家庭によりトイレに物を落とす事情は変わりますが、誤って子供がトイレに本やDSを落としてしまった、などでトイレつまりが発生してしまうこともあるでしょう。
その場合は、有名な水道業者にお願いすることもあるでしょうが、一番重要なのはその地域での業者に直してもらう事が必要になってきます。

しかもトイレつまりに物を落とすことは良くある事で、普段もっているもの紙や腕時計です。
紙であればトイレで退屈だからメモしたものを見るなどのクセがついて手元に紙を持ってくるときにトイレの中に落としてしまいつまりの原因にしてしまう。

とくに最初にいいました子供のいるご家庭だと、まだ注意力散漫であるためトイレに色んなものを落としてしまうこともあるのです。ではトイレつまりをおこした時にどうすればいいのか考えてみます。

[宮崎でトイレつまりケース]

トイレットペーパーは水に溶けるのと他に水に流せるトイレクリーナーを使ったりと、どの家庭でもトイレ掃除や消耗品として使用するトイレットペーパーは使います。
ただ、最近お掃除してないし、ホコリも多くできるだけキレイにと多くのトイレットペーパーで、掃除をして一気に流す。また、人によってはトイレ掃除後、ティッシュで便座を拭いたり、そのまま流してしまうケースもあります。

そして、次の日トイレをみると普段より上の方まで水がつまってるのです。ここで、なんでだろうと思い水を流そうとレバーを大の方に向けてみてもゴゴゴ…との音はなるけど先程よりかは水がつまってる。

宮崎県に限らず、どの地域でも一定量以上の紙を流してつまらせてしまう事案は多く、宮崎県だけが水の流れが悪いのでは?と言う事はありません。
一度に大量の紙や便や、トイレットペーパー以外の紙を流すとつまりの原因となりますので気を付けましょう。

大人も気を付けなければならないトイレをつまらせてしまう原因

もちろん宮崎に限らずですがよくつまりそうなケースとして物を落とす事が挙げられますが大人であれば、まだ気をつける事はできます。子供の場合最初の説明でもあるように、何でもトイレに持っていってしまい長時間の大や知らず知らずのうちに小さいおもちゃを落としそのまま流したり、子供だから知らずにティッシュを流してしまう場合もあります。

子供に「トイレにおもちゃを持っていくのはやめてね」と声をかけて、その時はわかったと返事をもらってもまた数日すればトイレにおもちゃをもっていって落としてしまいトイレつまりの原因となるケースもあるのです。

子供に限らず、大人の場合でも誤って物を落としてしまったり、流しすぎてつまらせてしまってつまり解消の依頼をすることになるケースも多いです。

トイレつまりにはラバーカップ?

トイレつまりの場合、まっさきに思い浮かぶのが『ラバーカップ』です。ご家庭でのトイレのつまりトラブルの大抵の原因を解決することが出来るので、一家に一個は用意しておくご家庭も多いかと思います。価格も手ごろなので、用意のない方は常備しておくと、急なトイレのつまりが発生してしまった場合でもすぐに対処できますので、この機会にご購入しておきましょう。

紙や便の流しすぎや、軽度のつまり、小さいものを流してしまったなどの場合ですと、ラバーカップを何度も試すことでつまりは解消されるはずですが、重度のつまりや異物を流してしまい、ラバーカップでは解消できないようなつまりの場合は水道業者や、プロの専門業者に依頼して至急直す必要があります。

自分で直すことが出来ないほどのつまりとなると、しばらくの間トイレが使用できなくなり、生活に支障をきたしてしまいます。近くのスーパーやコンビニなどで直るまで毎回借りる事も出るでしょうが、何日、何週間と直せないような状況の場合、自分で直そうとせず素直に専門業者に連絡した方が早いです。

[宮崎の業者にお願いする場合]

お年寄りの方だとラバーカップやお湯を流し込んでトイレつまりを解消させる、などといった事はしないかもしれませんが宮崎県内の業者にお願いすれば、自身でやるよりはるかに楽にできます。

これはお年寄りに限らず20~40代の方でも同じなのですが専門のトイレ業者に依頼せず「自身でトイレつまりを解消させよう!」そう考えると、特に夏場の暑い時期だと修理作業にかかる負担はかなり大きなものです。

依頼を受けてから短時間でご自宅まで伺い、数時間で施工完了となるケースも多いのでお困りの際はお気軽にお問い合わせください。

宮崎の業者にお願いするまでの経緯

まず、トイレつまりは何時起きるかわかりません。子供が小さいおもちゃなどを便器に落として気づかずそのまま流してしまった。

子供自身も「おもちゃがない」と気づいても探すのを諦めたり、まさかトイレにおもちゃを流してしまったとは思わないでしょう。大抵が諦めて、他のおもちゃで遊んだりします。また、注意力が散漫なのでトイレに流してしまった事に気づかずそのまま、遊んだりします。なので、トイレつまりで水が流れない、もしくは水がどんどんと溢れそうになってくる。

