今だけお安くします」

「5万円以上なら10%OFFにします」

など、これらばかりの説明をしてたり「状況があまり良くないので、トイレタンクも交換しておきますね」など、身勝手な業者だと信頼感もなく悪質な業者でしょう。良い業者を探すためにも「故障に対しての説明をしてくれるか?」こういった説明をしてくれるのはありがたいのですがちゃんとお客様の立場で考えてるのか?
コチラの持ち合わせのお金に対して修理料金を考えてくれるか?まずは不安に思うことを説明してくれるというのが大事です。そして、なるべく深夜に呼ぶのは避けて、昼や夕方に呼ぶのがいいのです。その事は、深夜という事であれば料金が高くなるのと自身でも焦る気持ちで、高い金額でお願いする場合がありえます。たしかに深夜にトイレが使えないのは困りますので深夜にトイレのあるコンビニや24時間空いてるスーパー、などトイレのある場所に行く必要があります。

ただ、前もって深夜に業者にきてもらうもしくは、急いで見積もりなしで修理してもらうと多額の請求をされてしまう事を知っておくと、業者に見積もりに来てもらうのは「朝から夕方ぐらいにしよう」と落ち着く事ができます。またトイレタンクの修理してくれる業者を何社か見つけておき、すぐに対応できるのも今後焦りをなくしておくのに、必要な事です。