その時間帯も、まったくわからないのです。もし、トイレつまりに気づくのが夕方や夜で、どうしても今すぐトイレに行きたい!子供がトイレにおもちゃを流してしまったり、また、流したものがおもちゃでなくライターだったり「物を落とした」という行為自体つまりの原因になりますが家から近くにトイレがない場合は大変困った事態になってしまいます。

すぐに宮崎県内にお住まいの対応地域、もしくは他の地域での24時間対応の専門業者にお願いしないとおもちゃ、ライター、異物などのつまりを解消することができません。

宮崎県内で安全な業者にお願いしたい

さて、24時間対応という事であれば深夜にトイレのつまりを直す際には深夜料金などが発生し、料金も通常よりは高くなりますが、これはどこの地域、どこの専門業者でも同様です。

しかしながら、トイレのつまりを直してもらえるならいいのですがさらにお金を取ろうと高額な請求をしてくる場合もあります。こういった悪質業者は、トイレ つまりで困っている「今すぐに直してほしい」という方に対して通常の何倍もの金額で請求してきますが「あきらかに高いから、もっと値下げして」といっても、先に了承していれば「先程、了承いただきましたので。」そう言われ、結局は高額なお金を払い泣き寝入りしなければならないのです。

残念ながら中にはそういった悪質な業者も存在し、緊急トラブルでお困りの依頼主の足元を見るようなことをしてきます。できる事ならまともで、信頼のおける優良な水道業者を探して依頼するようにしましょう。

先に知っておきたい事

具体的にトイレのつまりに関して、どれぐらいの料金がかかるのか?相場はどの位なのかを知っておきましょう。

トイレのつまりが軽い程度なら5000円~10000円ほど、修理料金がかかったり、修理程度は重いと5万円まで出張費であったり時間帯でも金額は変わりますが便器を外す作業があったとしても、数万円はしますので。トイレは水まわりですので、案外料金が高くなってきます。

[宮崎の水のトラブルについて]

宮崎では『水の救急車』などがあります。プロにお願いするとなったらトイレつまりの程度にもよりますが、基本的に作業の際は専用器具などを使います。素人の場合、専用器具ではなくラバーカップの使用で専用器具を使うという事自体殆どありません。

トイレつまりの原因が、子供が落としたおもちゃだったり大人でもライターを落とした(子供でも遊びでトイレにライターを持ち込んだ場合)水の流れが悪かったり変な音がなる場合ラバーカップの使用を試みたけど次の日に、トイレを利用できなくなった。早くトイレは利用したいけどラバーカップで直せそうにないから、仕方なく業者を呼んで専用器具を使ってもらう場合があります。

専用器具を使って直してもらう事で、お金はかかりますが業者からの説明で、どうしても専用器具が必要となれば早急に処理するためにも了承して修理してもらうようにしましょう。

宮崎で業者を呼ぶ メリットについて

トイレ、水道業者を呼ぶ際のメリットにつきましては、生活や環境により変わります。宮崎に昔から住んでるけど、家族で、1つのトイレを利用する場合子供がトイレを利用した後にゴボゴボっと音がなる。最初は「なんで、こんな音がなるの?」そう思って、子供が2回目利用したけど、それほどの音はならなかった。
だけど、また数回の利用でゴボゴボっと音がなる。最初「トイレがつまった?」そう思い、ラバーカップなどで、子供が利用した後、もしくはそれ以外でゴボゴボっと音がなったときにラバーカップを利用していた。そしてある時、トイレをみたら、水が溢れそうだった。

こういった場合修理のプロなら何が原因かプロ二しかわからないような症状でもすぐに原因を判断でき、適切な対応がで来ますので、専門業者に任せることで迅速な対応と処置によってトラブルを時短で解決できるメリットがあります。

トイレつまりの原因は、子供がおもちゃを落としてしまったまたは自身でライターを落としてしまっり、小さいものならカードや紙くず、または大量のトイレットペーパーなど、流しても大丈夫な物でも大量に流すことは配水管の寿命を縮めてしまいます。今まで、「トイレットペーパーは普通に流せてたけど、大量に流すことは良くない」または子供がいつおもちゃをトイレに流すかわからないのと、自身でも物をいつ落としたかわからない。

例としてトイレットペーパー以外のものならつまりを起こす原因になります。ライターやキーホルダー、テニスボールぐらいの大きさの物、カード、紙くず、ノートの切れ端、小さめの鉛筆、小さいペットボトル、紙コップ、ティッシュ、メモ帳トイレに流れる大きさ、またはポケットに入れてて、立ち上がる瞬間や取り出すときふいにトイレに落としてしまいそうなものこれは多くの物がありますがさらに家族でトイレを使ってたら誰が物を落とすのかも、子供が落としたのかもわからない場合があります。

子供が落とすおもちゃでも人形、小さめのフィギュア、電池、ゲームカセット、ボール、お菓子など様々です。こういったトイレに流してはいけないものを流してしまい、トイレをつまらせてしまったが、自分ではどうしても解決できず、トイレが使用できなくなってしまったなら、

宮崎県内のプロの水道業者に依頼することで、つまりの原因の特定と解決、更にはその他の不具合や配水管が割れているなど、今後トラブルになりそうな箇所のメンテナンスも行う事が出来ます。

日々の生活で使用頻度の高い施設ですので、トイレの水漏れやつまりなどのトラブルの際は一度トイレ全体の状態のチェックもしてもらうとその後のトラブル防止にもなりますので、ぜひご依頼ください。

[もしかしたら自分で直せるかも]

トイレのつまりは、すぐに発生するワケではありません。大量にトイレットペーパーを流したり物を落とす、先程の例でいいますと子供ならおもちゃ、ボール、折り紙、DSソフト、電池、キーホルダーなど大人でもライター、カード、メモ帳や様々な物を落としてしまう可能性があります。

こういったトイレに落としてしまいそうなものは宮崎に住んで、その日に落としたという確率は低いのでまずトイレのつまりが発生したら自身で直せないか、対処法をいくつか覚えておくといいでしょう。

最初はラバーカップで試してみる

トイレのつまりが発生したら定番アイテムになりますが、まずは業者にお願いする前に「まずはラバーカップで直らないかな?」そう思い実際にラバーカップを利用する人が多いのではないでしょうか。もちろん人によっては、「ラバーカップ以外に、良い直し方を知ってるから」そういって、独自の直し方で直すかもしれません。

ただ、大抵の軽度なトイレのつまりの場合は、ラバーカップによって解決することが多いので、持っていない方は購入し常備しておきましょう。

次にバケツで試してみる

昔、トイレのつまりが発生したらバケツに水を入れて、勢い良く流してみるという事を見たり聞いたりしたことがあるかと思います。

たしかにトイレつまりは中の方で何かがつまって水が全然流れない状態ですので、中の方にトイレットペーパーがつまっていれば勢い良く流す→つまってるものも流れるこういったサイクルで直る場合があります。もちろんバケツの水を勢い良く流す前にトイレの水を、減らすなどはしておいたほうがいいかもしれません。

バケツで勢いよく流してみて「水が流れてる??」と感じたら一度レバーを引いてみて水は戻らないか?試してみるものいいでしょう。

次にお湯を流し込んでみる

このお湯は、トイレにつまった紙などを溶かすという事ですがあまりにもお湯の温度が熱いと便器が割れてしまう事もありますので、熱湯を流さないようにしましょう。
温度は40~60度位を目安にして流してみましょう。

ラバーカップや水を流し込むで、どうしても直らない場合はお湯を流し込むのもありですがもし熱いお湯を流して便器が割れるかも・・・。と不安になるのでしたら業者にお願いしたほうがいいでしょう。

[宮崎の業者にお願いしよう]

どういった物を落としたかが判明している場合はその者によって対処方法が多少変わりますが、食べ物、小さい鉛筆、紙、手帳、小さい鏡、DSなどのソフト、おもちゃ、ライター、カードさすがに落とすものによりラバーカップでは難しい場合があります。

日中であれば、いくつか対応できるかもしれませんが、万が一深夜にトイレがつまってしまい、自分での解決ができず、ラバーカップでも不可の場合、家の近くでトイレを借りることが出来ず、すぐに用を足したいのに困ってしまい、早急な解決が必要な場合は、24時間対応しているトイレの専門業者もいますのですぐに連絡を取りましょう。

しかし、24時間対応といっても深夜に業者に来てもらうにはそれなりにお金もいりますし通常の倍以上の料金を請求させられることもあります。しかし、もし大家族だった場合や介護で、トイレを多く使う場合だとどうしても、すぐに業者に対応してもらわないといけません。

宮崎県内で24時間対応の業者

ネットから調べると宮崎で24時間対応の業者は出てきます。24時間という事であれば深夜に来てもらう事を考えますが、深夜だと高くなるのでもし「トイレのつまりを夜中に直してもらいたい場合に」宮崎で深夜対応の業者にお願いします。

それ以外でも24時間対応の宮崎の業者に頼む場合、深夜よりも日中の方が料金は安くなりますのであらかじめ24時間対応の宮崎の水まわり業者の電話番号などを控えておくのがいいでしょう。

トイレに限らず水回りでのトラブルの際は、すぐに連絡が取れるようお住いの地域にすぐに駆け付けてくれる水道業者の連絡先を調べて置き、万が一の際はすぐに連絡が取れるように準備しておくと、緊急時でも慌てずに早急な対応が取れます。

自分のお住まいの地域から近いところを知っておけば、出張費は少なく済みますし、出張費は請求しない業者を知っているのもメリットになります。

余裕があればネットでいくつかの水道業者に連絡して、料金体系や出張費や深夜料金などを聞いて値段を比べたり、ネットでの評判で信頼度や評価の高い業者を選定しておくと何かあった時にすぐ連絡して駆けつけてもらう事が出来ますので備えておきましょう。